人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2009年 07月 01日 ( 1 )

e0033570_23145798.jpg吟遊詩人のマリウスこと、ナリスの弟アル・ディーンは、ひょんなことからモンゴールのミアイル公子のお側近くに召抱えられることになった。パロの仇敵ヴラド大公の息子と知りつつも、ディーンはかつての自分に似た境遇のミアイルに親近感を覚え、またミアイルもマリウスを一心に慕うのだった。だがナリスからは、自分とアムネリスとの婚礼の前にミアイルを暗殺せよとの非情な命が下る。
一方、海賊船から難を逃れようとしたグインらは、上陸した島で不思議な存在と出会う。

本編全体の重要なキーとなるであろう存在が登場するのだが、読者の関心は殆どマリウスとミアイルとの悲劇的な物語に向けられてしまったであろう9巻。
初登場時はそれなりに格好良かったマリウスは、この巻を境に軟弱なキャラが前面に出、また策を弄するナリスには”陰険”のイメージが付き纏うようになるのだが、それもこれもまた今となっては懐かしいエピソードだ。
by odin2099 | 2009-07-01 23:15 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ