人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2019年 06月 06日 ( 1 )

2014年公開の「GODZILLA」の続編で、「キングコング/髑髏島の巨神」に続く<モンスターバース>の第3弾。

e0033570_21100221.jpgあれから5年、その存在が公になった秘密機関モナークは、怪獣の存在を秘匿していたと世間から非難され、存続が危ぶまれる事態に陥っていた。
その頃中国のモナーク基地では、エマ・ラッセル博士と娘のマディソンが孵化した幼虫のモスラとのコンタクトを試みていたが、環境テロリストのアラン・ジョナが率いる部隊が基地を襲撃、ラッセル博士母子と怪獣とのコンタクトを可能にする装置オルカを強奪する。
報せを受けた芹沢猪四郎博士らは、かつてモナークのメンバーであり、オルカの開発者でもある元夫のマークに協力を要請する。

今度はゴジラだけじゃなく、モスラにラドン、キングギドラ(モンスター・ゼロ!)をはじめ十数体の怪獣が登場。その中には名前だけだがコングもいる。
「三大怪獣地球最大の決戦」どころか「怪獣総進撃」並みの大盤振る舞いだ。
「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」の影響も感じられる。

唐突に出てくる芹沢博士の潜水服姿に、まさかまさかのオキシジェン・デストロイヤー。
他にもどこかで見たような絵が頻繁に出てくるあたり、監督は相当ゴジラ映画を研究したことが窺える。
ゴジラの鳴き声もオリジナル版に近づき、伊福部メロディ付きでの登場。
それもいわゆる「ゴジラのテーマ(「ゴジラ」タイトル)だけでなく、俗に「ゴジラの恐怖」と呼ばれる旋律も伴って。

e0033570_21102683.jpgそれだけではない。
モスラ登場シーンは、あの 古関裕而作曲の「モスラの歌」まで流す念の入れよう。
あちらこちらに東宝怪獣映画へのオマージュを散りばめるなんざ、この監督、ただのヲタクではない。
相当”わかってる”御仁だ。

ただ各方面のゴジラファン、怪獣マニアの同志たちを唸らせているのとは対照的に、個人的にはどうも今一つ。
これって前作「GODZILLA」の時と同じような状態。
お話が面白くないとか、その展開に納得がいかないというのとは違うレベルで何だかもどかしい。
上手い表現が思いつかないのだが、「これじゃない感」がどうしても払拭できないのだ。

せっかくの伊福部メロディも、妙なアレンジやSEとのバランスの悪さで耳に(心にも?)響いてこないし、4大怪獣の激突を謳いながらもモスラとラドンの出番の少なさ(加えるならばモスラとラドンの偽物臭さ)はガッカリだし、そもそもゴジラとキングギドラ(この呼称は吹替版のみ?)の強さに説得力が乏しい。
派手さは十分に堪能できるものの。

これで次はいよいよゴジラとキングコングの頂上決戦だが、はたしてコングがそのゴジラやギドラ以上に強さを発揮できるのだろうか。
またラストシーンを見る限り、あの環境テロリストとやらが引き続き暗躍するのかもしれないが、あまり大きなスケールにはなりそうもない予感がする。
<モンスター・バース>の行く末がほんのちょっぴり心配…。

【ひとりごと】
例によって吹替版を鑑賞したが、素人演技には慄然。
その中には何のコネだかゴリ押しだか知らないが、アニメも含めると9本目くらいになる人もいるのだが、一向に上達の気配が見られない。
オファーする方もする方だが、受ける側の事務所も本人の適性をもっと考えて欲しいもんである。
逆に当人の価値を落とす結果に繋がってはいまいか?



by odin2099 | 2019-06-06 21:18 |  映画感想<カ行> | Trackback(6) | Comments(4)
ブログトップ