【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2018年 02月 07日 ( 2 )

<マーベル・シネマティック・ユニバース>の一本として映画化が発表されたものの延期そして中止になってしまったが、その後に企画変更でTVドラマとして復活。
まずはシーズン1として全8話が作られたが、そのうちの第1~2話を劇場版として再編集したのが本作。それも端からIMAXで撮影されたというのも異例中の異例。
IMAXがTVドラマへ出資するのは初めてとのこと。

e0033570_20045369.jpg超人類(インヒューマンズ)は月に移住し、ブラックボルト王の統治下で人類と接触を避けて暮らしてきた。だがその世界は能力の有無によって厳然たる階級格差のある世界でもあった。
王弟でありながら何の能力も持たないマクシマスは、下層階級の人々の支持を集め軍事クーデターを画策。ブラックボルトとその妻メデューサらロイヤルファミリーは辛うじて難を逃れ、地球のハワイへと脱出に成功する。
慣れない土地で戸惑うロイヤルファミリー、そして彼らの無事を知ったマクシマスはその始末をつけるべく刺客を送るのだった――というのが映画版のお話。
今後のTVシリーズではブラックボルトたちと地球人との交流、マクシマスの刺客との戦い、そしてブラックボルトとマクシマスとの対峙、故郷への帰還、といった展開が描かれるのだろうか。

インヒューマンズそのものはTVシリーズ「エージェント・オブ・シールド」に既に登場しているが、同じABCで放送されているとはいえ特にスピンオフという位置付けではないらしく、他の<MCU>作品とのリンクも今のところは明らかにされていない。

1・2話を見る限りでは「マイティ・ソー」1作目をスケールダウンさせたような感じの世界観とストーリー展開に、地味なインヒューマンズたちの特殊能力、中途半端に笑えるカルチャーギャップ描写、それにTV畑出身のなじみの薄い俳優ばかりということもあって素直に面白いとは言い難いのだが、それもこれも今後の展開如何だろう。
なんだかんだでハワイの観光映画の側面も?

日本では3月からDlifeで放送そしてHuluにて配信がスタート。
その後は人気次第でシーズン2の放送や、<MCU>フェイズ4での劇場版製作も予定されているらしい。そろそろ<MCU>も収拾がつかなくなってきた。




[PR]
by odin2099 | 2018-02-07 20:09 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_19574352.jpg「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」という<Vシネマ>ならぬ<Vシネクスト>の一篇を見てきました。
<Vシネマ>でありながら期間限定で劇場公開もする作品を<Vシネクスト>という括りで製作するようです。そういえば「仮面ライダー電王」の時も三部作集中公開というのをやってましたっけ。

それにしても「エグゼイド」、夏の劇場版がTVのその後を描く「トゥルー・エンディング」で、お正月映画では夏の劇場版のその後を描き、今度は「アナザー・エンディング」とは忙しい。
いっそのこと「ネバーエンディング・ストーリー」にしてしまったら如何でしょう?

さて、相変わらず予備知識なしで見ておりますが、なかなか良いお話でした。
不愛想な飛彩先生、辛い別れがあったんですなあ。
そしてこれまたぶっきらぼうな大我先生も熱い想いを秘めていたのですね、ふむふむ。
そんなこんなでもどかしい恋愛模様と不器用な友情の二本立て、1時間足らずの上映時間でしたが熱い映画になっておりました。
e0033570_19575273.jpg
三部作で一本一本は独立したお話ってことのようですが、それでも前編・中編・後編ということに変わりはないようで、暗躍してる檀黎斗や謎の美人女医・八乙女紗衣子の目的は最後まで見ないとわからない、ってことですね。

ところでこの謎の美人女医ですが、演じてるのは柳ゆり菜
「破裏拳ポリマー」も良かったですし、こっち側の作品との相性は良さそうで、今後オファーが増えるのでは?
しかし23歳の彼女に32歳の役を宛がうっていうのはどうなんでしょうね。
ともあれ次も見たいなと思います。



[PR]
by odin2099 | 2018-02-07 20:02 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ