人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2011年 10月 25日 ( 1 )

<マーベル・シネマティック・ユニバース>の第2弾。日本では第1弾の『アイアンマン』よりこちらが先に公開されたが、これは両者の知名度の違いが原因だったのかな。
しかしその結果、多くの伏線が意味不明に羅列されてしまい、かえって日本のファンには不親切になったんじゃないかなー、という気がする。

かくいう自分もその一人で、初見の時には、スターク・インダストリー社製の兵器が出てくることや、ラストにトニー・スターク本人が出て来るという『アイアンマン』とのリンクのことは事前に知っていたものの、ハルク退治の際に軍がシールドのデータベースにアクセスしていたり、タイトルバックに色々と映し出される書類の中にニック・フューリーの名前があったり、なんていうのは再見の時にようやく確認したほど。

まあ劇中で語られる「スーパー・ソルジャー計画」のことは、知ってる人は知ってるレベルなので(その結果誕生したのがキャプテン・アメリカだということが、ようやっと?最新作で語られる)これといって問題ないかも知れないけれど。

e0033570_21151282.jpgアボミネーションことブロンスキーも死んだわけではないし、サミュエル・スターンズ(ミスター・ブルー)が変貌を遂げるシーンなど続編への伏線も沢山張られているが、今のところ単独でのパート2企画は動いておらず、次にハルクが登場するのは『アベンジャーズ』本編。

だがそこに登場するブルース・バナーを演じるのは、エドワード・ノートンではなくマーク・ラファロなのは非常に残念だ。ノートンとラファロでは面差しがまるで違うし、ノートンの深みのある演技はバナーというキャラクターに幅を与えてくれているし、それにロバート・ダウニーJr.との共演が見てみたかったもんである。

ところでこの作品で気になるのが、ブルースの恋人ベティの気持ち。
ブルースの逃亡後に新しい恋人が出来るが、ブルースと再会した途端、見向きもせず。
この恋人、最後までベティの身を案じていたりと結構「出来た」人みたいなのに、ちょっと惨い仕打ちじゃないかい?
by odin2099 | 2011-10-25 19:57 |  映画感想<ア行> | Trackback(3) | Comments(0)
ブログトップ