人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『チョコレート戦争』 大石真

『チョコレート戦争』 大石真_e0033570_743332.jpg子どもたちは金泉堂のケーキが大好き。でも値段が高いのでそうしょっちゅうは食べられない。
だから「テストで良い点を取ったらケーキを買ってあげますから」と言われると、目の色を変えて勉強しだすのだ。
おとなたちだって金泉堂は大好きで、「東京にも負けない」と町の自慢の一品だった。
ある日、小学生の明くんと光一くんの二人がお店の前に立っている時、鋭い音がしてショーウインドーが割れてしまった。
たまたまオモチャのピストルを持っていた二人は、割った犯人だと決め付けられてしまう。
腹を立てた光一くんは仲間を集め、ショーウインドーに飾られているケーキのお城を盗み出して困らせてやろうと考える。
一方の明くんは何とかそれを止めさせ、違う上手い方法がないものかと頭を悩ませる・・・。

頭の固いおとなたちと、イタズラ好きなこどもたちとの”戦争”を描いたお話で、これも小学生の頃大好きだった一冊。
”戦争”と言うのはかなり大げさで、ちょっとした知恵比べといったところ。
こどもがおとなをやり込めるという展開だが、悪人は一人もいないし、最後はハッピーエンド。
明くんがどんな方法をとったかはこれから読む人のお楽しみとしておくけれど、これは結局「ペンは剣よりも強し」ということになるのかな。
勿論、当時はそんな言葉、知りもしなかったのだけれども。
Commented by 久保田 at 2009-01-26 16:27 x
この本は、小5の長男が冬休みに読む本として学校の図書室から借りて来たのですが、本が壊れていて最初の何ページかがなかった為に読むのを断念した思い出のある本であります。

…というか、一緒に借りて来た本を読んでいるうちに冬休みが終わってしまってタイムアウトになったというのが実情なのですが。

夏休みに再チャレンジかな〜。
Commented by odin2099 at 2009-01-26 21:25
おー、相方さん、ありがとう♪

この本、面白いのでお勧めですが、個人的には小5ならもっと難しい本にチャレンジして欲しいと思います(笑)。
一応対象は中学年から高学年となってますけど、確か僕は1年生か2年生で読んだはず。
それでも充分楽しめましたので。
by odin2099 | 2009-01-26 07:44 | | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31