人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2010年 10月 06日 ( 1 )

公開まで2カ月弱。未だ全貌が明らかにならない”超大作”ですが、その一方で早くもノベライズ版が出版されました。

うーん、困ったな。何を書いてもネタバレだな、こりゃ。
公開前に余計な情報をシャットアウトしたい方は、ここまで読んだら廻れ右して下さいまし。


e0033570_17255679.jpg

お話の方は、予想通りパート1に『さらば』をプラスした感じで、若干あの「石津嵐版小説」に近い味付けもあります。
このノベライズがどれだけシナリオに忠実かわからないし、しかも肝心の本編がどこまでシナリオ通りに撮ってるのかはわかりませんけど、オリジナルの台詞も結構残ってるみたい。
「明日の為に今日の屈辱に耐えるのだ、それが男だ」とか、「慌てず、急いで、正確に」とか。

「案外”原作”に忠実なんだなー」と思った反面、個人的には「こうして欲しくはなかったな」というアレンジも多々あったので、予想していたとはいえかなりボルテージ・ダウン・・・。
主題歌をスティーヴン・タイラーが歌うからってワケじゃないでしょうけど、『アルマゲドン』っぽい”泣きパニ”映画の要素がプンプン。

オリジナル版『宇宙戦艦ヤマト』が放送されていた頃は、『大空港』、『ポセイドン・アドベンチャー』、『タワーリング・インフェルノ』などのパニック映画がヒットしていたし、「絶望的状況からの脱出」というパニック映画的要素、影響は『ヤマト』にも色濃く残ってはいましたが、それ以上に『ヤマト』は「若者の成長物語」、「宇宙を舞台にした大冒険活劇」という部分が売りだったはず。この辺りは今回の映画からはすっぽりと抜け落ちてます。ま、キャストを考えれば仕方ないんですが。

ガミラスとイスカンダルの関係も、これは捻りすぎかなあ。
放射能除去装置に至っては××××なので、いくら生存を掛けての一か八かの大博打とはいえ、無責任すぎ。
そうそう、今になってもガミラス側、イスカンダル側のキャストが発表されない理由も、本書を読めばわかります。
そして例え大ヒットしたとしても、続編が作られる心配はまずないのが、ある意味救いでしょうかね。
それにしても西崎P、この内容でよくOK出したもんです・・・。
by odin2099 | 2010-10-06 17:26 | | Trackback(2) | Comments(6)
ブログトップ