人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2010年 10月 03日 ( 2 )

塩野七生のベストセラー『ローマ人の物語』を、脚本:齋藤雅文、演出:栗山民也で舞台化。
出演はユリウス・カエサルに松本幸四郎、その暗殺者ブルータスに小澤征悦、エジプトの女王クレオパトラに小島聖、カエサルの後継者オクタヴィアヌスに小西遼生、偉大なる将軍ポンペイウスに瑳川哲朗、カエサル、ポンペイウスと共に三頭政治の一角を担う大富豪クラッススに勝部演之、奴隷娘アリスに水野美紀、哲学者キケロに渡辺いっけい、カエサルの愛人にしてブルータスの母親セルヴィーリアに高橋惠子ら。
e0033570_20441118.jpg

日生劇場へ行って来ました。
原作にも興味はあるんですが、何分超大作なものでなかなか手を出せずにいたのですが、言ってみればこれは<カエサル編>のダイジェスト。これならその一端に触れることが出来るんではないかなあという、ちょっと不純な動機ではありますが。
e0033570_2044233.jpg

そうなんです。チケットを取る段階では今日からだってこと、知らなかったんですよね(苦笑)。まさかそんな日に当たっていたとは。
客席がザワザワしてましたけど、誰か著名人が観に来ていたんでしょうかね。

舞台は面白かったです。
e0033570_2045194.jpgローマの歴史には疎いもので、大まかな流れしか知らないのですが、それでもポイントとなる人物は誰で、どういう考え方を持ち、どういう行動を取ったかはきちんとわかるようになっています。
セットも豪華で綺麗だし、小難しいドラマがずーっと続くのかと思いきや、案外笑える場面も多々ありました。まぁ中には狙いとは違う部分で笑いが起きてるような処もありましたけど。

時系列はかなり錯綜していて、最初はいきなりブルータスがカエサルを暗殺した直後から始まり、次がカエサルのガリア遠征に遡ってこれを順に追って行きますが、その中で更に三頭政治の始まりの経緯が回想で挟まれたりもします。
それでも転換は無理がなく、観ていて混乱することもありません。そのあたり、脚本も演出も上手く出来ているなあと感心しました。原作はおそらく時系列順ですよね?
上演時間は第一幕、第二幕共に1時間強で、全部で2時間半強。思っていたよりも短めだったのも好印象でした。

出演者の中で、個人的に注目だったのは檀臣幸。声優としても活躍されていますし、最近では何といっても『仮面ライダーW』の井坂深紅郎のインパクトが強烈でしたね。
出番はそれほど多くはないですが、結構キーとなるキャラクターを演じていて、何より台詞がハッキリ通るので安心してお芝居を見ていられます。
それに引き換え、巻き舌で癖のある発音で、台詞がもの凄く聴きとり難い方がいらっしゃって閉口しました。以前からちょっと気になってはいたのですが、ここまでとは・・・。

あと、初日故なんでしょうか、台詞をトチる方多数。
またカーテンコールの際、水野美紀が引き上げるタイミングを間違い、場内から失笑を買っていたのはお気の毒でした。
by odin2099 | 2010-10-03 20:45 | 演劇 | Trackback | Comments(0)
一応我が国では、『戦艦』『要塞』『特急』に続いてこの『断崖』でシリーズ4作目。
しっかし『断崖』ねぇ・・・。

確かにクライマックス、ではなく中盤の山場で、セーガルの乗った車を追いかけていたトレーラーが、上手くかわされて崖から落っこちるシーンがあるけど、「アレ」のことかあ・・・?

またこの作品のコピーは、「沈黙シリーズ完結篇」・・・。
勝手にシリーズ化しておいて、「完結」も何もないもんだ。

e0033570_9314216.jpg例によって他の作品とは全く無関係な独立した作品で、今回のセーガルの役どころは環境保護庁の捜査官。
山岳地方の小さな町の炭鉱に、大企業が産業廃棄物を不法投棄しているとの匿名の通報があり、捜査官が派遣されるものの殺されてしまい、親友の仇討ちにセーガル先生が乗り込んでくる、という筋書きです。

シリーズとしては『要塞』に続いてエコを前面に押し出しておりますが、環境保護とアクション映画というのがどうも上手く結び付かないんですが、ま、理由はなんであれ、セーガル先生が暴れられれば良いってことで。

共演者はマーグ・ヘルケンバージャー、ハリー・ディーン・スタントン、スティーブン・ラング、クリス・クリストファーソン・・・とドンドン小粒になっていく印象がありますな。
その分セーガルのワンマンぶりが引き立つっていう寸法なんでしょうが、それも善し悪し。今一つ盛り上がらないまんま終わってしまいます。

・・・と思っていたんですけど、改めて観直してみると結構面白いでないの。
TV放映したものを録画しておいたヤツを今回も観たんですが、TV向きなのかな。
それにやっぱり大塚明夫の声。安心します。
ちなみに悪役となるクリス・クリストファーソンの吹替は大塚周夫なので、これは親子共演ですな。
こういうのって演り易いのかな、それとも演り難いのかな。
by odin2099 | 2010-10-03 09:32 |  映画感想<タ行> | Trackback(2) | Comments(2)
ブログトップ