人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 07月 10日 ( 2 )

サッカーのワールドカップも遂に閉幕しました。
一次リーグで惨敗し、色々と批判の目にさらされたジーコ監督と日本代表メンバーでしたが、川淵キャプテンの失言(?)によるオシム新代表監督の誕生と、それになんといっても中田英選手の現役引退発表のおかげで、かなり中和された感じです。
それにしても中田英は29歳。まだ次のW杯も狙えるポジションですし、勿体無いと同時に、随分思い切った決断だなぁとも思いました。カズやゴンが現役に固執しているのとは対照的です。
そういえば丁度一年位前には、あの前園選手も現役を引退しています。

Jリーグが開幕して以降の俄かサッカー・ファンの自分にとって日本代表というと、後一歩で1994年W杯への出場を逃した”ドーハの悲劇”のメンバーでも、1998年W杯に初出場を決めた”ジョホールバルの歓喜”のメンバーでもなく、実は1996年のアトランタ五輪のメンバーが一番印象的なんですよね。

その時のチームの中心はゾノで、ヒデはその陰に隠れた存在でした。ゾノのおまけのような扱いで、一緒にCMに出ていたこともありましたし。
でもその後は立場が逆転。ヒデが世界に注目されるプレイヤーになっていくのと反比例して、ゾノは居場所を失っていきます。ファンではないんですが、そんなゾノの姿は寂しかったですね。結局その後も輝きを取り戻すことが出来ずに引退。といっても不完全燃焼だったことと思います。
一方のヒデも決して完全燃焼ではなかったはずですが、ボロボロになるまでプレーするのは彼の美学に反するのでしょうね。

そういえばこの世代、川口はまだ健在ですが、小倉や城など一度は燦然と輝きながらも、すぐにその光を失い、二度と輝きを取り戻せない選手が多かった気がします。一体何が原因だったのでしょうか?
by odin2099 | 2006-07-10 23:11 | スポーツ | Trackback | Comments(4)
「誕生」の次は「沈没」です(笑)。これで日本の最初から最後までを網羅・・・している訳はありません。以前この2本立てを企画した名画座がありましたが、内容には何の関連もない、題名の組み合わせの妙ですな。

こちらは小松左京のベストセラー小説の映画化で、TVシリーズにもなっていまして、当時自分が観ていたのはTV版の方です(但し序盤だけ。確か大河ドラマの裏番組だったので、途中で父親にチャンネル権を奪われました・・・)。映画版の方は、かなり後になって観ました。
今回はリメイク版がいよいよ公開されるので、そのお浚いという訳です。今年はなんだかこのパターン、多いなぁ・・・。
リメイク版といえば、数年前に松竹が大森一樹監督で『日本沈没1999』という企画を立てたことがありましたが、あちらは残念ながらボツになってしまいましたね。

e0033570_1415437.jpgさてこの作品、原作小説を読んでないので細かいところはわからないのですが、おそらく相当な省略が施されているのだろうと思います。
それでも森谷司郎監督の手腕に、小林桂樹、丹波哲郎、藤岡弘らの――些か暴走気味の――熱演もあってかなり見応えのあるドラマとなり得て、今日でも決して色褪せてはいないのですが、ただ一つ欠点があるとすれば、それは特撮シーンです

確かに良いカットも多く、見るべき点も多々あるのですが、演出に難があるのです。
映画は凄いカットを羅列して作るものではなく、単に特殊技術の優劣を競うものでもありません。要は「どう繋ぐか」ということに尽きるのだと思います。どんなに優れた特撮のショットでも、それが作品から浮き上がっていては失格です。
そのあたり、技術的云々ではなく、根本的な演出に対するセンスの無さが感じられて非常に残念です。
by odin2099 | 2006-07-10 06:00 |  映画感想<ナ行> | Trackback(16) | Comments(6)
ブログトップ