人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スター・トレック’88/新・宇宙大作戦』(1987)

我が国では『宇宙大作戦』の題名で御馴染み、『スター・トレック』の新シリーズ。
・・・と書いたものの、今じゃ『宇宙大作戦』というタイトルの方が馴染み薄かも知れませんなぁ。
その後、シリーズが続々と作られてますけど、その突破口になったのがコレ。
今では『新スター・トレック』とか『ネクスト・ジェネレーション』といった呼び方の方が一般的でしょうけれども、最初はこんな邦題で紹介されてました。
その、パイロット版がコレ。TVでは「未知への飛翔」というサブタイトルでオンエアーされたらしいです。

e0033570_617114.jpgお話は第1話ということで、新エンタープライズ号と、ピカード艦長をはじめとするクルーの紹介がメイン。
2時間枠での放送だったので正味1時間半ありますが(我が国でのTV放映の際には前後編になった模様)、その中でゆっくりとメイン・キャラを紹介し(といっても7~8人はいます)、何だかよくわからない(?)ドラマも展開されます。
ま、大体どんな人が乗り組んでいて、この人とこの人とは過去にワケありの関係があったらしいことなどはわかりますけど、結局お話そのものは良くわからないまんま。
噂に寄れば別々に用意されていたストーリーを組み合わせたものだとかいうことですが、なんか痛快なSF冒険物を期待してると、妙に理屈っぽいディスカッション劇を見せられてしまうのが意外というか何というか・・・。

そうそう、旧シリーズとの橋渡しとして、Dr.マッコイならぬマッコイ提督が登場。
このシリーズはオリジナルから80年ぐらい未来の話なんですが、マッコイさんは137歳という設定でヨボヨボのメイク姿。この時代には医学が発達していて、人間の寿命もかなり延びてるってことらしいです。
旧作ファンには嬉しいプレゼントでしょうが、メインキャラとは殆ど絡まず、そのまんま出番をカットしてもストーリー展開上全く問題なし。
どうせ出すならもうちょっと敬意を持って、というか、配慮を示しても良かったんじゃないのかねぇ。
by odin2099 | 2009-02-06 06:16 | テレビ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/9549274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よろづ屋TOM at 2009-02-06 10:13 x
懐かしー!まさにこのパッケージをレンタルしましたが、放映したとは知りませんでした。
いやしかし、実際たいへんだったとは思うのです。あの三人のキャラクターをどうやってしのぐ登場人物を創作するか、という課題は。
「結局、スポックの非人間性をデータに、超能力をディアナに分け、カークの若さをライカーに、決断力とカリスマをピカードに分けただけやん」というのが初見のだいたいの意見でしたね〜。でも個人的には「よう、ピノキオ」ってライカーが樹の上のデータに声を掛けるEPは好きなんですが。(これ、『ネメシス』で活かされてて泣けますよね)

合体分離する無駄にデカいエンタープライズDもブサイク…まあ映画版スタートレックのための没案のひとつから再生したデザインなので仕方ないっちゃ仕方ないんですが。
そういえば主題曲も主旋律を使わなかったことで不評だった、映画版第一作のが流用されててビックリしたことも思い出しましたよ。でも今や若い世代にはこれがスタンダードなんですね。面白いなあ。
Commented by odin2099 at 2009-02-06 22:17
中古でビデオを入手しました。DVD買うほど思い入れはないもので・・・(苦笑)。

放送が始まった当初はオリジナルのファンからは不評だった作品ですが、今ではシリーズ中でもっともメジャーになっているようですね。スタッフには最初から勝算があったんでしょうか。後に続く第三、第四のシリーズは、みんなこの作品をベースにしてますもんね。

アレクサンダー・クーリッジの書いたテーマ音楽は、我が国では「ウルトラクイズ」のテーマとしてしか認識されてないような気もしますが(笑)、何故か本国でもあまり大事にされてませんね。イントロ部分はよく使われてますけど、主旋律となると最初の映画版を除けば一切流れていないじゃなかったかなぁ。その映画一作目にしたところで、確かエンタープライズ号の航行シーンにサービス的に使われてるだけだし。
まぁ、J.ゴールドスミスの勇壮なテーマ音楽も好きなんですけどね。
Commented by よろづ屋TOM at 2009-02-07 01:32 x
世界には数億?のトレッキーがいますので異論はあるかも知れないんですが、『NextGeneration』『DS9』があまりにも“何でもアリ”をやりすぎたんで、原点に還るべく制約をつけまくったのが『Voyager』です。
小さな船で孤立無援、反乱分子も抱えたままで出逢うエイリアンは初物ばかり…目的が“地球帰還”てのも個人的には新シリーズの中で最も好きな作品です。やっぱ不自由さがないと物語はつまらんです。

そうですね、使われている宇宙大作戦のテーマはたしかにイントロだけですね。…主旋律は妙に明るいというか、ライトなマーチなので戦艦には向いてませんからねえ。(笑)
それでも007のテーマのように『STAR TREK2カーンの逆襲』以降作品では必ずどこかで使うようになりましたが、それすら第一作では全く使っていません。感動的なドックを出るシーンも、『Next〜』で使われるようになるゴールドスミスのアレンジ版ですしね。
Commented by odin2099 at 2009-02-07 18:40
クーリッジもゴールドスミスも鬼籍に入ってしまいましたが、次回作の音楽はどうなるんでしょう?
若き日のカークやスポックが中心となると、クーリッジのテーマ曲を外すわけにはいかないと思うのですが、製作サイドはあのメロディ、嫌いなんでしょうかね(苦笑)。

「TNG」も「DS9」も何本かのエピソードしか観ていませんし、それ以降のシリーズは皆無。
シリーズの枠を取っ払ったテーマ別のDVD-BOXは出てますが、もうちょっとメインストリームに絡むエピソードをセレクトしたDVDが欲しいです。
レンタル専用のものだとそれに近いものがありますが。

ただこのシリーズに関しては、「広く浅く」というスタンスで行きたいと思ってます。
でないと経済的に大変なことに・・・?!(爆)
ブログトップ