人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 01月 10日 ( 1 )

今朝は東京地方もうっすらと雪化粧しておりました。
もっとも朝には既に止んでいたので、これといって交通機関に影響もなく、またそれほど寒さ厳しい朝とはならずに済みましたが。

で、今日はちょっとCDのご紹介なんぞを。
『ネバーエンディング・ストーリー』、この時期になるとついつい聴きたくなってしまうサントラです。
というのも、主人公の少年バスチアンが白い竜ファルコンに乗って飛び回るシーンなどに流れるメロディーが、正月の日本テレビの「箱根駅伝」中継のテーマ曲として使われているからで、今ではこのメロディーを聴くと、映画の中のシーンよりも箱根を走るランナーたちの映像が思い浮かぶくらいです。
おそらく中継を見ている人の殆どは、この曲が『ネバーエンディング・ストーリー』のサントラだということを知らないのではないでしょうか?
(もっとも何年か前に、番組中で視聴者からの問い合わせに答える形で紹介したことはありましたが)

e0033570_12411612.jpgさて、この『ネバーエンディング・ストーリー』の音楽なんですが、この当時『フラッシュ・ダンス』や『メトロポリス』、『ミッドナイト・エクスプレス』らの音楽を担当して飛ぶ鳥を落とす勢いだったジョルジオ・モロダーと、クラウス・ドルディンガーの合作となっています。
リマールが歌ってヒットした主題歌もモロダーの作で、こちらが完全にメイン扱いになっているのですが、作品中で強く印象に残っているメロディーはドルディンガーの方に多いように思えます(「箱根駅伝』のテーマとして使われている曲も、ドルディンガー作のものです)。
というのも、元々本国ドイツで公開されたヴァージョンはドルディンガーの音楽のみだったそうですが、これをアメリカで公開する際にドルディンガーの音楽を一部削除し、モロダーの音楽に差し替えたんだそうで(日本でもこちらのヴァージョンで公開されています)、何となくモロダーの作った曲が浮いた感じになっているのは致し方ないのでしょう。
ちなみにドルディンガー、知名度は今ひとつですが、担当した『Uボート』の音楽は根強い人気があるようです。

ところで映画の音楽を流用して、TV番組独自のテーマ曲として印象付けた例としては、「料理の鉄人」で使われた『バック・ドラフト』の曲など幾つかありますが、日本テレビの番組で最も有名なのはあの「ウルトラクイズ」のテーマ曲でしょう。
未だに原曲を知らない人もいるようですが、あれは『宇宙大作戦』、つまりオリジナルの『スター・トレック』(TVシリーズ版ですが)のテーマ曲なのです。
by odin2099 | 2006-01-10 22:48 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
ブログトップ