【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 06月 06日 ( 1 )

私と同年代の人ならば「映画館へ見に行ったよ」という人もいるであろう、ホラー映画の大ヒット作。でも人一倍怖がりの私にはとてもそんな勇気はなく、公開から10年くらい経ってようやっとTVで見たのが最初。更にまた10年くらい時間をおいて、ビデオでノーカット版を見直すのが精一杯だった。
映画館の暗がりの中、大スクリーンで見るのとは違って当然迫力は半減するし、またその間の技術的進歩の前には、当時の観客を多いに怖がらせた特殊技術もチャチに見えてくる。けれども、それが自分にとっては丁度良いホラー度に薄められ、また怖がる度合いが減った分だけストーリーに集中できたのは好結果だった。ホラー・ファンには「邪道だ!」と一喝されてしまうだろう感覚だけど。

さてこの作品、『ローズマリーの赤ちゃん』や『エクソシスト』のあやかり企画であることは明白なのだが、単なる二番煎じに終わらなかったのは、リチャード・ドナーのエンタテインメントに徹した演出ぶりと、それを盛り上げたジェリー・ゴールドスミスの音楽、更にグレゴリー・ペックというスターが主演したことによる大作感というか風格によるもの。
「ヨハネの黙示録」に語られる<反キリスト>を主人公とした一種の宗教映画の側面を持っていることも、キリスト教圏に住まう人には身近な恐怖なのだろう。

好評を受けてシリーズ化されるが、2作目は残念ながら1作目の焼き直しの感が強く、完結編を謳った3作目ではやや持ちなおしたかなと思う場面はあるものの、結局は著しくスケールダウンしてしまってファンを失望させた。更にTVMとして4作目が作られた(日本では劇場公開された)が、これは殆どリメイクに近い内容で新展開を見せるには至らなかった。世紀末には是非とも壮大なスケールを持って<ハルマゲドン>映画として復活して欲しかったものだが・・・。
e0033570_046672.jpg・・・と「しねま宝島」に書きましたが、いよいよこの新世紀にリメイク版が公開されます。劇場に足を運ぶかどうかはわかりませんが、いずれビデオなり何なりで観るでしょう。
その前に、ということでオリジナル版を観直しましてみましたが、やっぱり面白いですね、これ。
今回は数年前にTV放映された時にエアチェックしたビデオで観ましたが、やはり薄味の方が自分にあっているみたいです(苦笑)。
[PR]
by odin2099 | 2006-06-06 06:06 |  映画感想<ア行> | Trackback(5) | Comments(10)

by Excalibur
ブログトップ