人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 07月 22日 ( 2 )

クリスマスの4週間前、3週間前・・・そしてクリスマス・イヴ、当日、その一ヵ月後と時間経過をおいて描かれるアンサンブル形式のラブ・ストーリー。

就任早々女性スタッフに一目惚れをしてしまった若く独身の英国首相、亡くなった妻の連れ子との関係に悩む父親、秘書からモーションをかけられて、家庭崩壊の危機に直面している会社社長、言葉の通じない女性と恋に落ちてしまった作家、親友の新妻に恋をしてしまうアーティスト、会社の同僚に長い間密かな恋心を抱いている女性社員etcetc・・・。

e0033570_10461337.jpgコピーには「19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ―それはあなたの物語。」とあるが、アラン・リックマン始め、ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、コリン・ファース、ローラ・リニー、キーラ・ナイトレイ、ローワン・アトキンソン、ビル・ナイ、トーマス・サングスター、ロゴリゴ・サントロ、アンドリュー・リンカーン、マルティン・マカッチョン、ジョアンナ・ペイジ、クリス・マーシャル、ルシア・モニス、マーティン・フリーマン、ハイケ・マカッシュ、グレゴール・フィッシャー、ビリー・ボブ・ソーントン、オリビア・オルソン、キウェテル・イジョフォー、シエンナ・ギロリーら多彩な顔触れが、時には可笑しな、時には切ない、それぞれの愛を演じている。

流石に色々なエピソードが入り乱れているためにややまとまりを欠く点や、各エピソードの登場人物たちはそれぞれ他のエピソードの登場人物たちと密接な、あるいは微妙な接点を持っているが、それが有機的に結びついているとまで言いかねる点が残念だが、130分という長さを感じさせない快作。
今ひとつキャラクター同士のリンクを掴みかねた部分があるので、もう一度観てみるかな。
by odin2099 | 2006-07-22 20:48 |  映画感想<ラ行> | Trackback(23) | Comments(18)
『仮面ライダーZO』に続いて<東映スーパーヒーローフェア>で上映された14人目の仮面ライダー。同時上映は『忍者戦隊カクレンジャー』と『ブルースワット』の劇場版。そのデザインはZOを踏襲したもので、新鮮味はない。キャラクター紹介の手間も省けるし、これならば当初の予定通り『ZO』の続編で良かったのではないかと思うが、営業上必要な戦略だったのだろう。e0033570_1047692.jpg
物語は『ZO』と違って一直線で、宇宙からの侵略者フォッグマザーに生贄として浚われてしまった少女を救い出すためだけに、仮面ライダーがひたすら突っ走るというもの(物語内時間は凡そ一日)。おそらく主人公には「地球の平和を守る」などという意識はないだろう。自分の周囲の秩序破壊者に対する怒りのみだ。このストレートさは、ある意味で上原正三脚本の真骨頂か。

その浚われた少女を演じているのは野村佑香。チャイドルとして人気が高まっていた頃で、やはり可愛い。監督の雨宮慶太はこの作品以降、『人造人間ハカイダー』で宝生舞を、『タオの月』で吉野紗香をそれぞれヒロインに起用していくが、何となく趣味がうかがえる。
肝心の主人公・瀬川耕司を演じているのはJAC所属だった望月祐多で、戦隊モノなどでは珍しくないが変身前のライダーをJAC出身者が演じるのは初めてのこと。ただ既に『恐竜戦隊ジュウレンジャー』での主演経験(ティラノレンジャーことゲキの役)があるので、劇場では子供たちから「あ、ゲキだ!」の声が挙がってしまっていたが・・・。

e0033570_014643.jpgこの作品の最大の特徴は、等身大ヒーローの雄・仮面ライダーが初めて巨大化することだろう。仮面ライダーJの「J」はジャンボの「J」なのだ。
これは前年に発売された『ウルトラマンVS仮面ライダー』というビデオ作品内で、両雄が共闘するというミニドラマが作られたのだが、その劇中で1号ライダーが巨大化して初代ウルトラマンとのコンビネーション・プレイを見せるというシチュエーションが大きな反響を呼んだためだ。結局ファンには受け容れられなかったのか、以後のライダーが巨大化するシチュエーションは(今のところ)継続しなかったが、「ウルトラマン」とは違った巨大感の表現にスタッフの腐心の後がうかがえて見応えのある場面にはなっている。ただ巨大化そのものには説得力がなく、全体的にもアクション面は充実しながらドラマ面では一歩後退の印象だ。翌年も<スーパーヒーローフェア>は実施されたが、そこに新作ライダー映画の姿はなかった。『仮面ライダークウガ』でシリーズが復活するのは6年もの後のことである。
by odin2099 | 2006-07-22 14:20 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(2)
ブログトップ