人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2005年 11月 25日 ( 2 )

今年の個人目標「100冊100本」
――本を100冊読んで、映画を100本見る――が、とうとう達成出来ました!
今日現在で読み終わった本は100冊丁度、そして見た映画は109本。

正直言えば、夏頃にはクリアは無理だろうなぁと思っていたんですが、思いのほか早期に達成出来たのは嬉しい驚き。
ここの所ちょいと忙しく、またこのまま年内はドタバタしそうなので、もうあまり数字が伸びそうにないのはちと残念なんですけれど。

究極は「1年間で映画を365本見る!」なんですけれど、流石にそれは無理(苦笑)。
映画100本も、本当は「全て映画館で」達成したいけれど、そんなお金もないしねぇ。
来年は少し変化をつけて、新たな目標を決めたいと思います。

記念すべき100冊目は
 ヴァレンタイン・デイヴィス著 『34丁目の奇跡』

e0033570_0115846.jpgそういやそんな題名の映画があったっけ、と思う人もいるでしょうが、これは映画を作るための基になった「原作小説」でもなく、また映画を基に小説化した所謂「ノベライズ」でもなく、映画用に作者が思いついたアイディアを基に、映画製作と同時進行で書かれた小説ヴァージョン、つまり映画ヴァージョンとは、同じ親から生まれた兄弟みたいな関係だと言えば良いでしょうか。

映画は1947年に公開され、1994年にはリメイク版も作られています。
僕はリメイク版を先に見て、確か同じ日にオリジナル版をビデオで見ています。
そして昨年、ようやっと舞台でのミュージカル版を見て、今回小説版を読み終わったんですが、やっぱりどのヴァージョンも楽しめます。
個人的にはクリスマスにさほど思い出はないんですが、なんとなく”クリスマスの奇跡”というものを信じたくなる、そんな素敵なお話です。

ちなみに、オリジナル版映画の邦題は『三十四丁目の奇蹟』となっていますが、今見られるビデオでは『34丁目の奇蹟』となっています(更にDVDは『三十四丁目の奇跡』となっていてややこしい・・・)。

リメイク版映画の邦題は『34丁目の奇跡』ですので、お間違えなきよう。


映画の100本目は、DVDで見直した『仮面ライダー対じごく大使』!でした(笑)。
一ヶ月くらい前にこちらは達成しています。
by odin2099 | 2005-11-25 23:14 | 雑感 | Trackback | Comments(7)
TSUTAYAへ行ったら、『ハリー・ポッターと混血のプリンス』の予約票がおいてありました。

しかし!

2006年夏頃発売予定!」・・・って。

<追記>
タイトルは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』に決定。
by odin2099 | 2005-11-25 06:38 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ