人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2013年 04月 13日 ( 1 )

e0033570_22485923.jpg2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。
原作より集約されたキャラクター、逆に膨らまされているキャラクターがいたり、細部に亘って違いはあるものの、なかなか良心的な映画化だったと思います。

原作小説では時代設定や時間経過がぼかされている部分がありますが、この映画では発端が1995年、そしてラストが2010年できっちりと15年間の物語となっています。
小道具やファッション、風俗や俳優さんたちのメイクなどでそれらを表現していますが、そこまでしなくても、と思う反面、『大渡海』が「今を生きる辞書」という編集方針だという設定に従えば、そのこだわりも必要なのかなとも思えます。

e0033570_22493182.jpg正直言って小説を読んだ時に浮かんだイメージに合致する俳優さんは一人もいませんでしたが、原作を知らなければ楽しめるというほど極端でもなく、描かれた映像空間の中では皆それぞれがしっかりと存在感を持ち、息づいています。
敢えて言えば宮崎あおい、彼女だけは決定的にキャラクターが違っていますね。彼女の持つ透明感というのかな、作品全体を包み込むような”癒し”のオーラはとても好きなんですが。

【追伸】
パンフレット、ちょいと高めですが、シナリオも収録され、スタッフ・キャストのインタビューだけじゃなく辞書作りの実態や、実際に辞書作りに携わっている方のインタビューや座談会などもあって、かなり充実した内容になっています。
by odin2099 | 2013-04-13 22:49 |  映画感想<ハ行> | Trackback(31) | Comments(6)
ブログトップ