人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2011年 07月 17日 ( 1 )

DVD&ブルーレイの売り上げがかなり好調だそうで、何となくホッとしてます。
結局この作品、成功したと言って良いのかなあ。

というわけで、自分も売り上げに貢献しましたので(笑)見直してみました。
映画館にももう一回行こうかなと考えていたんですが、いざとなるとなかなかその気になれず、結局DVD待ちになっちゃいましたが、これでは「ヤマト」ファン失格かな。

ともあれ、初見じゃないし自宅だし、肩肘張らずに気楽に見てましたが、うん、単純に楽しめました。

e0033570_9361768.jpg個人的にキムタクが大っ嫌いなので、どうしても古代進に拒絶反応が出てしまう面はあるのですが(古代に見える見えないといったレベルではなく)、それを割り引かなくても面白いんじゃないかな。
日本SFの最高峰、などとは思いませんし、映画自体が傑作だとも思いませんが。

それにオリジナルの「宇宙戦艦ヤマト」を知らない人にも、というより、知らない人こそ素直に作品世界に入り込めるんじゃないかと思いますが、如何でしょう。
死亡フラグの立ったキャラが律儀に死んで行くのもわかりやすいかも。

名セリフや名シーンをトレースすれば、それで「ヤマト」になると思ったら大間違いですが、そのあたりもギリギリ。
ただその一方で、きちんと再現して欲しかった部分もあったりして。

例えば冒頭の”冥王星海戦”ならぬ火星での戦いの際の、古代守と沖田艦長とのやりとり。
「あなたの下で戦えて本望でした」調の陳腐なものじゃなく、やはりここは
「明日の為に今日の屈辱に耐えるのだ。それが男だ!」
「男だったら、戦って戦って戦いぬいて、一人でも多くの敵を倒して死ぬべくじゃありませんか?!」
を再現すべきだったかと。
この映画だと古代守って、いてもいなくても良いキャラになっちゃってますからねえ。

またこれは再現ではなく、映画オリジナル設定、改変の部分なんですが、せっかく佐渡先生を女性にしたのだから、唐突にラストに古代の子どもを出すんじゃなく、何らかの伏線を張っても良かったかなあとも思いましたけどね。
子どもが出来たことを知った古代の葛藤、そして子どもの未来の為の選択、という部分があっても盛り上がったかなあとも考えたんですが、安っぽくなってしまうでしょうか。

波動砲発射の時に操艦を島から古代に渡す際、艦が揺れるのが芸が細かいとか、古代の成長物語でもあるのならば、やはりもっと年齢を下げるべきだろうなあとか、他にも色々書きたいことはありますけれど、とりあえず今回はここで筆を置きます。

過去記事はこちら

by odin2099 | 2011-07-17 09:36 |  映画感想<サ行> | Trackback(2) | Comments(2)
ブログトップ