人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2019年 05月 18日 ( 1 )

e0033570_22545227.jpg将来を嘱望される身でありながら故郷で藩命とはいえ自ら友を斬る羽目になり、その妹である婚約者を捨て脱藩し、江戸へと流れてきた坂崎磐音は、鰻屋で職人として働く傍ら両替商の用心棒も務め、やがて長屋の大家やその娘からも信頼されるようになる。
そんな折、幕閣を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれてしまう。世話になった大切な人たちを守るため、磐音は否応なしに剣を手に立ち上がる。

佐伯泰英の人気時代小説シリーズの映画化作品で、主演は松坂桃李。
共演は木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、谷原章介、中村梅雀、柄本明。
監督は本木克英。

松坂桃李は「侍戦隊シンケンジャー」でデビューして十年。
そのタイミングでオファーされた”侍”という役どころに運命的なものを感じたとのことだが、平素は温厚で人当たりが良く、時に頼りなく見られて周囲から何かと気に掛けられるものの、ひとたび剣を取れば無双、というキャラクターを好演している。

e0033570_22543362.jpgただ松坂桃李にチョンマゲ姿(というか月代姿)が意外に似合わないことと、物語が前半で描かれる”哀しい過去”と、後半の”現在進行形の陰謀劇”に分断されてしまっているのが惜しい(そして個人的には柄本明のオーバーアクトが作品のトーンを乱し気味なのも気にかかる)。

原作での幾つかのエピソードを取り込んだからなのだと思うが、例えば過去の悲劇の背後にあったものが、現在の事件に直接間接問わずとも影響を与えている、関係があるということであったならば、素直に物語を追えたのかな、とも思う。

勿論それでは原作を離れた全く別の物語になってしまうであろうことは承知の上での、言っても詮無い戯言の類ではあるのだが、なまじ全体の雰囲気が良いだけに、ついつい無いものねだりをしてみたくもなろうというものだ。

原作小説は全部で51巻あるそうで、更に外伝や後日談もあるとのこと。当たれば続編のネタには事欠かなそうだし、”過去編”の悲劇にも何やら今回は触れられていない裏もありそうだ。
はたして令和の世に新たな時代劇ヒーローの誕生となるだろうか。



by odin2099 | 2019-05-18 23:02 |  映画感想<ア行> | Trackback(4) | Comments(4)
ブログトップ