人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2010年 11月 23日 ( 2 )

弁護士ウイルフリート・ロバーツ卿の元を、レナード・ボウルという青年が訪ねてきた。資産家の老婦人エミリー・フレンチ殺害事件の容疑者となってしまった為、弁護を依頼しに来たのである。
彼の弁護を引き受けたロバーツ卿だったが、フレンチ婦人の巨額の遺産の相続人になっていたことから、金銭的に困っていたレナードには充分に動機があり、住み込みの家政婦ジャネット・マッケンジーは、事件当日にレナードが来ていたことを証言するなど、状況は不利なものばかり。しかも犯行時間のアリバイを証明出来るのは、彼の妻ローマインだけなのだ。
しかし”検察側の証人”として出廷した彼女は何故か夫に不利となる証言を始め、困惑するレナードはますます窮地に追い込まれて行く。
果たしてローマインの狙いは何なのか? そしてレナードは本当に無実なのか?

原作はアガサ・クリスティーの戯曲、原作翻訳は中島アニータ・さくら、上演台本・演出は星田良子。
出演は浅丘ルリ子、風間トオル、鶴田忍、菅野菜保之、伴美奈子、石村みか、高嶋寛、紘貴、松金よね子、渡辺徹。
ル・テアトル銀座にて鑑賞。
e0033570_22542677.jpg

映画の『情婦』、TVドラマの『検察側の証人』は観ましたが、元は戯曲(更に言うなら、その原型は短編小説)。となればやはり舞台版は観ておきたいもの。
折り良く上演されることになったので、早々にチケットを取って臨みました。おかげで(?)2列目という、あまり見易いとも言い難い席に・・・。

e0033570_2256476.jpg戯曲の方はちゃんと読んだことはないのですが、パラパラ捲る限りでは、登場人物がかなり省略され、構成も幾分か変更があるようで全体的にコンパクトになった印象ですが、そのあたりの改変はクリスティー自身も容認していたようですな。

驚いたのはロバーツ卿が病み上がりという設定が一切ないこと。二つ観た映像版では重要なキャラクターで、アクセントにもなっていた看護婦も出てきません。短編小説版にもいないようなんですが、ではあのキャラクターを創造し、ロバーツ卿を気難し屋の老人に設定したのは誰なんでしょうか?

その結果、ラストシーンが随分違うものになっています。
映像版では、新たな事件の弁護士として活動を始めるロバーツ卿の姿で締めくくり、嫌でもクライマックスのテンションを持続させてある種の壮快感を持たせたままで終わりますが、戯曲版ではドロドロとした情念を引き摺ったままで幕を閉じます。
どちらが好きかと言うと・・・これは映像版の方に軍配を上げたいと思います。

さて、今回の舞台版。所々で笑いを誘う箇所もあるのですが、何か変なタイミングで笑いだす観客がいたので、かえって醒めちゃいました。こういうのは難しいですねえ。
それにいわば”変身”シーンなど、浅丘ルリ子は流石の存在感なのですが、やはり風間トオルと夫婦役と言うのはバランスが悪すぎます。元々年上という設定ではありますが、これでは哀れさが強調されすぎですね。フレンチ婦人ならば良かったのですが・・・。

一方で松金よね子はイメージ通り。
渡辺徹も悪くはなかったですが、映像版のチャールズ・ロートンやラルフ・リチャードソンと比べてしまえば、どうしても貫禄不足に思えますね。老獪な弁護士すら騙すキー・パーソン、が作品の肝なのですが、これではちょっとした芝居も見抜けないマヌケな弁護士に見えてしまいます。まあ、これは演出の故なのでしょうが。
そして風間トオル。最後に二面性を見せて欲しいところだったのですが、今一つ意外性に乏しかったようで・・・。

お芝居としては面白かったのですが、キャスティングには総じて不満が。
別キャストで上演される機会があれば、また観に行きたいです。
by odin2099 | 2010-11-23 22:57 | 演劇 | Trackback(1) | Comments(0)
テレビ東京の番組『空から日本を見てみよう』のDVD化第6弾。
今年の4月から3カ月連続でリリースされたDVDも、これにてひとまずオシマイ。
もっとDVD出してくれないかなーと以前書いたけれど、この10月から続巻のリリースがどんどん始まり、遂には来年3月まで怒涛のリリースラッシュ!
なんと18巻までの発売が決定! おっと、これはいきなりスゴイことに。e0033570_8283422.jpg今度はお金がないぞ・・・。

今回収録されているのは、今年の1/14に放送された「京浜東北線 大船~東京」編。
いきなり「京浜東北線」という電車は存在しない! というトリビアネタから始まります。
ま、これは鉄道ファンじゃなくても結構有名な話かな。
大宮―東京が「東北本線」、東京―横浜が「東海道本線」、そして横浜―大船が「根岸線」で、通称が「京浜東北線」ということになるようです。
もっとも大宮―横浜までと、横浜―大船を分けて、「京浜東北・根岸線」という呼び方もあるようですが、どっちにしろ”通称”ですからねえ。

で、番組は大船駅を出発し、横浜市内を横断して大宮まで到達する2時間スペシャル・・・だったのですが、途中で時間切れ。東京駅までで終わっちゃいます。
実際は翌週に「その2」が放送されて無事に大宮に到着した由。その模様は第7巻に収録されていますので、今度観てみようと思います。
しかし横浜や川崎ってやっぱり憧れがあるなあ。
by odin2099 | 2010-11-23 08:29 | テレビ | Trackback | Comments(2)
ブログトップ