人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2010年 10月 09日 ( 2 )

今回の旅行の間、ずーっと読んでました。
e0033570_2040990.jpg

必ずしも歴史の順番通りではなく、かといって観光スポットごとにまとめている訳でもなく、あくまでも「奈良」という場所そのものに拘り、そこで起きた重大な歴史的テーマを取り上げまとめてある本、ということになります。
「奈良」という土地自体に興味をお持ちの方向け、ですね。
といっても、時代があっちこっちに飛んだりする訳ではないので、奈良時代を俯瞰するのにも役立つとは思います。
by odin2099 | 2010-10-09 20:40 | | Trackback | Comments(2)
スティーブ・マーティンがクルーゾー警部を襲名したリメイクシリーズの第2弾。

前作で宝石ピンクパンサーを取り戻し、一躍ヒーローになったクルーゾー。今度は世界各地で貴重な文化遺産を狙う怪盗トルネードを掴まえるべく、各国の優秀な捜査官を集めたドリームチームにフランス代表として参加するものの、相も変わらず的外れでトンチンカンな推理・捜査を行い周囲は大混乱。しかし最後には見事に事件を解決、というお話。

e0033570_8375727.jpg前作からはクルーゾーの相棒ボントンのジャン・レノと、秘書ニコル役エミリー・モーティマーが続投。ただドレフュス主任警部(前作では警視だったけど)がケヴィン・クラインからジョン・クリースに交代。
ドリームチームに選ばれたのは、イギリス代表がアルフレッド・モリーナ、イタリア代表がアンディ・ガルシア、それに日本代表が松崎悠希・・・って誰?
これに、警察官ではないものの長年トルネードを追っていたジャーナリストの役でアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンが参加。この人、インドのトップ女優だそうだけど、セクシーでなかなかの美人。セレブでもあるようで、今後国際的にも活躍するのかな。

トルネードが狙ったお宝というのが、トリノの聖骸布とか日本の天叢雲剣(どこにあるんだよ?)とかローマ法王の指輪とか、一体どうするんだろう?と思うようなものばかり。ただ、当然のようにピンクパンサーも狙われる。
そしてトルネードの正体は一体誰なのか?という興味で引っ張り、いきなりジェレミー・アイアンズをノンクレジットでサプライズ出演させたりもしているが、全体的にはミステリー物、サスペンス物の要素よりもラブストーリーを前面に置いた作りで、謎解き部分はどうにも納得いかない。ま、コメディに整合性を求めちゃいけないかな。

ただ「他人の迷惑顧みず」のクルーゾーの振る舞いが、ピーター・セラーズだと許せるのに、スティーブ・マーティンだとどうにもイライラさせられるのは何故なんでしょう?
悪ノリし過ぎて、コメディとしてもあんまり笑えないような・・・?
そして相変わらずの羽佐間道夫の吹替は、クルーゾーとしては文句なしだけど、スティーブ・マーティンには合わない合わない。
by odin2099 | 2010-10-09 08:38 |  映画感想<ハ行> | Trackback(13) | Comments(2)
ブログトップ