【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2005年 12月 07日 ( 1 )

邪悪な王の支配する世界。平凡な少年エラゴンは、ある日ドラゴンの卵を拾ったことから大いなる争いに巻き込まれることになってゆく・・・。

<ドラゴンライダー>と題された三部作の第1作で、著者のクリストファー・パオリーニはこれを書いたときは17歳だったとのこと。
最初は自費出版という形で世に出たが、大手出版社の目に留まって刊行されてからは、たちまちベストセラーになったそうな。

翻訳が出たのは去年の春。
既に映画化が決まっているのは知っていたので、「じゃあ映画が公開される前までに読めばいいや」と放っておいたら、思いのほか映画化が早くに進行。
もしかしたらボツになるんじゃなかろうか、なんて安易な気持ちでいたのに、いきなり来年夏公開になってしまいちょっと焦り気味。
そうこうしているうちに、とうとう第2巻まで出てしまったので慌てて読み始めた次第である。

エラゴンは両親を知らず、叔父に育てられた農夫の子で、風変わりな老人に連れられて旅立つことになるが、実はこの老人が偉大な戦士の末裔であって、その教えを受けることになる。さらに途中で囚われの美女の救出に赴き・・・という展開には、あれ?と思われる人もいるだろう。『ロード・オブ・ザ・リング』と『スター・ウォーズ』が好きな人にはお勧めだ
なおかつ、物には全て”まことの名前”があって、それを知ることによって相手を支配することが出来る、という設定があったりと、『ゲド戦記』風の味付けも施されている。

エルフやドワーフ、闇の魔物も登場するなど、奇をてらうことない、正にファンタジー物の王道を行く作品だが、しかし著名な作品群の単なる拡大再生産になっていないのは、エラゴンとそのパートナーとなるサフィラと名付けられたドラゴンとの関係のユニークさにある。親友で親子で師弟で一心同体、なおかつサフィラが女性であるというのが重要なポイントなのだ。
e0033570_16462532.jpg
なお、現在製作中の映画版は、これがデビュー作となるステファン・ファングマイアー監督の下、新人のエドワード・スペラーズに、ジョン・マルコビッチ、ロバート・カーライル、ジャイモン・フンスー、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ギャレット・ヘドランド等々なかなか面白い顔ぶれがキャストに名を連ねている。
結局公開は来年暮へと延期になったようだが、日本でも同時期か再来年春くらいには見られるだろう。ちょっと期待したい。
ただ同時期に、フィリップ・プルマンの<ライラの冒険>シリーズ三部作の映画化第1弾も公開される予定なので、どうなるだろう?
[PR]
by odin2099 | 2005-12-07 06:28 | | Trackback(4) | Comments(23)

by Excalibur
ブログトップ