人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 07月 28日 ( 1 )

先日ご紹介した『赤んぼ大将』の3作目にして完結編です。
初版は1997年3月で、2作目の「赤んぼ大将山へいく」が出たのが1970年。現実と同様に物語内時間も25年後となっています。

となると、主人公のタッチュンこと加藤達夫(というのが正式な名前だそうです)も、当然ながら「赤んぼ」ではありません。では「題名に偽りあり」なのかというと・・・? それは読んでのお楽しみというところでしょうか。

e0033570_2323271.jpgタッチュンのパートナーのめざまし時計も、モモンガのモンザエモンも出てきますが、ただ残念ながら前の2作のように純粋には楽しめませんでしたね。
というのは、正直言って肝心のお話がピンとこないのです。

また、どうして物語内時間をリアルタイム(に近く)設定したのでしょうか。
大人になったタッチュンを描きたいというのが執筆動機にあったようですが、それにしても無理矢理タッチュンをお話に絡めているような気がしてなりません。これならば素直に「赤んぼ大将」としての3番目の冒険物語として語って欲しかったですね。
期待していただけに、かなり失望してしまいました。
by odin2099 | 2006-07-28 06:03 | | Trackback | Comments(2)
ブログトップ