人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 03月 19日 ( 1 )

先日は「宇宙戦艦ヤマトフェスティバル」を勝手に再現しちゃいましたが、今度は「ヤマトスペシャル」を再現。
といっても「ヤマト・スペシャル」、知らない人の方が多いでしょう。

1981年3月14日から4月3日まで、『宇宙戦艦ヤマト/新たなる旅立ち』『ヤマトよ永遠に』の2本立て興行が「ヤマト・スペシャル」と題して行われたのです。
当初は『永遠に』のアンコール上映ということで告知されていたと記憶していますが、その後に併映作品が発表され、『新たなる旅立ち』も劇場で見られるならといそいそと出掛けたものです。『永遠に』だけだったら、もしかすると足を運ばなかったかも知れません。

e0033570_2151661.jpgそもそも『新たなる旅立ち』は劇場公開も念頭に製作され、テレビ放映に際しては幾つかのシーンをカットしたことは知っていたので、もしかすると削除シーンも復活した形で上映されるかも知れない、などと期待したのですが、残念ながら実現せず。
「ヤマトフェスティバル」のような大々的な規模の公開でもなかったので(もしかすると都内だけ?)、ポスターやパンフレットも新しくは作られず、かなり寂しい公開でしたね。
まだTVシリーズ『宇宙戦艦ヤマトIII』も放映中のタイミングでしたが、アニメファンの興味は既に同日公開だった『機動戦士ガンダム』の方へ移ってしまっていたようで。

ちなみにこの時の上映フィルム、両作品ともエンディング・クレジットが一部差し替えになっていました。
製作会社として「オフィス・アカデミー」の名前が表示される部分が、「ウエストケープ・コーポレーション」のテロップに置き換えられています。その後のビデオやLD、DVDなどはオリジナルのままで収録されていますけれど。

e0033570_2153559.jpgさて、先日の「ヤマトフェスティバル」再現は結構苦痛だったと書きましたが、今回の「ヤマト・スペシャル」再現は思いの外楽しめました。
作品のクオリティとしては『さらば宇宙戦艦ヤマト』の方が格段に上かなとは思うのですが、やはり好きなのはこちら。
『新たなる旅立ち』は新乗組員の右往左往が楽しいですし、『永遠に』は何度見てもサーシャ(真田澪)の最期に涙します。
まあこれは好みの問題としか言いようがないですね。

また、作画面のクオリティに関してならばシリーズ中で随一かも知れません。『完結編』は使い回しがあるし、ギリギリまでリテイクを繰り返したというスケジュールの無さが感じられますしね。
まあ二重銀河の描写や連続ワープの表現に、製作中に参考用に鑑賞したという『ブラックホール』『スター・トレック』からの影響が強く感じられるのは御愛嬌。そういや話変わりますけど『さらば』の冒頭部分は、やはり参考で見たという『未知との遭遇』の冒頭部分とソックリだなと感じているのは自分だけ?

ところで今回、両作品ともDVDで見ていたんですが、あれ?『新たなる旅立ち』、台詞カットされてる?
by odin2099 | 2012-03-19 06:29 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(2)
ブログトップ