人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2008年 12月 03日 ( 1 )

名医か迷医か、トンデモ精神科医・伊良部一郎が活躍する(?)シリーズの第2弾で、なんと直木賞の受賞作!

e0033570_2256563.jpg跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗りが主人公の表題作「空中ブランコ」を始め、尖端恐怖症になってしまったヤクザ者の悲劇「ハリネズミ」、誰もが気付いていながら知らん顔、バレバレな教授のカツラを剥ぎ取りたい衝動を必死で堪える大学講師の話「義父のヅラ」、サードからファーストへの送球が出来なくなったプロ野球選手の悩み「ホットコーナー」、新作を構想する度に、過去に同じ題材や設定を使ったのではないかという強迫観念にかられる人気作家を描いた「女流作家」の5編を収録した短編集。

今回の作品では、それぞれの主人公たちは完治するというより、前向きに捉え再起を期す、というような終わり方が多い。
これが前作との色合いの違いかな。
単純に笑えるのは前作に収録された作品だけれども、色々と考えさせられるのは本作のもの、という風に(便宜的だけれども)分類出来そうだ。

で、前作の『イン・ザ・プール』は映画化されているけれど、こちらはTVドラマ化され、その後で舞台化もされてます。
それぞれの作品で伊良部を演じているのは、松尾スズキ、阿部寛、そして宮迫博之。
個人的には誰一人イメージだとは思わないが、独立した作品として一番伊良部に相応しい演技をしているのは、さて誰なんだろう?
by odin2099 | 2008-12-03 22:56 | | Trackback(12) | Comments(2)
ブログトップ