人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2019年 06月 13日 ( 1 )

月の刑務所から凶悪犯ボリスが脱獄。エージェントKの前に姿を現し、「お前は過去で死ぬ」と言い残して姿を消した。Jは本部のデータベースで、かつてKがボリスを逮捕し地球の危機を救ったことを知るが、それ以上は機密扱いになっていた。
翌日MIB本部へ出勤したJは、誰もKのことを知らないことに混乱する。亡くなったZに代わる新任のエージェントOからKは既に死亡していていることを聞いたJは、ボリスが過去を改変したことに気付く。
Kを救うべくJは自らも過去の世界へタイムトラベルを試みるが、その前に姿を見せたのは若かりし頃のKだった。

e0033570_21494703.jpg「MIB」シリーズの3作目。
これまでは事件が起こり、それにJとKのコンビが立ち向かうというパターンだったが、今度は彼ら自身が物語の中心。しかも迷コンビの本当の絆が試されるという新機軸。これがなかなか愉しめた。

というのも若きエージェントKを演じるジョシュ・ブローリンが出色。
吹替版だと現在と過去、どちらのKも谷口節が担当していることもあるのだが、トミー・リー・ジョーンズとの二人一役にかなりの説得力が。

正直言って前2作はちっともノレなかったのだけれど、今回はイケる。
過去と現在、両方のKとJ役のウィル・スミスとのコンビネーションも、実に「らしい」ものになっていて、こういう展開ならシリーズの続行もアリだな。

しかしもう一人過去と未来の両方が出てくるエージェントOは…。
エマ・トンプソンの若い頃がアリス・イヴっていうのは、ちょっと盛りすぎでは…?



by odin2099 | 2019-06-13 21:53 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ