人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2008年 10月 14日 ( 2 )

癌で余命半年と宣告されたソル電機社長の日向は、残された命を使って社員である梶間に自分を殺させることを決意した。かつて日向は自分と共に会社を設立した友人の境を殺してしまった過去があり、梶間はその境の遺児なのである。
幹部候補を対象にした保養所での研修メンバーに梶間を選び、数々の凶器を準備し、事が行われた後で梶間を殺人犯にしない為の仕掛けも用意し、後は梶間が思惑通りに動いてくれることのみを期待していたのだが、研修にゲストとして招いた一人の女性の存在が、その計画を狂わせていくのだった・・・。

e0033570_22454485.jpg『扉は閉ざされたまま』のヒロイン、碓氷優佳が再登場するミステリー物で、彼女はただの探偵役となるシリーズ・キャラクターになっているのかと思いきや、しっかりと前作からの二年後を描いた続編にもなっていた。
他にも前作からスライドしているキャラクターがいるが、前作ではまだ可愛げがあった優佳が、本作ではかなり怖い女になっているのが意外でもあり、むしろ当然のようでもあり・・・。
どうやら三部作構想という声も伝わってきているが、これから彼女はどんな女性になっていくのだろうか。

シリーズ化の予定があったからなのか、前作では結末が曖昧にされている部分があったが、今回も同様の趣向。
著者の言葉に「事件が起きるまでを丁寧に描こうと思った」とあったが、その分結末は余韻がどうこういうレベルではなく尻切れトンボ。これでは読み終わった後にフラストレーションが溜まってしまう。
プロローグ部分に提示されているとはいえ、登場人物たちの「その後」については、また第三弾に持ち越しなのだろうか。

この作品も前作同様WOWOWでドラマ化されている。
あまり芳しい評を聞かないのだが、さてどのように映像化されているものやら。
今回の主役は松下奈緒に交代しているが、読んでいる時は何となく前作の主演・黒木メイサの顔がチラついていた。
あちらでの彼女はミスキャストだと思うが、こちらでは意外と合うかも知れない。

ちなみにドラマ版の『扉は閉ざされたまま』からだと、残念ながらこの作品に繋げるのは難しい。キャラクターの設定を多少なりとも変更しない限りは・・・。
by odin2099 | 2008-10-14 22:52 | | Trackback(2) | Comments(0)
作曲家・指揮者・ピアニストetcと活躍している青島広志が、クラシック音楽の歴史をわかりやすく解説してくれるという一枚で、お話とピアノ演奏が青島センセイ自身。
そうです、”名曲アルバム”形式のオムニバス盤ではなく、このCDのメインは青島センセイのお喋りにあるのです。
音楽の授業を受けてるような気分、といえば近いでしょうか。

e0033570_6302984.jpgでも、堅苦しさは全くありません。
”ブルー・アイランド”氏としてトークを交えたコンサートを主催したり、TV番組などでも軽妙なトークを披露してくれている人だけに、グレゴリオ聖歌から始まって、中世・ルネサンス、バロック、古典派、ロマン派、オペラを挿んで後期ロマン派、国民学派、そして最後は現代音楽まで、名曲のサワリをBGMに短い時間で手早く、サラサラッと進めてくれます。

まー、難点は幾つかあります。

先ずはCD1枚というキャパの関係もあるので、どうしても説明が駆け足になってしまうこと。
仕方ないので、これはCDを何回も繰り返して聴くことで解決?

続いてセンセイのお喋りですが、これがかなりの早口。センセイの持ち味でもあるので(?)、これはガマンするしかないですかねぇ。
正直言うと、聞きやすいお話じゃありません・・・・・・。

そして最後は、収録曲がなんと134曲もあるのですが(重複もありますけど)、如何せんCD1枚。ちょこっとだけ流れてすぐ次の曲へ行ってしまうので、欲求不満が溜まるんですよね。もうちょっと聴きたいぞ~!っと。
モンテヴェルディ、パレストリーナ、ヘンデル、ヴィヴァルディ、ハイドン、J.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、ショパン、リスト、ロッシーニ、ドニゼッティ、ベッリーニ、プッチーニ、ウェーバー、ワーグナー、ビゼー、ブルックナー、マーラー、リヒャルト・シュトラウス、スメタナ、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフ、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、グリーグ、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、ガーシュウィン、ストラヴィンスキー、バルトーク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、オルフ、エルガー、ベルク、ウェーベルン、ライヒ、グローフェ、メシアン・・・出るわ出るわ、という感じで詰め込まれていますが、でもこれは他のCDに当たるしかないでしょう。

ライナーノーツには「クラシック検定」も付いています。
興味のある方は、是非お試しあれ。
by odin2099 | 2008-10-14 06:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ