人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2005年 10月 28日 ( 2 )

昨日は”「ハリポタ」人気に陰り、次は「ナルニア」!”みたいなことを書きましたが、世間一般への知名度という点ではやはり「ハリポタ」に軍配が上がりますな。

e0033570_1421836.jpgというのも、12/2のNTV系「金曜ロードショー」はシリーズ2作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を地上波で初めて放送するのですが、このニュースが結構大きな扱いで取上げられていたからです。
今どき話題作TV初登場なんて、それより前にビデオもDVDも出ちゃうし、BSやCSでもさんざん放送した後だから大したことないと思っていたんですが、まだまだインパクトある事件(?)なんでしょうかね。

ちなみに昨年6/25に放送した『ハリー・ポッターと賢者の石』は、平均視聴率30.8%。当然今回はその上を狙いたいでしょう。ただ最新のシリーズ4作目公開直後に、3作目ではなく2作目を放送するっていうのはどうなのかなぁ。
by odin2099 | 2005-10-28 22:53 | 映画雑記 | Trackback | Comments(5)
『スター・ウォーズ/クライトスの罠』<Xウィング・ノベルズ> マイケル・A・スタックポール

コラン・ホーン殺害容疑で逮捕されたタイコ・ソークー。『スター・ウォーズ』でありながら、あたかも法廷サスペンス物かのような展開を見せる<Xウィング・ノベルズ>の5~6巻。
勿論コランは死んではおらず、帝国軍に囚われた彼はイザンヌ・アイザードの手によって、ローグ中隊への刺客として洗脳されんとしていた。

後半は謎の収容所<ルサンキア>からのコランの脱出行と、仲間たちの必死の弁護にもかかわらず、徐々に有罪へと追い詰められていくタイコの窮状が交互に描かれ、緊迫感が増していく。

しかしそこは『スター・ウォーズ』、クライマックスは首都惑星コルスカントを舞台にした新共和国軍と帝国軍との派手なバトルが繰り広げられ、ローグ中隊に潜入していたスパイの正体も明らかに。ハッピー・エンドへ向けての助走が始まるのだ。

ラストにはルーク・スカイウォーカーが登場し、コラン自身も知らなかった彼の過去が明らかにされる。
e0033570_10142951.jpg

by odin2099 | 2005-10-28 20:44 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ