人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2011年 07月 07日 ( 1 )

宇宙の彼方で発見された生命体へ、人類は平和と友好のメッセージを送る。しかし数年後、彼らからの返答は宣戦布告だった。瞬く間に地球人類の9割は死滅し、人々は地下へと逃れ、数百年の間細々と抵抗を続けていた。
しかし今、人類は侵略者に対して立ち上がろうとしていた・・・。

e0033570_2185213.jpgタイトルからわかる通り『トランスフォーマー』の便乗映画で、製作はアサイラム
そういや本家も、もうじき完結編という触れ込みのパート3が公開されますね。

ただこの映画、確かに変形する巨大ロボは出てきますけど、全体の雰囲気はどっちかというと『ターミネーター』
主人公のタフガイの設定(というか正体)に何やら捻りが加えられてるのもそれっぽいし、日本語吹替はなんと玄田哲章!
・・・いや、これはもしかしてコンボイ司令官からの発想か?

他にもちょーっとだけ『マトリックス』っぽい部分もあったりで、要はヒット作・話題作からの良い所取りってこと。
これで面白ければもっと良いんだけどなあ・・・。
CGも、まあ見ていられるレベルだし。

女性兵士も沢山出てきて、なかなか魅力的なキャラもいるんだけど、何故かヒロイン(だよね?)が一番見劣りするのが惜しい。
しかも彼女、主人公の元カノなんだけど、今は女性司令官(!)と結婚してるというトンデモな設定。一体なんなんだ?

ちなみに「トランスモーファー」っていうのは日本で勝手に付けた、語呂合わせな題名かと思っていたら、原題も”TRANSMORPHERS”だった・・・・!
えーと、どういう意味?
by odin2099 | 2011-07-07 21:11 |  映画感想<タ行> | Trackback(2) | Comments(2)
ブログトップ