人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2019年 07月 16日 ( 1 )

e0033570_22025794.jpg人類は核戦争で自滅し、生き残った人たちは月面のナチス基地で細々と生き延びていた。そして30年の歳月が流れ、今やエネルギーは枯渇し、彼らは滅亡の瞬間を迎えていた。そんな時、死んだ筈の月面総統により恐るべき事実が語られる。

彼らは太古の昔に地球へ辿り着いた宇宙人で、遺伝子操作で人類の誕生に関与し、その歴史に裏から干渉していたというのだ。そして地球は空洞であり、地下都市アガルタに彼らは今なお君臨している。

そのアガルタにあるエネルギーを確保できれば、人類は生き延びることが出来るかもしれない。
人類の存亡をかけて極秘のミッションが開始された。

主人公は前作のヒロインであるレナーテ・リヒターと、彼女と結ばれたジェームズ・ワシントンの娘オビで、前作からはレナーテ役のユリア・ディーツェと、米国大統領役のステファニー・ポール、コーツフライシュ総統役のウド・キア(その兄であるアドルフ・ヒトラーとの二役)が続投。

それにしても今回は大風呂敷広げ過ぎ。
前作のナチスの総統もアメリカ大統領もレプタリアンで、アミンもスターリンもサッチャーもプーチンも毛沢東も金正恩もカリグラもオサマ・ビンラディンもスティーブ・ジョブズもみーんなみんなレプタリアンというのはチトやり過ぎ。

宣伝文句には「ナチスが恐竜に乗って攻めて来たッ!!」とあるが、もはやナチスなんてどうでも良いレベルになっている。まあ地下王国には恐竜さんがウジャウジャいるので、その点は間違ってないですが。

そして人類創世の頃にレプタリアンが、というのもスケールでっかくて悪くはないのだが、前作にあったカルチャーギャップをネタにしたバカバカしい笑い、政治批判やブラックジョーク、呆れるようなくだらなさというものが影を潜めてしまった。
コメディというよりもただの”トンデモSF”になってしまい、前作ほど愉しめなかったなあというのが率直な感想だ。

何やら3作目は中国がフィーチャーされるという話もあるし、今回のラストシーンからすると火星でひと悶着ありそうな感じだが。



by odin2099 | 2019-07-16 22:06 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
ブログトップ