人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2011年 08月 27日 ( 1 )

e0033570_2026054.jpg正式にOSSのスパイとなったカルメン&ジュニのコルテス姉弟。合衆国大統領の娘を救出する任務に出動したものの、その手柄をライバルのスパイキッズ、ゲイリーとガーティの兄妹に横取りされてしまう。
更に大統領主催のパーティの席上、謎の集団に全世界の武器を無力化する秘密兵器”トランスムッカー”を奪われてしまうが、いがみ合うジュニとゲイリーは連中を取り逃がしてしまう。
ジュニはクビになり、”トランスムッカー”を取り返す任務はゲイリーとガーティのギグルス兄妹に与えられたが、今度は名誉挽回とばかりにカルメンがその任務を横取り、謎の島へと向かうのだったが・・・。

一気にキャラクターが増えた第2弾。前作のキャラクターも特別出演しているし非常に贅沢な作りなのだけれども、全体的には小ぶりな印象。これは悪役の設定に問題アリかな。

ライバルのスパイキッズを登場させるのも良いのだが、競い合うのではなく足を引っ張り合ってるだけなので、コルテス姉弟が真に向き合う相手が誰なのかがぼやけてしまっている。
で、ギグルス兄妹の父親ダナゴンが、コルテス姉弟の父グレゴリオを蹴落としてOSS局長に就任しているから、二つの家族が大喧嘩してるだけにしか見えない。おまけにコルテス一家もパワーアップし、グランパ、グランマも参加してるので、全世界の危機もどこへやら。まあ、そのギャップを笑うところなんだろうけれど、それもイマイチだなぁ・・・。
by odin2099 | 2011-08-27 20:26 |  映画感想<サ行> | Trackback(3) | Comments(0)
ブログトップ