人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

2019年 08月 07日 ( 2 )

e0033570_19045362.jpg「アルキメデスの大戦」を見たら、山崎監督のもう一つの「ヤマト」の物語も久しぶりに見てみたくなった。

公開から9年も経つし、何度も見直してるつもりでいたけれど、きちんと見るのはこれが3回目か4回目?
最後に見たのがTV放送の時だとすると7年ぐらい前。意外と覚えていないものだ。

改めて見るとヤマトの艦内も地下都市、防衛軍司令部もチャチい。
滅亡寸前の人類が細々と暮らしているんだからリアルっちゃあリアルなのかもしれないけど、なんか貧乏臭い。
これが邦画の限界なんだろうなあ。

そしてこの作品の古代進と沖田艦長には徹底的に共感出来ない。
こんな艦長と戦闘班長の元で働くなんざご免だねえ。

あれ、結局この映画、嫌いなのかな。
良い役者さんも出てるし、見るべき点はあるんだけど。

<過去記事>



by odin2099 | 2019-08-07 19:11 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_18402686.jpg「ヤングマガジン」誌上に連載されている三田紀房による漫画を、山崎貴が映画化。

出演は菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろしら。
撮影後に急逝した角替和枝に捧げられている。

第二次大戦秘話ではあるが、戦争映画というよりはミステリー・サスペンス物やコン・ゲームの趣きもある異色のドラマで、菅田将暉が「仮面ライダーW」のフィリップを彷彿とさせる変わり者の天才数学者を好演。
柄本佑が彼との絶妙なコンビネーションぶりを見せ、清楚で可憐ながら芯の強いヒロインを演じた浜辺美波が作品全体に花を添える。

e0033570_18403763.jpg戦争を回避すべく巨大戦艦建造を阻止しようと奮闘するものの、結局は組織の一部に取り込まれ、戦争へ加担せざるを得なくなってしまったラストシーンでの主人公の姿に、言い知れぬ無常感を覚える。

彼の信念、そしてその彼に想いを託した人たちの望みは叶えられなかったのか。
原作は未完だが、そちらではどのような選択をし、どのような結末を迎えるのかに興味が湧いてきた。




by odin2099 | 2019-08-07 18:45 |  映画感想<ア行> | Trackback(2) | Comments(2)
ブログトップ