【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2018年 07月 03日 ( 1 )

監督がブライアン・デ・パルマからジョン・ウーに交代した「ミッション:インポッシブル」の続編。

前作以上にイーサン・ハントというキャラクターにスポットがあたり、毎度書いてるように「スパイ大作戦」というよりは「007」の如し。
チームワークで事に当たるグループヒーロー物から、単独ヒーロー物へのシフトが顕著で、危険なスタントも自らこなすトム・クルーズの独壇場。

e0033570_19511361.jpg前作からスライドなのはルーサー役のヴィング・レイムスだけなのもトムクルのワンマンショー化に拍車をかけているが、その一方でイーサンに指令を下す役回りで登場するのがカメオ出演のアンソニー・ホプキンスという思わぬ大物。
まあ、そのお蔭でてっきりこの人が黒幕かと思っちゃったけど、最後まで善い人でした。

本作のヒロインはタンディ・ニュートン
これも最初見た時は「さして美人でもないし…」と思っていたけれど、見直す度に好感度アップ。盗んだアクセサリーをおっぱいの間に挟んで持ち出そうとする序盤のシーンから、そのメリハリボディには見惚れてしまう。
最近では「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に出ていたけれど、流石に年齢を感じさせるようになっていたのはちと残念。まあ今は40代半ばだし、この作品に出た頃は20代後半だから当然と言えば当然だけど。

ところでトムクルのアクションは回を重ねる毎に過激になっているが、彼はいつになったら年相応のキャラを演じるようになるんだろう?
実年齢は50代半ばを過ぎたが、未だに30~40代のキャラを演じ続けてる印象だ。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/6576151/



[PR]
by odin2099 | 2018-07-03 19:55 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

by Excalibur
ブログトップ