人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 07月 12日 ( 2 )

『嵐がやってくる!』<パイレーツ・オブ・カリビアン/ジャック・スパロウの冒険>1 ロブ・キット

人気映画となると続編が作られ、小説やゲームなどスピンオフ作品が増えていくのが常だが、これは『パイレーツ・オブ・カリビアン』を題材にした子ども向けのスピンオフ小説。
ブラックパール号の船長になる前、少年時代のジャック・スパロウにスポットを当て、初めて自分の船と乗組員を手に入れたジャックの冒険を描いている。
e0033570_1057977.jpg
デイヴィー・ジョーンズの名前を出してパート2への目配せも忘れていないが、子ども向けだからか分量も少なく、発端篇ということで大きな展開も無く、何といっても少年ジャックが魅力薄。読んでいても「ああ、やっぱりジャック・スパロウだ」と思わせる部分がないので、非常に安っぽく感じてしまう。
ジャック・スパロウ人気に、安易に寄りかかっているだけの企画
としか思えず、今後何冊シリーズが続くのか知らないが、今のまま続くなら余程のフリーク以外はお呼びじゃないだろう。
by odin2099 | 2006-07-12 22:07 | | Trackback | Comments(0)
フェラスと無事に再会したオビ=ワンだったが、帝国に雇われた凄腕のハンターに付け狙われる。それは誰あろう、ボバ・フェット! 辛うじてその魔手を逃れたオビ=ワンは、帝国の審問官マローラムが、パドメがルークとレイアを出産した場所であるポリス・マサについて調べていることを知った。はたしてダース・ヴェイダーは、何かに気付いたのだろうか?

e0033570_10575537.jpg<ラスト・オブ・ジェダイ>の完結編。ジェダイになれなかった青年だけでなく、今度は正真正銘のジェダイ・ナイトであるガレン・マルン(オビ=ワンの親友という設定)まで「オーダー66」の虐殺を逃れていたことが判明。作劇上当然だなとも思うし、あれでジェダイが全滅するはずがないとの思いにも応えた形だ。何より『シスの復讐』の悲劇性が薄れたのは個人的には歓迎だ。御都合主義だとの批判もあるだろうが。
後の反乱軍誕生への伏線も若干張られていくが、ただ、早くも凄腕ぶりを発揮するボバは、ちょっとやり過ぎの感も?
by odin2099 | 2006-07-12 06:43 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ