人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2009年 01月 23日 ( 1 )

e0033570_2337864.jpg時は幕末の頃、小藩の武家の若者・高原丈九郎は、兄の仇である武芸者を追って仇討ちの旅に出ます。同行するのは兄嫁の美苗。しかし秘かに美しい兄嫁に惹かれていた丈九郎には、敵討ちよりも美苗と一緒に旅をすることが楽しいのでした。
道中、遂に目指す仇と出逢いますが、実はこれが長身の女剣客。そして丈九郎は、この冴木澄香にも憧れの念を抱いていたのです。
剣の腕はからっきしダメな丈九郎と美苗では、澄香の相手になりません。澄香は美苗に、丈九郎と相討ちになったことにして国許へ帰るように薦めます。
そして丈九郎は、澄香と連れ立って江戸の街へとやってきて二人で暮し始めるのですが、気の多い丈九郎、今度はお世話になった読売屋の娘とも好い仲になって・・・。

時代小説だと思って読み始めたら、実は時代”官能”小説でした。

180センチ強の長身の女剣士なんて面白いキャラクターだな、と思っていたのですが、副題にまで名前があるのに結局は丈九郎のお相手の一人、というポジション。
また彼女が江戸でお世話になる道場には近藤勇や土方歳三、沖田総司もいて何かと彼ら二人と関わりが出来たりもするのですが、それも有名人をちょっと脇においてみました程度の扱い。何か勿体無い感じです。

でも、メインはやっぱり”あの”シーンを描くことなんでしょうね。
他の可能性を探ることはせず、実直に一つの目的に邁進してるといったところでしょうか。
by odin2099 | 2009-01-23 23:38 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ