人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2006年 10月 31日 ( 2 )

初めはとある高校だけの話のはずだった、必修科目の未履修問題。
あれよあれよという間に、なんと10万人もの生徒に影響が?!とかいうどでかい話になってしまった。
対応に苦慮した校長が自殺するという痛ましい事件もおきるし、大学受験を間近に控えた3年生は気が気じゃないだろう。
また今春までの卒業生だってヒヤヒヤものだろう。
高校側としては、大学受験を鑑みて「良かれ」と思っての、いわば善意の暴走だけれども、結果的には最悪の結果になってしまった。これは全面的に学校側が悪い。レースに勝とうとズルしたわけだから。
またそれを監督する立場の教育委員会だって悪い。
全く知らなかった、チェックを怠っていたというのは監督者失格だし、見て見ぬフリをしていたなんて持っての外である。直ちに全員辞任するぐらいの覚悟を見せて欲しいものだ。
しかしその両者に責任転嫁して、のうのうとしている輩がいはしないか。
そう、「ゆとり教育」などという訳のわからんものを中途半端に推し進めた、政治家だの識者だのと呼ばれている連中である。
他人を批難する前に、まず自らが反省してはどうか。
兎に角、生徒たちに罪はない。
在校生・卒業生含めて、生徒たちに不利益にならない配慮を願うものである。
by odin2099 | 2006-10-31 22:18 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(6)
e0033570_6182229.jpgお茶の水女子大学の教授で、学部長まで務めた哲学者・土屋賢二のエッセイ集です。
著書も多く、講演もしばしば行われ、TVにも出たりと多忙な日々を送る有名人なわけですが、実は最近まで存じ上げませんでした(汗)。

哲学者の書いた文章というと、どうしても堅苦しい、或いは小難しいものだという先入観がありますが、どうしてどうして自虐的かつ自己陶酔的(?)文章のオンパレードで大変読みやすい。ユーモアがあり、風刺の精神も忘れず、一方で屁理屈をこねるなど、読み易すぎて、かえってポイントを見失ってしまうくらいです(苦笑)。

いしいひさいちのまんが付ですが、『ののちゃん』に出てくる学校の教頭先生は、実は土屋教授がモデルだったんだとか?! へぇ~、知りませんでした・・・。
by odin2099 | 2006-10-31 06:18 | | Trackback(1) | Comments(5)
ブログトップ