人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 09月 24日 ( 1 )

異次元人ヤプールの怨念が生み出した究極超獣Uキラーザウルスを迎え撃つウルトラマン、セブン、ジャック、エースのウルトラ兄弟たちは、辛うじて神戸沖に封印することに成功するが、夥しい量のエネルギーを消耗した彼らはそれと引き換えに変身能力を失ってしまう。
それから20年、地球は今、宇宙警備隊のルーキー、ウルトラマンメビウスが守っていたが、ある日テンペラー星人、ザラブ星人、ガッツ星人、ナックル星人ら宇宙人連合が出現、Uキラーザウルスの封印を解こうとする。星人たちの卑劣な罠に落ちてしまうメビウス。そこへハヤタ、モロボシ・ダン、郷秀樹、そして北斗星司の4人が駆けつけた。今や地球人として暮らしていた4人だったが、このメビウス最大のピンチに最後のエネルギーを使って変身しようとしていたのだ。果たして彼らはメビウスを助け出し、宇宙人連合の野望を打ち砕くことが出来るのか?!
だが宇宙人連合の真の狙いはメビウスではなく、ウルトラ兄弟にあったのだ・・・。

e0033570_23555690.jpg各方面で絶賛の嵐らしい<ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品>。メビウスファンである現役視聴者の子供たちも、ウルトラエイジであるオールドファンをもターゲットに据えており、なんといっても黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二らオリジナル・キャストが再結集して再び変身シーンを見せてくれるのが嬉しい
見る前は失礼ながら年齢を重ねた彼らが、今更ウルトラマンを演じることでかえってマイナス・イメージに繋がるんじゃないかと心配していたものだが、実際に映画で見ていると不思議と違和感はなくすんなりと受け容れることが出来た。それにTVシリーズの『ウルトラマンメビウス』は殆ど見ていないのだが、新ヒーローであるメビウスと歴代ウルトラ兄弟たちもごく自然に馴染んでいるようにも感じられた。

ただ、ウルトラ戦士の戦いの場面ではCGIが大幅に導入されているのだが、これが動きが早すぎて非常に見づらい。それにカクカクした動きなど、あたかもゲーム画面を見せられているようで興醒めである。全てをアナログで、とは言わないが、最新技術はポイントを絞って効果的に使うべき。何が何でもとなると、実写映画ではなくアニメーション映画を見せられているような気分になってしまうので、そのあたりはスタッフに再考を願いたい。これは『ウルトラマンゼアス』以降の全ての劇場作品に言えることなのだが。

今回は40周年ということでメビウスとウルトラ6兄弟の共演ということになったが、本来の記念作品であればやはりオール・ウルトラマン物を実現させて欲しかったものだ。『メビウス』が昭和シリーズと地続きという設定ならばせめてレオや80は出して欲しかったし、M78星雲という括りならネオスやセブン21、それにマックスとの共演もありだろう。次回作があるならば今度こそ、と願っているがやはり難しいのだろうか。
また今回は歴代戦士を演じた役者が4人顔を揃え、変身後のみ登場のゾフィーは田中秀幸、タロウには『ウルトラマン物語』でもタロウを演じた石丸博也を起用、これは『メビウス』TV版と共通のキャスティングのようだが、出演が叶わなかったのならばせめて篠田三郎にはタロウの声を当てて欲しかったし、健在ならばゾフィーの声にはオリジナルの浦野光を持ってきて欲しかったものである。ない物ねだりに終始してしまったが、そう思わせるだけの歴史と重みを持つ伝統あるシリーズなのだから。
by odin2099 | 2006-09-24 10:24 |  映画感想<ア行> | Trackback(23) | Comments(16)
ブログトップ