人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2012年 10月 23日 ( 1 )

最強の消耗品軍団が帰ってきました!
早速<日本語最強吹替版>とやらで鑑賞してきました。

e0033570_23254870.jpg軍団の構成員はシルベスター・スタローン(ささきいさお)を筆頭に、ジェイソン・ステイサム(山路和弘)、ジェット・リー(池田秀一)、ドルフ・ラングレン(大塚明夫)、テリー・クルーズ(高橋耕次郎)、ランディ・クートゥア(乃村健次)はそのままに、新メンバーとして「雷神の弟」こと(?)リアム・ヘムズワース(森川智之)が参加。おや、二人ほどキャスト変更になってますね。

前作メンバーの中ではミッキー・ロークの不在が寂しいですが、その分カメオ出演だったブルース・ウィリス(綿引勝彦)とアーノルド・シュワルツェネッガー(玄田哲章)が今度はクライマックスバトルに本格参戦し、更にチャック・ノリス(堀勝之祐)までも助っ人として登場するなどよりパワーアップしております。

また紅一点としてブルース・ウィリスの部下ユー・ナン(栗山千明)も加わっていますが、彼女、美人過ぎないところが好印象ですね。
対する悪側は、前作のオファーを蹴ったジャン=クロード・ヴァンダム(山寺宏一)が、舎弟(?)のスコット・アドキンス(藤真秀)を従え、満を持しての登場です。

まあこれだけ豪華な面子を揃えればつまらない筈がなく、仮にお話そのものは面白くなくても(苦笑)、彼らの存在だけで楽しくなるってもんですが、やっぱり終始ゴキゲンでした。
メンバーのキャラ設定や、そのやり取りで出てくるネタは、役者のプライベートなものか今までに演じてきた役柄を元にしたものが多いので知っていればニヤリと出来ますし、チャック・ノリスやシュワルツェネッガーの登場シーンにはどこかで聴いたメロディが奏でられるなど、音楽面でも遊んでます。
問題があるとすれば、これだけの顔触れを相手にすると、さしものヴァンダムも劣勢な感じは否めないところでしょうか。もう一枚か二枚、彼に匹敵する様なメンバーを揃えられたならねえ。

e0033570_23261516.jpgということで、どうやら3作目の製作が決定した模様。
ニコラス・ケイジが内定したとか、ウェズリー・スナイプスは当確だとか、ハリソン・フォードやクリント・イーストウッドにもオファーを出したとか噂は飛び交ってますが、やるからには「最強」の名に恥じないメンバーを揃えて欲しいですね。やっぱりスティーブン・セーガルとか、ジャッキー・チェンとか、ドニー・イエンとか。

いや、マイケル・パレとか、マーク・ダカスコスとか、ジェフ・スピークマンとか、ドン・”ザ・ドラゴン”・ウィルソンとか、フランク・ザカリーノとか、ジョー・ララとかでも、それはそれで楽しいですけどね、前作にもゲイリー・ダニエルズ出てましたし。

ところでこの<日本語吹替版>、「最強」を謳っている割にちと疑問符がつく方々もいらっしゃいますね。ブルース・ウィリスはなんで樋浦勉(内田直哉派もいるのかな)じゃいけなかったのかとか、下手とは言い切れないけど、やっぱり本業以外の人を持ってくるのは止めようよとか色々言いたいこともありますが、ウリにしてる筈なのに、近所のシネコンじゃ一日一回だけしか上映されないっていうのはどーよ?

【ひとこと】
あれ?ジェット・リーは?
by odin2099 | 2012-10-23 06:24 |  映画感想<ア行> | Trackback(37) | Comments(14)
ブログトップ