【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2018年 02月 12日 ( 2 )

「キョウリュウジャー」も大好きな<スーパー戦隊>。一年間ずっと追いかけてた。
ん?追いかけてたから好きになったのか、好きだったから追いかけてたのか。
人数多い割にキョウリュウジャーのメンバーはキャラが立ってたし、最初は違和感あったキャスト陣も最後にはみんな愛しく思えて来たし、メインが坂本監督だったっていうのも大きかったんだろう。

そんな「キョウリュウジャー」、夏の劇場版。とにかく元気の出る30分!
この作品も何度も観直しちゃう。

e0033570_17372121.jpg「キュウレンジャー」自体の銀幕デビューは「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」の顔見せお披露目を経ての「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」だけど、こちらが待望の単独主演作。
ゲストには「スーパーアイドル」中村静香、「かわいい担当」桃瀬美咲、「セクシー担当」佃井皆美、それにデスリュウジャーの声に宮野真守と坂本組がズラリ。

――そういえば中村静香って坂本監督好みだと思うんだけど、その後はお呼びがかからないね。適役がないのか、スケジュールの都合か、それともそれとも…???

要望があればディレクターズカット版の製作も、なんて声もあったけれど、結局実現せず。
DVDの特典ディスクには「未公開&エクステンドシーン」というものが収録されているけれど、きちんと本編に組み込んだ形で見たかったなあ。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/20884956/
http://odin2099.exblog.jp/21443728/
http://odin2099.exblog.jp/22295173/
http://odin2099.exblog.jp/25609384/



[PR]
by odin2099 | 2018-02-12 17:38 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
神聖不可侵な「ゴジラ」第一作。部分的ながらその一作目をなかったことにして作られているのがこの作品で、誕生から46年、シリーズ24作目にして初の快挙。
といっても流石に完全否定には至らず、1954年に東京にゴジラは現れたものの、オキシジェンデストロイヤーは存在せず、よってゴジラも退治されることなくその後も1966年、1996年と出現。その結果日本の首都は大阪へと移転し、併せて原発の永久放棄を決めた、という世界観での物語となっている。

ゴジラと対決するメガギラスは、純粋な新怪獣ではなく「空の大怪獣ラドン」に登場したメガヌロンを母体とし、それが成虫メガニューラ、そして進化型のメガギラスへと変貌を遂げるという設定。
群れでゴジラを襲い、進化後もゴジラに対して善戦するが、物語の一方の主役とはなり得ていない。
ゴジラに対して蹴りをつけるのは、復讐に燃えるヒロイン、辻森桐子だからだ。

e0033570_09074778.jpg実際クライマックスは、ゴジラ抹殺兵器であるディメンションタイドを撃つために、危険を顧みずゴジラに立ち向かう桐子の姿であり、メガギラスとの戦いはディメンションタイドのシステムトラブルをリカバリーして発射体制に持ち込むまでの時間稼ぎとしての扱いでしかない。
そしてこの発射に至るまでのシークエンスが、田中美里、谷原章介の熱演、それに大島ミチルの音楽と相俟ってシリーズでも屈指の盛り上がりを見せている。

無駄のないストーリー展開、水没した渋谷の強烈なビジュアル、それに音楽と、作品そのものもシリーズでは上位に来る快作。
伊福部メロディは流れるものの、所謂「ゴジラのテーマ(ゴジラ・タイトル)」ではなく、俗に「ゴジラの恐怖」と呼ばれるフレーズのみなのも異彩を放っている。
女性が主役なのも新機軸だ。

ただ、個人的には田中美里の固い演技は好きではないのだが…。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/14542603/



[PR]
by odin2099 | 2018-02-12 09:10 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ