人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 02月 29日 ( 1 )

あれからもうすぐ1年になりますね。
未曾有の大震災の中、一日も欠かさずに発行を続けた「河北新報」が、自らを振り返った震災の記録です。

e0033570_21104521.jpgドクドキワクワクしながら読了した、という感想をこういう本に対して述べるのは不謹慎なのかも知れませんが、自らも被災者でありながら、地元のためという想い、そして記者としての誇りのため、目的に向かって邁進し、足掻き続ける姿には感激させられました。

震災後半年というタイミングで出版されている(初版は昨年10月)ため、総括的な部分がなく1冊の読み物としては宙ぶらりんな印象が残ったり、反省点を素直に挙げている反面で第三者視点がないために、良くも悪くも自画自賛な面が窺えなくもないこと等々、気になる点もないではないですが、”記録”ならびに”記憶”の両方の点からでも当事者ならではの”声”がハッキリと伝わってきます。

何年か、あるいは何十年か経った時に、様々な分野からの考察を織り込み、もっとキッチリとした形での検証本のようなものが出版されることがあるかも知れませんが、震災に直面した直後の生の声を風化させないように掬い取ったというだけでも、この本の意義は大きいのだと思います。
by odin2099 | 2012-02-29 21:09 | | Trackback | Comments(2)
ブログトップ