【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

カテゴリ: 映画感想<サ行>( 400 )

クリスマスなのでクリスマスらしい映画を一本。
サルキンド父子が「スーパーマン」三部作と「スーパーガール」に続いて送る”スーパーヒーロー・シリーズ”第5弾。
この作品と前の「スーパーガール」が期待通りの成績を上げられなかったので、サルキンド父子は「スーパーマン」の映画化権を手放し、だから「スーパーマン4」はキャノンで作られたという曰く付きの一篇。

e0033570_10052967.jpg前半がサンタクロース誕生秘話で、後半が現代を舞台にしたドタバタコメディ。
サンタに憧れ色々と頑張るものの、やり過ぎでクビになってしまう妖精パッチ、欠陥商品を売ったことで窮地に立たされたオモチャ会社のオーナーB・Z、孤児の少年ジョーと両親を亡くしB・Zに育てられた少女コーネリアとの交流を描く後半は、ともすればサンタの存在が霞んでしまうのだけれども、まあまあ愉しいクリスマス・ムービー。

今回DVDで見たのだけれども、日本語吹替が収録されていないのが残念。当時劇場でも上映された由緒正しい(?)豪華キャストなのに。
他にもテレビ放映時に新録したヴァージョンもあるらしいので、両方を搭載したBlu-rayの発売を希望!

<過去記事>



by odin2099 | 2018-12-24 10:09 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

e0033570_09345665.jpg前作で大親友となったラルフとヴァネロペ。しかし単調だけど安定した毎日に満足しているラルフと、外の世界の刺激を求めるヴァネロペの気持ちはすれ違うようになっていた。
そんなある日、「シュガー・ラッシュ」の世界が壊れてしまう。ゲームを製作した会社は今はなく、修理に必要な部品はインターネットのオークションでしか手に入らないと知ったラルフとヴァネロペは、接続されたばかりのインターネットの世界へ。そこは二人がこれまで体験したことのない煌びやかで華やかな世界だった。
早く元の世界へ帰りたいラルフ。しかしヴァネロペはこここそ自分のいるべき世界だと感じ始めて…。

友達といえども同じ夢を共有しているわけではない、というちょっとほろ苦な結末を迎えるのには少々驚いたが、物理的な距離は無に等しいネット世界の特色を活かしたという点ではイマドキなハッピーエンドと言えそう。さて、続編はあるのかな?

それとは別にディズニー及びディズニー傘下のプロダクションのキャラクターが大挙して出てくるのが今回の売り。
ソニック・ザ・ヘッジホッグやザンギエフ、春麗らのゲームキャラも前作に引き続いて出てくるが、白雪姫(パメラ・リボン*/小鳩くるみ)、シンデレラ(ジェニファー・ヘイル*/鈴木より子)、オーロラ(「眠れる森の美女」ケイト・ヒギンズ*/すずきまゆみ)、アリエル(「リトル・マーメイド」ジョディ・ベンソン/小此木まり*)、ベル(「美女と野獣」ペイジ・オハラ / 平川めぐみ*)、ジャスミン(「アラジン」リンダ・ラーキン/麻生かほ里)、ポカホンタス(アイリーン・ベダード/土居裕子)、ファ・ムーラン(ミン・ナ/すずきまゆみ)、ティアナ(「プリンセスと魔法のキス」アニカ・ノニ・ローズ/鈴木ほのか)、ラプンツェル(マンディ・ムーア/中川翔子)、メリダ(ケリー・マクドナルド/大島優子)、アナ(クリステン・ベル/神田沙也加)、エルサ(イディナ・メンゼル/松たか子)、モアナ・ワイアリキ(アウリイ・クラヴァーリョ/屋比久知奈)とディズニープリンセスがズラリ勢揃い(*印以外はオリジナルヴォイスキャスト!)。一人だけピクサー出身者がいるけれど、それもネタに落とし込んでくるのが凄い。

他にも「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤー(ティム・アレン/所ジョージ)、「くまのプーさん」のイーヨー(ブラッド・ギャレット/石塚勇)、「スター・ウォーズ」のC-3PO(アンソニー・ダニエルズ/岩崎ひろし)やストームトルーパー、R2-D2、ダンボ、ベイマックス、アイアンマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のグルートなどなど出てくる顔触れは枚挙に暇がない。
プリンセス以外はストーリーの進行に絡んでこないカメオ出演だが、その登場場面に流れてくる音楽も含め「ディズニー、ここまでやる?」のコピーはダテじゃなく愉しさに満ち満ちた作品。
そして最後に前述のようにホロっとさせられる場面も用意され、更にエンドロールの最後にもオマケ映像が付くので場内が明るくなるまで席を立たないこと。



by odin2099 | 2018-12-23 09:40 |  映画感想<サ行> | Trackback(1) | Comments(0)
例年通り今頃の公開だったらはたして評価は変わっていただろうか?

不評を買った理由の一つに、「最後のジェダイ」からあまり間を開けずに公開されたことで「またスター・ウォーズ?」という厭世気分があったのは間違いないだろうから、おそらく「最後のジェダイ」から一年後だったならそこまでボロクソには言われなかっただろうとは思う。
逆に一年なり二年なり「スター・ウォーズ」が公開されない年があったとしたら、もしかすると絶賛、とまでは行かなくてもだいぶ好意的な評が寄せられたような気もする。

とはいうものの、個人的にはやはり手放しで評価することはなかったろう。
一本の独立したSFアクション映画としてなら及第点はあげられるかもしれないが、これは天下の「スター・ウォーズ」。「スター・ウォーズ」として見ようとすればするほど不満点が続出してしまう。

e0033570_22333084.jpgディズニー体制下になってあっけなく殺されてしまったハン・ソロ。
そのハンの若かりし頃を捏造なんて、古参のファンからすればキャラクターに対する、そして原典たる<クラシック・トリロジー>に対する冒涜行為以外の何ものでもないだろうし、チューバッカは良いとしても、ハンにもランド・カルリジアンにも見えないキャラがミレニアム・ファルコンに乗り込んでる様は見ちゃいられない、という気持ちにもなろう。

それに明らかに続編を意図した終わり方。
あの後キーラはどうなったのか(ロクな死に方はしてない気がする。良くてハンを庇って死ぬとか)、唐突に出てきた”死んだ筈”のダース・モールは何なのか。投げっぱなしである。

ハンとチューイとの出会い、如何にしてランドと知り合いミレニアム・ファルコンを手に入れたか、そしてジャバ・ザ・ハットの仕事を請け負うようになった経緯、それだけわかれば良いというのならともかく、色々と物足りないことだらけなのだ。

「ローグ・ワン」のようにラストが「新たなる希望」に直結するでもないこの「ハン・ソロ」は、<スター・ウォーズ・サーガ>の中では特に重要視されることもない、ハッキリ言って「見ても見なくても良い作品」として、いずれカノン(正史)からレジェンス(外伝)に格下げされるのではないかと危惧してしまう(まあそうはならないだろうが)。

この作品がコケたせいで、今後の「スター・ウォーズ」映画化プランは見直しを余儀なくされ、スピンオフの「ボバ・フェット」は没、「オビ=ワン・ケノービ」は凍結というところらしい。
ファンとしては淋しい限りだが、次回作は来年の今ごろに公開されるであろう「エピソード9」。
新三部作の完結編という位置付けなだけに期待も高まるが、今度は公開まで一年半空くのだから逆に飢餓感を煽ってヒットしてくれれば、と願っている。

【ひとりごと】
正直ハン・ソロの若かりし頃のイメージは、今じゃレジェンス扱いのこの<ハン・ソロ三部作>で固まってるんだよなあ。
e0033570_22330720.png

<過去記事>



by odin2099 | 2018-12-15 22:38 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20131726.jpgTVシリーズ「戦国魔神ゴーショーグン」をベースにした劇場版。
といってもよくある総集編ではなく、シリーズから二つのエピソードをチョイス。
それに他のエピソードのシーンや新作カットを加え、「なんとなくゴーショーグンってこんな作品かな」気分を味わえるというファン向けのイベント作品。

実際この作品だけ見ても「ゴーショーグン」がどんな作品なのかはチンプンカンプンだろうけど(自分もその一人)、それでも「ああ、楽しかった」と感じて映画館を後に出来る、なかなか稀有な作品である(贔屓の引き倒し?)。
なんか急に見たくなってDVDを引っ張り出してきたが、このセンス、なかなか色褪せない。

ちなみに劇場版のタイトルもTV同様「戦国魔神ゴーショーグン」となっているけれど、実際にスクリーンに映し出されるタイトルは「Goshogun」
「伝説巨神イデオン」→「THE IDEON」とか、この時期にはこういうアレンジも色々あったなあ。
他作品との差別化や付加価値を高める戦略の一端かな。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-12-03 20:17 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_20042787.jpgG12サミット開催を目前にし、イギリスは大規模なサイバー攻撃を受けてしまう。現役スパイの情報も漏洩してしまったため、MI7は引退したエージェントを招集。そして選ばれたのは今は教師として隠遁生活を送っていたジョニー・イングリッシュだった。
かつての部下ボフを呼び戻したイングリッシュは、ハイテク装備を拒否しアナログで任務に挑む。その捜査線上に浮かび上がったのがアメリカのIT長者ヴォルタ。だが首相はイングリッシュの言葉に耳を傾けないどころか彼をイギリスの救世主と崇め、サイバーセキュリティの担当者にしようとするのだった。

「ジョニー・イングリッシュ」は大ヒット、「ジョニー・イングリッシュ/気休めの報酬」はアメリカでこそ大コケしたらしいが全世界的には前作並み、ということでめでたく実現したシリーズ第3弾。
今回も安定したベタなギャグが満載。どういうオチがつくか先が読めるのだけれども、それでもあまりのバカバカしさについついニヤニヤしてしまう。

そして英国首相役のエマ・トンプソンと謎の女オフィーリアを演じたオルガ・キュリレンコが良い。
「慰めの報酬」で本家007シリーズのボンドアクトレスだったのが10年前。とてもアラフォーには見えないキュート&セクシーさ。こりゃイングリッシュならずともメロメロになってしまいそう。
また1作目のパートナーだったベン・ミラーが、再びイングリッシュの相棒に復帰してくれたのも嬉しい。

引退したとはいえ、今回のようにいつ何時非常呼集が掛るかもしれないのが国の英雄、女王陛下のエージェント。この調子で4作目、作って欲しいもんだ。



by odin2099 | 2018-11-27 20:06 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_07481093.jpgイウォークを主人公にした<スター・ウォーズ>のスピンオフ映画第二弾。
前作「イウォーク・アドベンチャー」同様テレビ映画だが、日本などでは劇場公開されている。

DVD化の際に改題され、現在は「スター・ウォーズ/イウォーク・アドベンチャー~決戦!エンドアの森~」が正式タイトル(の筈)。
ただ今は<カノン(正史)>ではなく<レジェンス(番外編)>扱いになっている模様。

両親とはぐれた兄と妹がイウォークたちと知り合って大冒険を繰り広げる、という前作は<スター・ウォーズ>としては兎も角、ファンタジー映画として愉しむ余地はあったものの、本作は冒頭で両親と兄があっけなく殺されるという波乱の幕開け。
子供向けの映画なのに、なんでこんな残酷なお話なのかなあ。

e0033570_19345947.jpgその後もそれなりにユニークなキャラクターは出てくるものの、悪役には全く魅力がないし、お話そのものも全体的に低調。<スター・ウォーズ>映画の中で一番詰まらないのはこの作品だろう。
公式に「なかったこと」にされたのは、<スター・ウォーズ・ユニバース>にとっては幸いなことなのかもしれない。

【ひとりごと】
ノア老人の、行方不明になった友人サラクというのが悪の親玉テラク卿の前身かと思いきや、そんな捻りもなく普通にテラクの犠牲になっていた、というのはあっけない。

ちなみにヒロインの少女シンデルは、<レジェンス>の世界ではエンドアを離れた後、長じてコルサントでジャーナリストとして活躍した、というストーリーが用意されてるらしい。なんだかなあ…。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-11-23 07:51 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
もうすぐ続編公開(日本では一カ月後)の「シュガー・ラッシュ」、つい最近見たような気になっていたけれど、映画館で見たのはもう5年も前だったんだな。

e0033570_20554352.jpg主人公はラルフとヴァネロペのコンビ、という印象が強いけれど、実は約100分の映画の中でヴァネロペが出てくるのは始まって30分くらい経ってから。そこからは出ずっぱりだからバディ物のイメージが付いているのだけれども三分の一ぐらいはラルフの独り舞台。それにフェリックスの出番も結構多い(原題は”Wreck-It Ralph”、「壊せラルフ」って意味だから最初から主人公はラルフなのだ)。


ゲームの世界が舞台ということで、オープニングのウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのロゴがドット絵になっていたり、映画の終わりに出てくるウォルト・ディズニー・ピクチャーズのロゴがゲームキャラに乗っ取られていたりと遊び心に満ちた作品で、久しぶりに見直しても十分に楽しかったのだが、なんだかんだで結局ラルフが終始悪者扱いされてるような展開な点だけは納得いかない。
ラルフがいい奴ですぐに反省するから丸く収まってるけど、ヴァネロペもフェリックスもきちんとラルフに謝れよ。

【ひとこと】
ラルフが水中(?)に潜ってるシーン、呼吸音がダース・ヴェイダーだ。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-11-22 21:02 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
1作目は2003年、この2作目は2011年、そして間もなく公開の最新作は2018年と息の長いシリーズに。
このペースで行くと2024年か25年に4作目の公開もあり得る?

e0033570_21140739.jpg結果オーライで前作でヒーローになったイングリッシュ。しかしというべきかやっぱりというべきか、次なる任務で大失態を犯してクビに。ところがそこにMI-7から緊急呼び出しが。

ということで再び最前線にカムバックすることになったものの、やっぱり相変わらずのドジ、マヌケ。
でも実のところイングリッシュの身体能力は決して低くはなく、かなりの技量持ちであることは前作から所々で描かれてきた。なので今回も結果的に大活躍となるものの、それは必ずしもまぐれではない。

しかし”Johnny English Reborn”という原題がなんでこんなヘンテコな邦題になったかというと、<007シリーズ>に「慰めの報酬」という作品があったからだが、その時のボンド・アクトレス=オルガ・キュリレンコは次回作のヒロイン。
で、本作のヒロインであるロザムンド・パイクは<007シリーズ>の「ダイ・アナザー・デイ」のボンド・アクトレスだったりする。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-11-08 21:20 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
新生<スター・トレック>の第三弾。
前作ラストで調査飛行に旅立ったエンタープライズ号のその後の物語。
前作前々作ではギクシャクしていたメインクルーたちも、今はすっかり家族の一員といった雰囲気。
ところがエンタープライズ号は最大の危機を迎え、クルーたちは散り散りバラバラ。
そんな中でのサバイバル劇を描いている。

e0033570_12373815.jpgカーク、スポック、マッコイのトリオが中心にはなるものの、ウフーラもスコットもスールーもチェコフもその他大勢にはならず場を盛り上げてくれる。
既に出来上がったメンバーの安心感、安定感のあった旧TOSクルーとは違い、現在進行形の、この先どんな化学反応を見せるかわからない不確定要素に満ちた新クルーたちだが、少しずつ築き上げてきた絆の強さを再認識させてくれる物語になっている。

ラストシーンでは新エンタープライズ号を与えられ、船を下りる決断をそれぞれ撤回したカークとスポックを含めたクルーたちの次なる冒険を早く見せて欲しいところだが、前述の通り何通りかのプロットは用意されているものの契約問題がこじれてペンディング状態なのがもどかしい。
このまま打ち切り、立ち消えにならず何とか再開に漕ぎつけられないものだろうか。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-10-28 12:41 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
ネタ切れが目立つハリウッド(だけじゃなく日本でもだけど)では昨今リメイク、リブートが流行っているけれど、なかなかオリジナルを越えることは難しいようで。
技術的には過去作を凌駕することが出来ても旧作には「思い出補正」もかかるし、昔のままでは古臭いし、かといって新しくし過ぎると別物になっちゃうし、となかなかハードルは高い。昔の俳優さんと今の俳優さんとの資質やら何やらの違いも大きいだろうしね。

そんな中での成功例と言えるのがこの「スター・トレック」じゃなかろうか。
これまでのお話が「なかったこと」にされているわけではないので、厳密に言えばリセットではなくパラレルワールドということになるんだろうけど、その為に「旧作との地続きでもある」という部分がある種の免罪符になっているのかもしれない。
その第二弾がこれ。劇場版「スター・トレック」としては通算で12作目となる。

e0033570_18164139.jpg本作のヴィランはあのカーン。ベネディクト・カンバーバッチがこの超人類を実に憎々しげに演じている。
ということで劇場版第二作である「スター・トレック2/カーンの逆襲」を彷彿とさせるシーンもでてくるが(カークとスポックの選択と、それに伴う運命が逆転しているのも面白い)、公明正大・規則順守のはずのスポックがカンニングまがいの行動に出るのは如何なものか。

また旧作のカーンと本作のカーンは、共通点よりも相違点の方が多いので、はたして老スポックに助言を求めても役に立ったのかどうかは疑問。それよりブリッジにいたメインクルーに老スポックの存在が知れても良かったのだろうか、という点にも疑問符が付く。

ウフーラの出番が若干減り、本作ではキャロル・マーカスがヒロインを務める。演じるアリス・イヴはなかなかキュートで、セクシーな下着姿も見せてくれるのはサービスサービス。カークとはちょっと良い雰囲気に?
このキャロルも「カーンの逆襲」に登場したキャラクターで、かつてカークと恋仲になり、密かに彼の息子を出産、育てていたという設定だった。今後こちらのキャロルもカークとの仲が進展するのかと思っていたが、続く第三弾に彼女の出番はなく残念。第四弾以降で復活はあるのだろうか。

で、その第四弾、カークが時間を遡り亡き父ジョージと会うストーリーとのことだが、肝心のカーク役のクリス・パインとジョージ役のクリス・ヘムズワースとの契約が決裂したようで先行きは不透明。
他にもクエンティン・タランティーノの脚本・監督とされているストーリーなど複数のプロットが動いてるようだが、シリーズ再開はいつになることやら。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-10-21 18:22 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ