人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『プレイズ・バッハ』 村治佳織

「チェンバロ協奏曲第2番」、「第5番」、「パルティータ第2番」、「G線上のアリア」、「主よ、人の望みの喜びよ」、「メヌエット」・・・・・・
これらはヨハン・セバスティアン・バッハが書いた有名な曲ですが、それらをギターとオーケストラ用にアレンジ。そしてゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラを従え、村治佳織がギターで奏でたという異色のアルバムです。

e0033570_21363316.jpgバッハというとまずチェンバロ、そしてヴァイオリン、オーボエ・・・といった楽器のイメージが浮かびますが、ギターは思いつきませんでした。
バロック音楽に、ギター・・・?
個人的には、ギターはあまりクラシック音楽には馴染まないという印象が(偏見が、と言っても良いかも知れませんが)ありましたが、ところがこうやって聴いてみるとごくごく自然に受け入れられます。
ギターにはこういった魅力もあったんですね。

原曲を損ねる奇抜なアレンジには反対ですが、原曲にそれまでとは異なった彩を与えるような大胆なアレンジなら歓迎します。
またそれを村治佳織のような、世界的にも認められている若手のアーティストが、独りよがりの解釈を押し付ける訳でなく、伝統的な枠組みの中に新たなピースを持ち込み、しかもそれをピタっとはめ込んで見せてくれるのは興味深いこと。
そしてそれを可能にするクラシックの懐の深さを感じさせる出来事だと思います。
by odin2099 | 2009-03-18 21:37 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/9863868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ