人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2005年 11月 09日 ( 1 )

本田美奈子は1985年のデビューです。

この年はぶっちぎりで新人賞総ナメという人はいなかったものの、彼女の他、松本典子、芳本美代子、井森美幸らが賞レースを争いました。
レースには参戦していませんでしたが、斉藤由貴、中山美穂、おにゃん子クラブがデビューしていますし、後にブレイクする南野陽子、浅香唯、大西結花らも”85年組”の一人です。
自分が一番バラエティー番組や歌番組を見ていた時期だったこともあって、この頃デビューしたアイドルたちには今でも強い思い入れがあります。

そんな中での訃報だったので、とっさに「歌姫、還らず」というタイトルを思いついたのですが、幸いSHIN様を始めとして、何人かの方に気に入って頂けたようです。ただ少々このタイトルだけが一人歩きをしている感もあって、気恥ずかしいというか、戸惑い気味ではありますが。

昨日はお通夜、今日は告別式が行われていました。
「行く?どうする?」などと声を掛けてくる人も周囲にいましたし、
斎場が自宅からそう遠くはない場所ということもあって、参列しようかどうか悩みました。
でもそこまで自分はミーハーに徹し切れないと判断し、結果として参列は見送ったのですが、今になって若干の後悔があります。
自分の中である程度踏ん切りをつける必要もあったのかなぁ、という思いがむくむくとわきあがってきています。
ただその一方で、やっぱり行かなくて正解だったのだ、という気持ちも強く、おそらくしばらくはこの相反する思いに振り回されることでしょう。

お通夜といえば
私のコメントなんかより、彼女の歌を流してください
そんな南野陽子の言葉に、改めて彼女に惚れ直した次第です。
同期デビュー、クラスメイトというだけでなく、CMで共演したり、プライベートでも仲が良かったと伝えられる彼女の発言は、やはり重いものがありますね。
by odin2099 | 2005-11-09 23:23 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(9)
ブログトップ