【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2018年 08月 06日 ( 2 )

これまたロジェ・ヴァディム監督の当時の嫁さん自慢映画で、オープニングがいきなりバーバレラ役ジェーン・フォンダの無重力ストリップ。
衣装を一つずつ取る度に中から文字が飛び出し、これがタイトルやスタッフ、キャストのクレジットを構成。
この文字が微妙に揺れ動いて、バーバレラの身体そのものも巧妙に隠すというのはアイディアもの。

この「見えそで見えない」感が良い。
でも実のところ全部は隠しきれてないというか、意図的にずらしてるのだろうけれど、バストトップもヘアもしっかり見えてしまっていて、このオープニングタイトルだけで元は取れたな、と思う。

e0033570_19304787.jpg続けてバーバレラは大統領からの司令通信を受けるのだが、「服を着ます」という彼女に対し、大統領は「そのままでいい、公務だから」とワケわからん返答をするもんだから、ずっと彼女は全裸のまま。
万事がこの調子で、スケスケの服は着させられるわ、服はビリビリに破かれるわ、ガラス(ビニール?)越しのヌードを披露するわ、クライマックスではセックス拷問マシーンにかけられるわ、と散々。

といってもタイトルバックを除けば「見えそで見えない」感は貫かれているし、全体的にポップでお洒落な演出が施されているので下品な感じはない。それもこれもみんなジェーン・フォンダのエロカワな魅力の賜物。
以前にも書いたけれどお話は決して面白いとは言いかねるので、これは間違いなく彼女のファッションショーを愉しむ映画だ。

そういやこの作品のプロデューサーはディノ・デ・ラウレンティス。後の「フラッシュ・ゴードン」に通じるキッチュさがあるな。
何度かリメイクの企画が上がっているものの実現はしていないが、なかなかハードル高そうだね。

<過去記事>




[PR]
by odin2099 | 2018-08-06 19:37 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
14年ぶりに作られた「Mr.インクレディブル」の続編。

e0033570_19183581.jpg前作ラストで見事に人々を救ったかに見えたパー一家だったが、ビルを壊し街をメチャメチャにしたことで警察から事情聴取を受け、政府からの保護も打ち切られてしまう。
そんな時、スーパーヒーローの大ファンを自認する、通信会社デブテックを経営する富豪のディヴァー兄妹から、ヒーロー復権を目指すミッションの依頼が舞い込む。その申し出に張り切ったボブだったが、指名されたのはイラスティガールことヘレンだった。
ヘレンがヒーロー活動に勤しんでいる間、難しい年ごろのヴァイオレットやダッシュの相手や、慣れない育児に悪戦苦闘のボブ。一方ヘレンの前にもスクリーンスレイヴァーと名乗る謎の存在が立ちはだかり、やがてその陰謀の魔の手はヘレンだけではなく、パー一家全体にも及んでいく…!

ということで、14年ぶりではあるものの前作ラストに直結してスタート。
なので出来れば前作を見ておいた方が良いのだけれども、もし見ていなくてもそれほど支障はないかな。
レギュラーメンバーもそのままで、赤ちゃんのジャック・ジャックが今回いよいよ能力開眼!
あれ?って思ったけれど、前作では家族の見てる前では能力使ってなかったっけ?

e0033570_19184612.jpg今回はイラスティガールが単独で活躍するシーンも多く、実質的にヘレンが主役。
といってもボブが目立たないわけではなく、見せ場がきちんと割り振られている。そして最後は家族が一致団結して難局を乗り越えるという王道展開。
2時間近い上映時間は相変わらずやや長いかなと思わないでもないけれど、ヘレン萌えの自分としては満足。イラスティガールに二度惚れした。

強敵(?)アンダーマイナーとの決着はまだついていないので、次回作があると嬉しいし、それとは別に若い頃のイラスティガールを主人公にしたスピンオフも見てみたい。
まあその暁にはタレント吹替は排して欲しいけれどね。

この作品、ピクサーの長篇映画としては20本目になるらしい。
そのうち自分が見てるのは……7本だった。多いのかな、少ないのかな?



[PR]
by odin2099 | 2018-08-06 19:22 |  映画感想<マ行> | Trackback(1) | Comments(2)
ブログトップ