人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2007年 07月 22日 ( 1 )

e0033570_1114485.jpg昨夜は原宿クエストホールで行われる”SEASON CONCERT”へ。
夏に登場するのは3年連続でアルパ奏者の上松美香。ということで(?)僕も3年連続で足を運んでます。

何度来ても馴染めないトコだなぁ、原宿は。人がゴチャゴチャいるし、店もゴチャゴチャあるし、毎度毎度場違いなトコに来ちゃったなぁという思いに囚われております。
他の会場でやってくれればいいんだけれど、あんまり都内でコンサートやってくれないし、やっても平日だったりして都合がつかなかったりなので、結局いつもこの会場になってしまいます。来年もやってくれれば、きっと行くと思うけど。

e0033570_1122255.jpg外には「当日券あります」という紙が貼ってありましたが、そこでちょっとしたトラブルが。
僕の後ろの方の席の方だったんですけど、どうやら誤ってチケットを二重売りしてしまった模様。コンピューターによる自動発券が主流になってきた今では、根本的な操作ミスだとかコンピューター自体のトラブルでもなければなかなか考えられないことですが、当日券を手捌きする際に残席の確認を怠った人為的なミスなんでしょうね。

過去2回のコンサートでは、いずれも第一部がアルパのソロ、二部に入ってギターをパーカッションを交えての演奏という構成だったのですが、今回は一曲目からギターの藤間仁(美香ちゃんのダンナ様)、パーカッションの山下由紀子両名を従えての登場で「ラ・ビキーナ」。これはちょっと意外でした。
二曲目からはソロに戻って「生まれゆく時の中で」と『魔女の宅急便』から「海の見える街」、なかなかCD化されない「みかの夏休み」に「LA BALADA DEL INDIO~インディオのバラード」、「白い鳥」、それに東レとのコラボレーション曲「空想散歩道」の計7曲の演奏。
客席のトークに対する反応が薄かったから(?)でしょうかねぇ、40分ちょっとのあっという間の一部終了でした。
でも「こんばんはー?!」という呼びかけに、「こんばんはー!!」と元気に返すような観客層じゃないんだけど・・・。

e0033570_1125127.jpg第二部は再び3人揃っての、来月発売されるニュー・アルバム『Cruz del Sur(クルス・デル・スル)/南十字星』からの先行お披露目曲が続きます。3人でのトークだからなのか、二部は1時間近くありました。
ちなみに今回は新ユニット”Cruz”だそうで、前回の”ANIPAバンド”は早解散? そう言わずに、もう1枚くらいは作って欲しいもんですけどね、『ANIPA』も。
「馬追いの少年-EL ARRIERITO-」に始まり、「EL DIABLO SUELTO~小粋な悪魔」、「FEITICO DA VILA~ヴィラの魔法」、「想いの届く日-EL DIA QUE ME QUIERAS-」、「コーヒールンバ-MORIEND CAF-」と5曲が新アルバムの収録曲です。
「コーヒールンバ」は一度レコーディングされていますけれど、今回はリアレンジということになるんでしょうか。どれもラテンのリズムで楽しいのですが、馴染みの薄い曲ばかりなのがちょっと残念。
次に演奏された「風」は、アルバム『mika AGEMATSU』の1曲目に収録されているお気に入り曲なので、ちょっと一安心?
最後はやはり新曲で、アルバム・タイトルにもなっている「CRUZ DEL SUR~南十字星」。作曲が上松美香/藤間仁となってますので、これはご夫婦の共作ということになるのでしょう。

アンコール曲はてっきり「テソリート」かと思いきや、「オーバー・ザ・レインボウ(虹の彼方に)」をソロで披露。
そしてオーラスは3人揃っての「鐘つき鳥」。ノリノリで楽しそうな表情の美香ちゃんが印象的でした。
さて、次回はいつコンサートに行けるものやら。たまには違う季節のコンサートにも行きたいのだけれども・・・。
by odin2099 | 2007-07-22 11:05 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
ブログトップ