人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2009年 11月 29日 ( 2 )

メトロポリタン美術館で開催される「ヴァチカンの至宝展」のオープニング・パーティーに、突如中世の甲冑を身に纏い、馬に乗った4人組が乱入。警備員を殺害し、会場を荒らしまわった。
偶然その場に居合わせた考古学者のテスは、騎士たちの装いがテンプル騎士団のものであること、そして騎士の一人が展示物の中の暗号機を持ち出したことに気付き、事件とテンプル騎士団との関係を調べ始め、その過程でFBI捜査官のライリーと親しくなっていく。一方ライリーは、手掛かりを追って容疑者を追い詰めていくが、何故かその前で襲撃者たちは次々と謎の死を遂げるのであった。
そして遂にテスは襲撃事件の首謀者に行きつくのだが、そこには第三の影が・・・。
e0033570_1902248.jpg

キリスト教にまつわる謎を巡っての冒険物語、とくると、「ああ、『ダ・ヴィンチ・コード』みたいなものね」と思われる人も多いでしょう。確かに二つの作品には共通点がありますし、同じジャンルと括っても良いんじゃないかと思います。
ではこの作品が単なる『ダ・ヴィンチ・コード』の二番煎じか、というと少々事情は込み入ってるようです。
著者のレイモンド・クーリーは元々は脚本家だそうで、このストーリーも映画の脚本として書かれました。それを小説へと手直ししているうちに『ダ・ヴィンチ・コード』が出版されちゃった、ということらしいので、着想は同じ頃か、もしかするとこちらの方が早いのかも知れません。
まぁ読む方にとってはそんなことは関係なく、面白いかどうかが問題なのですが。

ただ、元が映画の脚本だと考えるとなるほどと頷ける部分も多く、ニューヨークの真っ只中に突如現れる4人の騎馬騎士という冒頭部分から、不気味な暗殺者の手口、ダム湖や海へ潜ってのお宝探し、嵐・・・という具合に仕掛けが派手で、ビジュアル面に訴える要素が満載。上手く作れば良質のアクション映画になりそうです。

その一方で、登場人物がややステレオタイプで次に取る行動が読みやすく、しかしそれが納得しやすいとも言い難く、更にラストの展開もお約束という部分には物足りなさもあります。
そして肝心の謎解きですが、曖昧に暈したまま。蘊蓄話だけでなく、しっかりと謎も示してくれた『ダ・ヴィンチ・コード』に比べるとやっぱり不満が残ってしまいます。
時折中世の描写を挟みこむという全体の構成は、なかなかユニークだとは思うのですがね。


→→→ 映像化作品『ラスト・クルセイダーズ』

by odin2099 | 2009-11-29 19:01 | | Trackback(2) | Comments(0)
『ウルトラマンメビウス』の新作ビデオ・シリーズの第2弾で、まもなく公開される劇場用映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』のプロローグにもなっているということです。

e0033570_9163850.jpgお話は光の国のゾフィーたちの元へ、怪獣墓場に異変が起きたというヒカリからのウルトラサインが入るところから始まります。
直ちに怪獣墓場に向かうエースとタロウ。現場に一番近い位置にいたメビウスも駆けつけますが、その前にグローザムとインペライザーが立ちはだかります。
一方、エースとタロウの前に現れたのはアーマード・メフィラス、デスレム、メビウス・キラー。彼らの狙いはギガ・バトルナイザーを手に入れ、エンペラ星人を復活させること。
メビウスも、そしてエースとタロウも圧倒的な敵のパワーに苦戦しますが、更に囚われのヒカリや謎の戦士メカザムも現れ・・・という、あっという間の25分間。勿論「STAGE II」へ続く、なんですが、そのリリースが映画公開後というのは何か納得いきませんね。

ともあれ、”新生”円谷プロとしてはお披露目の一作で、その意気込みは充分伝わってきます。
全編グリーンバックで撮影し、背景その他は全てCGで製作して合成。これによって作品のスケールが飛躍的に拡大しました。正に子供の頃に読んでいた「内山まもるの世界」で、映画版には内山まもる先生がかつての光の国の住人役で特別出演されるとか。
舞台が宇宙に限定されていることで、ウルトラマンや怪獣の巨大感が出ていないのは残念ですが、それもこれも「内山まもる世界」の映像化だと思えばある意味当然。

素顔の役者さんは一人も出ていませんが、メビウスの五十嵐隼人、マンの黒部進、セブンの森次晃嗣、ジャックの団時朗は声で参加。ゾフィーの田中秀幸、タロウの石丸博也、ヒカリの難波圭一も『メビウス』からの続投です。
エースに草尾毅、メフィラスは加藤精三、メカザムに堀秀行、メビウスキラーに田中亮一、デスレムに郷里大輔、グローザムに江川央生とベテラン中心のキャスト陣は、アニメというよりも洋画のテイストで、これまた安心して観ていられます。
”後篇”も楽しみです。
by odin2099 | 2009-11-29 09:17 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ