【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

カテゴリ: 映画感想<タ行>( 298 )

「屋根裏の散歩者」に続いて江戸川乱歩作品を実相寺昭雄が監督。
明智小五郎役は引き続き嶋田久作が務めている。

e0033570_19153280.jpg古本屋の女将・時子は美術品の修復を生業としている蕗屋清一郎を訪ね、伝説の責め絵師・大江春泥の「不知火」の贋作を依頼する。見事にその期待に応えた蕗屋に、時子は更に幻の作品である「明烏」の贋作をも依頼する。だが見本もない状態では流石の蕗屋も苦しみ、時子が用意したモデルを前にしても一枚も描けない。が、ふと鏡に写ったモデルの衣装を着た自分の姿に閃き、見事に「明烏」を完成するのだった。

しかし完成した絵を届けに行った蕗屋は、春泥の絵のモデルが若かりし頃の時子自身だったことを知り衝撃を受ける。そして時子が他殺体となって発見された。第一発見者である古書店の従業員が容疑者として逮捕されるが、警察は今ひとつ確証が持てない。そこで探偵事務所を営むことになった明智小五郎に声が掛るのだが…。

天才贋作家の倒錯的な人物像を真田広之が怪演。物語のキーパーソンとなる古本屋の女将に吉行由実、それに岸部一徳、六平直政、寺田農、堀内正美、東野英心、広瀬昌亮、岡野進一郎、原知佐子といった個性的な面々や、実相寺組としてお馴染みの顔触れが並んでいる。そしてモデル役の大家由祐子が初ヌードを披露。
倒錯的と言えば明智の助手である小林少年は女優の三輪ひとみが演じているが、ラストにはその小林芳雄が女装する(?)シーンもある。

最初から誰が犯人かは明らかになっているし、犯人像を絞り込む明智の推理も意外にあっさりしているので謎解きの妙味は味わえないが、その分真田広之ファンにはたまらない作品だろう。ただただ真田広之の所作、佇まいを愉しむ作品と言い切っても良いかも知れない。
しかし「乱歩×実相寺」ということで、作られた瞬間からカルト化は必至。見る人を選ぶ作品であることも間違いないところである。



by odin2099 | 2019-01-19 19:18 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
<ジェームズ・ボンド>シリーズの第3弾、シリーズのフォーマットはこれで決まり。

e0033570_21562727.jpg本作の悪役ゴールドフィンガーは早々に登場し、しかも最初はボンドにおちょくられるなど”強敵”とは程遠い軽さが気になるのですが、片腕である不気味な殺し屋オッドジョブが出てくると画面が締まり、段々とゴールドフィンガー自身の怖さも増してきます。
ただ今回はバックにスペクターはいないようなので、得体のしれない強大な敵という雰囲気には最後までならなかったですね。
小細工を弄し、最後も「策士策に溺れる」という感じなのも彼らしいと言えるでしょうか。

ボンドガールとしてはまずジルとティリーのマスターソン姉妹が出てきますが、何れもあっけない最後。その前のアバン部分にもダンサーの女性が出てきますが、ボンドとちょっと良いムードになっただけで退場してしまいます。
真のヒロインは中盤から登場するプッシー・ガロワですが、彼女は男嫌い(かといって同性愛者だという描写もありませんが)。その彼女がボンドの”男の魅力”に屈してゴールドフィンガーを裏切り、そして事件を解決へ、という流れは以前も書きましたけど納得いきませんねえ。

ところで今回のボンドは何度かかなり危機的な状況に追い込まれますが、その都度CIAのフェリックス・ライターには「いつものように酒か女遊びだ」ぐらいにしか取り合ってもらえないという、ヘンなハラハラドキドキのシークエンスが何度かあるのだけれども、信用ないんですねえ。
途中で消息絶っても、Mでさえ本気で心配していませんし。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-12-30 21:59 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_21245595.jpg<東映まんがまつり>上映用に作られた劇場作品。
劇場公開日は第7話が放送されていたが、監督が同じな為おそらく1~2話と同時期に撮影されたものと思われる。

ゴズマの大規模作戦にタイムサスペンスを盛り込み、まだ番組開始直後でありながらも電撃戦隊のメンバーの個性を活かそうとしている娯楽編。特にチェンジグリフォンに変身する疾風翔のキャラクターは、この時点で既に固まっているようだ。

<まんがまつり>版の<スーパー戦隊>作品は、シリーズ開始直後に製作されることも多く、また初期作品を除けば予算もスケジュールもTV並みなせいか派手さや豪華さに欠ける面も見られるが、そんな作品群の中にあっては秀作である。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-11-20 21:30 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_21320905.jpgミスニーという少女の保護を依頼されたWWWAのケイとユリ。しかし彼女たちが到着した時には既に依頼人は何者かに殺害されており、少女も行方不明となっていた。
その二人の元に、ミスニーは”ノーランディアの森”に逃げ込んだという情報がもたらされる。手掛かりを求めて森へ入った二人だったが、そこで彼女たちは奇妙な幻覚に襲われる。

TVアニメシリーズの後を受けて製作されたOVAで劇場公開もされた。
スタッフはTV版とは別だが、主役二人のキャスト(頓宮恭子と島津冴子)は続投。キャラクターデザインもTV版と同じ土器手司だが、安彦良和の原作挿絵に近い雰囲気に再アレンジされている。

原作者の高千穂遙の承諾なしに企画・制作が進められたという曰く付きの作品だが、TV版でオミットされたケイとユリの超能力(クレアボワイヤンス=千里眼)やユリの扱うブラッディカードなどの設定が復活し、皮肉なことにより原作の雰囲気に近くなっている。バッドエンドながらあっけらかんとしたラストシーンも原作っぽい。

今回三十年ぶりに見直してみたけれど、肝心のお話はサッパリだし、音楽も安っぽい。
けれども原作にもTVにもなかったケイとユリのヌードシーンが、何故かふんだんに盛り込まれているので違った楽しみ方も出来そう。



by odin2099 | 2018-11-16 21:38 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
<平成ガメラ>三部作の第二作。
e0033570_21571985.jpgSF映画としてもさることながら、ミリタリー映画としても秀作。
それを危険視したり危惧する人も少なからず存在するが、映画というフィクション世界をそこまで規制するのは如何なものか。
単純に格好良いものに憧れ、迫力ある場面に高揚感を覚えることは罪なのだろうか。

序盤から畳みかける展開は、何度見ても熱くなる。
実のところ後半の一大攻防戦では、音楽の盛り上げ方が今一つだなと感じる場面や、自衛隊の戦闘状況が指揮所での会話で進められるという、リアルではあっても些か地味な表現に物足りなさを感じはするものの、やはりこの作品は単に怪獣映画のみならず、邦画界にあっての一つの到達点と言えそうだ。

嫌味がなくかつ個性的な演技陣も適材適所だ。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-11-06 22:00 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
俗に<平成ガメラ三部作>と呼ばれる作品の一作目。
限りなく総集編に近い新作「宇宙怪獣ガメラ」を除けば、昭和期最終作「ガメラ対深海怪獣ジグラ」から四半世紀近く経ってからの復活となります。

e0033570_22304198.jpg冒頭から何かが起ってるという雰囲気作りが見事で、その後は事件が小出しにされ、それに合わせてメインとなるキャラクターたちも無理なく紹介され、そして物語世界に誘われます。

とにかく無駄なシーンがなく、あれよあれよという間に物語世界へドンドンと引き込まれていきますが、謎また謎で引っ張っていくのではなく、情報は逐次提示されていきますので観客が置いてけぼりになる心配は少ないです。

主人公サイドにとって物語を進める上での障壁になる人物も特に見当たらず(立場や意見の相違程度)、余計な寄り道や脇筋もなく、1時間半はあっという間。とにかく無駄のない作品ですね。
怪獣映画、特撮映画ファンのみならず、一般の観客にも技術面だけでなく作品内容そのものが評価されたのも頷ける話です。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-10-31 22:41 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
故郷へ戻っていた弥三郎の元へ、冴島凛からの助力を求める手紙が届く。彦根藩に送り込んだ密偵たちが次々と消息を絶っており、その中には凛が育てた結衣もいた。どうやら甲賀忍者の残党たちが徳川幕府転覆を企てているらしいとのこと。勇んで駆け付けた弥三郎と凛は、夫婦を装い江戸を経った。
彦根に入った二人は山賊に襲われていた村娘の美緒を助け、お礼にと一夜の宿を借りることになった。だがその夜、突如凛に襲い掛かる弥三郎。どうやら風呂場で美緒に背中を流してもらう際に媚薬を嗅がされたらしい。
ここが甲賀忍者の残党の拠点だと確信した二人だったが、そこに待ち構えていたのは忍び装束に身を包んだ美緒と山賊に扮していた甲賀忍び、そして囚われの身となっていた結衣だった。更に二人の前に姿を現した甲賀忍者の頭領とは――?!

e0033570_19273988.jpg八神淳一の「艶剣客」シリーズの実写映画化第二弾で、原作は「艶剣客/妖忍の里」
前作「艶剣客/くの一媚薬責め」に続き吉沢明歩が、実は「隠れ御庭番」である美貌の女剣士・冴島凛に扮している。

相変わらず吉沢明歩は凄腕の女剣客には見えないし、幕府転覆を目論んでるにしては甲賀忍者は3人だけではさほど脅威にも感じられない。時間とお金をかければ良いというものでもないが、準備期間がどのくらいあったのかは知らないが撮影期間は3日しかなかったようだし、如何にも低予算でお手軽に作りました、というのがハッキリ見えてしまうのが残念。

ならば彼女のアイドル映画として楽しめれば、と思うものの、役柄のせいか終始険しい表情で、濡れ場もなければ凌辱シーンも今一つ、という具合に見せ場に乏しいのが勿体ない。前作の方が脱ぎっぷりも上で、今回はあっきーのファンでもはたして満足できるかどうか。前作は好評ですぐさま続編製作が決定したが、これにてシリーズは打ち止めになったようだ。

ところで吉沢明歩は、先ごろ来年3月でのAV卒業(引退?)を表明したが、デビューから16年以上第一線で活躍し続けたのは驚異的。正にレジェンド女優と呼ぶに相応しい存在だろう。



by odin2099 | 2018-10-06 19:30 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
「ガメラ」シリーズの7作目で、昭和期のガメラ最終作。
この後に「宇宙怪獣ガメラ」という作品が作られているけれど、限りなく総集編に近い新作映画なので、ここで一区切りというワケで。

e0033570_22034514.jpg月面基地が謎の宇宙船に襲われるオープニングはなかなか期待させてくれるものの、以後の舞台は地球は日本、しかも鴨川シーワールド周辺に限定されてしまうので、せっかくのスケール感が尻つぼみ。
そしてシリーズのお約束だけど、うるさくて鬱陶しいガキどもが主人公になり、更にスケールダウン。こいつら、本当に救いようがないんだよな。せっかく面白くなりそうな要素があっても全てぶち壊し。

その一方、拉致して洗脳した日本人女性たった一人を尖兵に地球を我が物にしようというのだから、ジグラ星人もどうかしてる。
そしてそのジグラ星人は海中で突然変異を遂げ巨大怪獣化してしまうのだが、それで「宇宙怪獣」ならぬ「深海怪獣」を名乗るとは完全にアイデンティティを見失っている気がする。

ジグラ星人の手下となる女性を演じているのは八並映子で、この人は<大映ハレンチ青春路線>を担っていた女優さん。そのせいかボディラインがハッキリ出るスーツやミニスカート、それにビキニ姿を披露。
これ、お子様向けじゃなく引率のお父さん向けのサービスですね。東宝の「ゴジラ」ではそこまでやってくれないから、一応の差別化は図れていると言えるのかも。

【ひとこと】
マグニチュード12なんて地震を東京で起こしたら、鴨川が無傷なワケがない。というか地球が真っ二つになりかねないんだけど、ジグラ星人は何を考えているのやら。
ちなみにこれまでで最大なのはチリ地震のM9.5で、地球上で起こり得る最大のものはM10なんだとか。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-10-01 22:09 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
「世界のミフネが大暴れ!」「久々に豪快!三船敏郎の魅力が爆発!」といった宣伝文句が並ぶところを見ると、この頃の三船敏郎は自ら率先して切った張ったをやるよりも、どちらかというと抑え役の方の比重が大きくなってきたということなんだろう。

e0033570_13520029.jpgさて、この物語で三船敏郎が演じているのは堺の豪商・呂宋助左衛門。
豊臣秀吉の勘気に触れて処刑されるところを、密かに逃れた助左衛門は大海原へ。
そこで「海賊の濡れ衣を着せられたんだから俺は海賊になる!」と宣言し、出てきたタイトルが「大盗賊」!
……まあ、そこで黒海賊に襲われ九死に一生を得、辿り着いた国で大暴れ、なんだから「大海賊」ではないわな。

そしてその国では、国王を亡き者にしようという陰謀を企む宰相から姫を救い出そうというのだから、助左衛門は山賊の力は借りたものの、結局は何も盗んじゃいない。豪放磊落で曲ったことは嫌い、義理人情に厚く滅法強い、というお馴染みの役どころだ。

女性にもモテモテで、お姫様(浜美枝)とはちょっといいムードになるし、宰相の愛人である女官長(草笛光子)からは誘惑されるし、山賊の女頭領(水野久美)は明らかに助左に惚れたから手助けを申し出る。
最後には誰とも結ばれず、また新たな冒険を求めて船出する、というのもお約束だ。

宰相の中丸忠雄、黒海賊の佐藤允、妖婆の天本英世、そして敵ながらも助左に友誼を感じる豪傑に田崎潤と悪役陣も豪華。そして助左に助力する女に弱い仙人役の有島一郎が出色。その仙人の代表的被害を被る(?)奴隷女役の若林映子が、胸元を強調した衣装で色っぽい。

円谷特撮は(技術的なことはともかく)これといって目立つシーンはないが、異国情緒たっぷりの大掛りなセットを組んだりとかなり異色の時代劇。海外へは「シンドバット」物として輸出したらしいが、神話や伝説が絡んだり怪物が出てきたりはしないものの正しくファンタジー大作で、これを従来の時代劇の枠組みで語るのは少々難しいかもしれない。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-09-24 14:04 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
e0033570_09234833.jpg「天装戦隊ゴセイジャー」の劇場用新作で、前番組「侍戦隊シンケンジャー」とのコラボ作品。

上映中も二回見に行ってるし、もう何度見直したことやら。
それだけ「シンケンジャー」が好きってことだが(「ゴセイジャー」ではなく…)、そうじゃなくても<スーパー戦隊>映画史上のベスト5には入るほどの傑作だと思う。

二大戦隊が共闘するのはいつもの<スーパー戦隊VSシリーズ>のお約束だが、最大の障壁となるのが外道に堕ちたシンケンレッドというのが他の作品と一線を画す要素。

二大戦隊がぶつかり合うというのはよくあうパターンだが、比較的友好ムードで始まりながらもシンケンレッドが敵の手に落ちたことから諍いが起り決裂。だがその二大戦隊の前に敵となったシンケンレッドが現れるという絶望感は、これまでのところ唯一無二の展開だ。だからこそ終盤の逆転劇がより盛り上がるのだが。

当時はどちらもデビュー直後の無名の存在だったが、この作品を「主演:千葉雄大、共演:松坂桃李」と紹介すると今では随分と違った印象を与えるのだろうな。

さて、来年は「シンケンジャー」放送十周年。何か動きがあると嬉しいのだが、当人同士は仲が良くても多忙なキャスト陣を揃えて…となると、なかなか障害も大きそう。

<過去記事>



by odin2099 | 2018-09-24 10:00 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
ブログトップ