【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2018年 06月 16日 ( 2 )

これも新作公開に備えてのおさらい。
メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドらが出演したミュージカル映画だ。

e0033570_20223201.jpgABBAのファンというほどじゃないけれど、そのほとんどのメロディーは口ずさめるくらいには好き。
というか世界的に大ヒットした楽曲が多いので、ある程度の年齢の人なら知らず知らずのうちに刷り込まれているのではないかという気がする。

そんなABAAの代表曲でミュージカルを編もうと考えた人は凄い。
また、同じグループのものとはいえ全く無関係に作られた歌を一つのストーリーの中に組み込むのは並大抵の苦労じゃないだろうけど、それをやってのけた人も凄い。

お話そのものは以前に書いたように、主人公ソフィの思惑が外れてあっちこっち彷徨う展開が苦手なのだけれど、それでもゴキゲンなハッピームービーなのには変わりがない。
この映画版を見た後で、劇団四季の舞台版も二回ほど見に行ったけど、こっちもまた見直したいな。
しかし十年経って続編(と同時に前日譚でもあるらしいけれど)が作られるとは思いもしなかったが。

【ひとりごと】
ソフィの恋人スカイ、どっかで見たことあるような?と思っていたが、そうか!
<MCU>の若きハワード・スタークを演じたドミニク・クーパーだったのかあ。
この時は爽やかイケメンだったけど、今はかなり濃い感じ…。

<過去記事>



[PR]
by odin2099 | 2018-06-16 20:26 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
というよりサブタイトル通り、こちらが序章。
物語が直結しているわけではないが、この作品で描かれた幾つかのエピソードやシチュエーションが、あちらへの伏線になっている。

e0033570_19112929.jpg異色なのは登場するキャラクターがほぼ女性限定なこと。
デカレンジャーからはジャスミンとウメコがメインフューチャーされ、主役に。
ギャバンは登場せず、その相棒のシェリー、シャリバンの相棒シシー、シャイダーの相棒タミーが宇宙刑事側の代表。
それに対する悪側もくノ一の紅牙にヘルバイラ、狙われるのも銀河連邦警察の長官ソフィ、と女性ばかり。
ヒーロー物で、これだけ本格的なガールズアクションムービーが作られるのは本邦初だろう。

木下あゆ美菊地美香、森田涼花、桃瀬美咲、川本まゆ、佃井皆美、人見早苗、原幹恵、遊井亮子…と動けるメンバーを揃え、監督は坂本浩一。監督自身にとっても念願の企画だった筈だ。
「スペース・スクワッド」本編は続編が作られたが、こちらの路線も是非継続して欲しい。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/25860832/


[PR]
by odin2099 | 2018-06-16 19:15 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ