人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 07月 31日 ( 1 )

アメリカで実際に起されたバカバカしい民事訴訟を取り上げたウェブサイト「本当のステラ賞」。その人気サイトの内容を一冊にまとめたのがこの本である。
ちなみにステラというのは、買ったコーヒーを膝にこぼして火傷を負い、売ったマクドナルドを訴えて見事に大金を手にしたステラ・リーベックというお婆さんの名前から採ったもの。確かこの事件、日本でも大きく報道されていたはず。

e0033570_23213471.jpg
で、本書で紹介されているのは

「パーティー会場の帰途、ガールフレンドの車を借り、酔っ払い運転の挙句に事故を起し死亡した少年。彼は未成年で無免許だったが、そんなことにおかまいなく彼の母親はビール会社と販売店、車を貸したガールフレンド、車を与えたその母親、更にパーティー会場の持ち主や、その家を借りていた少女までをも訴えた。」

「太りすぎで喫煙者の女性は、医者に行くたびに、食事を減らすように、運動をするように、タバコをやめるように言われていたにもかかわらず、心臓発作を起し心臓病患者となってしまった。ところが彼女は、健康増進に励むように彼女を説得するために充分なことをしなかったとして、医者や政府に対して訴訟を起した。」

「友人の運転する車に同乗していて事故にあい、車外に投げ出されて重傷を負った女性は、シートベルトの安全で正しい使い方を説明しなかったとして自動車メーカーを訴えた。」

「酔っ払ってピザレストランの前に止めてあったトラックの下にもぐりこんだために轢き殺された青年。母親は、息子の行く手をふさぐようにトラックを止めさせたとしてレストランを、走り出す前にトラックの下を確認しなかったとして運転手を、酔っ払った息子に飲ませるのを止めなかったとしてバーとその所有者を、それぞれ訴えた。」等々。

本当にバカバカしく思わず笑ってしまうような事例が多いのだが、次の瞬間、これが全て実際に起された訴訟の一部であることに、言いようのない戦慄を覚えてしまう。
アメリカは訴訟大国だと聞くが、その実態がこんなもんだとは哀しいものだ。
by odin2099 | 2006-07-31 05:45 | | Trackback | Comments(3)
ブログトップ