人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2008年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧

世間ではお休みの方が多いかと思いますが、関係なく仕事中であります。
毎年前後にずらしたり、或いは七月や九月に取ったこともありましたが、今年はダメ。
しゃーないから、秋か冬にでも取ります…。

ところで最近はバス通勤してるんですが、驚いたのはこの三日間、土曜ダイヤで運行してること!
年末年始の休日ダイヤは当たり前のように思っていましたけど、お盆の時期の変則ダイヤって一般的なんですか?!
by odin2099 | 2008-08-15 21:36 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
北島選手が二冠!しかも連覇!!
レース後のインタビューは、前回と打って変わって淡々と答えていたけれど、金メダルを取れた歓びよりも、世界記録更新ならずの口惜しさの方が勝った印象だった。
でも、金は取って当たり前、と思わせるだけの力を持つ北島選手は改めて凄いなぁと実感。
今大会で引退と報道されているが、ちょっと勿体無いかな。でもギリギリまでやったということなのだろう。
体操男子の内村選手、10代で銀メダルもやはりご立派。

女子ビーチバレーの佐伯美香・楠原千秋組は、3連敗で予選敗退。
最近は随分と話題になってきたけれど、日本のレベルはまだまだ世界では通用しないということなんだろう。
でも大変失礼ながら、どーせ一つも勝てずに終るのならば、浅尾美和・西堀健実組を出した方が話題性はあるし、ビジュアル面でももっと盛り上がっただろうなー、なんて不謹慎なことを考えたりして(汗)。

野球はやっと勝ち、ソフトは連勝。バレーボールは厳しいな。
そして柔道・・・・・・。

さて、今日からは陸上が始まりますね。期待していいのかな?
by odin2099 | 2008-08-15 08:02 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
e0033570_21281693.jpg以前『へんなほうりつ』という本を紹介していますが、こちらは同じ著者による姉妹編みたいな一冊です。
「へんな判決」が出るためには、その前に「へんな訴え」があったわけで、この本では世界中から集められたとんでもない訴えと、それに対する判決が集められています。

 「妻が結婚前に美容整形を受けていたことを知らなかった。離婚と賠償金を求める。」
 「汗臭い、と離陸直前に飛行機から降ろされた。損害賠償金を払え。」
 「ハチミツを盗むクマを逮捕して欲しい。」
 「ストリップは芸術だから、税金を安くして欲しい。」
 「近所の人たちが宝くじで24億円当選。精神的ショックに対して損害賠償金を支払え。」
 「世の中がおかしくなったのは神様のせいである。災いをなくすように裁判所から神様に命じて欲しい。」

・・・まぁ、色々ありますねー。

中には最近ニュースでも取り上げられた、巨乳タレントがその巨乳ゆえに無罪になった、という事件も取り上げられていたりします。
もし自分が裁判員に選ばれたら、もっととんでもない裁判に当たるのかも知れません・・・・・・。
そんな時のために(?)巻末には「おバカでもわかる裁判員制度入門」も付いております。
by odin2099 | 2008-08-14 21:29 | | Trackback | Comments(4)
e0033570_22305131.jpg






これは一体なんでしょう?









e0033570_22332565.jpg
実は以前、本家サイトではご紹介したことがあったんですが、大泉にあるLIVIN OZというショッピングセンターです。
以前は西友大泉店という名称でしたが。
e0033570_22354867.jpg

特徴的なエスカレーター。
e0033570_22365838.jpg

中はこんな感じ。
e0033570_22375521.jpg

80年代の東映ヒーロー作品をご覧になっていた方には、懐かしいかも知れません。
e0033570_22381824.jpg
e0033570_22422590.jpg
ヒーローのメカへの搭乗口、異星のシティの入り口など、何度かロケでも使われていました。
e0033570_2240483.jpg

隣接しているのは東映アニメーション(旧・東映動画)。
e0033570_22405465.jpg

反対側には東映の大泉撮影所もあります。
e0033570_21352657.jpg
元々は撮影所の敷地だったそうで、今はさらに東映直営のシネコン、Tジョイ大泉も出来ており、たまに利用しております。
e0033570_2134149.jpg
e0033570_22413332.jpg

by odin2099 | 2008-08-13 22:44 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
開会式含めると六日目ということになりますか。

昨日の女子柔道の谷本選手、素晴らしかったですねー。
2大会連続の金メダルだけでも凄いのに、何と2大会連続オール一本勝ち!
やっぱり柔道の醍醐味は一本勝ちにあります。
「有効」や「効果」「技あり」などのポイント狙いの試合は、どうもチマチマしていて面白くない。それで「指導」で減点されたり、判定で勝敗が決まるのは、邪道とまでは言わないけれど本来の”柔道”からは外れているように思います。
今日の上野選手も一本勝ち!やはり”柔道”はこうでなければ。

サッカー、反町ジャパンは3戦全敗・・・。
せめて引き分けで「勝ち点1」ぐらいは挙げて欲しかったけれど、これが実力なんでしょうね。
なでしこジャパンは準々決勝進出。ガンバレ!

競泳陣は勢いついてます。
例えメダルには届かなくても、自己ベストや日本記録の更新も光りますし、200メートルバタフライでは松田選手が銅メダル!

体操も男女共に健闘です。
ソフトボールも白星発進。
さて、野球はどうかな?

その一方で残念なニュースとしては、マラソンの野口みずき選手が結局は出場辞退になってしまったこと。
そして開会式の行き過ぎた”演出”でしょう。
先ずは、打ちあげられた花火の映像がCG合成だったこと。
テレビというメディアを意識したのでしょうが、かえって開会式のテレビ中継の価値が大きく下がったように思います。
そしてもう一つは、9歳の少女が歌うシーンが口パク、しかも別の7歳の女の子のものだったこと。
・・・・・・バーチャル・アイドルかよ。
by odin2099 | 2008-08-13 20:15 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
e0033570_22114633.jpgアメリカとロシアの全面核戦争を回避すべく奔走するジャック・ライアンを描いたアクション映画で、『レッド・オクトーバーを追え!』『パトリオット・ゲーム』『今そこにある危機』に続く、トム・クランシーのベストセラー小説を映画化したシリーズ4作目。

原作『恐怖の総和』はシリーズ5作目だが、ライアン役はアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォードから3代目ベン・アフレックにバトンタッチしたのに伴い設定をリセット。
原作からはシチュエーションを借りた程度で、シリーズの新1作目といった按配で、複雑な人間関係も極力オミット。原作ではライアンの敵役とも言える存在のCIA長官キャボットをライアンの導師にするなど、これまでのシリーズの流れを知らなくても(知らない方が?)楽しめる一篇に仕上がっている。

映画ではアクション・ヒーローとしての側面が強いライアンだが、実はCIA所属でも現場要員ではなく分析官(アナリスト)。ということで、アクション物の主人公としてはともかく、インテリジェンスを感じさせる役どころとしてベン・アフレックはどうなのかと当初は不安を感じていたのだが、この作品を見る限り結構いける。ハリソン・フォードには不満を持っていた原作者のクランシーも、アフレックには合格点を与えているようだ。
そしてライアン=アフレックを支えたキャボット役のモーガン・フリーマン、ジョン・クラーク役のリーヴ・シュレイバーらの好演も光っている。

ただ核爆発の最中、走り回るライアンがその後何事もなく振舞っているのは、被爆国の国民ならずとも違和感が残ってしまう。アメリカの娯楽映画には珍しくない描写とはいえ、アメリカ人は核兵器に対する認識が甘すぎないか?!
後はこの邦題。
原題(”THE SUM OF ALL FEARS”)のカタカナ化ならまだ納得出来るが、「トータル・フィアーズ」では何のことやら意味不明だ。
by odin2099 | 2008-08-12 22:19 |  映画感想<タ行> | Trackback(4) | Comments(2)
番外編で掛川駅をご紹介。
e0033570_2022141.jpg
なかなか良い感じの建物です。風情があります。
e0033570_20221926.jpg
天浜線の掛川駅が隣接しています。
これまた趣きのある駅舎ですな。
e0033570_20224261.jpg
しかし新幹線の停車駅としてはどうなのかと思っていたのですが・・・。
e0033570_2023226.jpg
駅の南側はこの通り。
e0033570_20231052.jpg
小さな駅ですが、北と南でガラっと雰囲気変わっていて面白いです。
e0033570_20232253.jpg

新幹線のホームからは、辛うじて掛川城の天守閣が・・・!
e0033570_20234517.jpg

写真真ん中にちょこっと顔を覗かせております。肉眼だともう少し大きく見えるんですけどね。
by odin2099 | 2008-08-12 20:32 | 史跡 | Trackback(1) | Comments(2)
オグシオ・・・。
やっとどっちが潮田玲子で、どっちが小椋久美子かわかるようになったのに・・・・!(苦笑)
ちょっと不可解な判定もあったけれど、試合そのものは完敗でしたね。
結局彼女たちも人気先行の選手だったのかなぁ。

さて、これから女子バレーですね。
初勝利目指してガンバレ~!
by odin2099 | 2008-08-11 23:04 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
e0033570_2045417.jpg
先日の旅行で沢山写真を撮ってきてますので、駿府城に続いてご紹介します。
e0033570_1957118.jpg
なかなか絵になるんですよねぇ、この城は。
e0033570_19574370.jpg
e0033570_203433.jpg
小ぶりながら、しっかりとした天守閣。
e0033570_2051692.jpg
e0033570_2054550.jpg
交通の便も悪くはないし、オススメのお城ですね。
e0033570_2062538.jpg
e0033570_2072958.jpg
こうして見ると、なんだか時代を遡った気分。
e0033570_2073847.jpg
続く♪
by odin2099 | 2008-08-11 20:13 | 史跡 | Trackback | Comments(2)
子供の頃によく読んだ南洋一郎版「ルパン」の一冊。全30巻も刊行されていたようだけれども、自分が読んだのは何冊ぐらいだったのだろう?
学校の図書館で借りたりして、多分半分くらいは読んでるんじゃないかと思うけれど、その中にこの本があったかどうかは覚えていない。
現在は非シリーズ物や、南洋一郎の創作物と考えられている作品を除外し、全20巻で再刊行。映画『ルパン』公開に合せて文庫にも入った(といっても普通の文庫本よりもかなり大判)。

e0033570_19354298.jpgで、この作品、”原作”は先日読んだ『カリオストロ伯爵夫人』である。しかし殆ど別物!
カリオストロ伯爵夫人やクラリスとドロドロの三角関係を繰り広げるはずのルパンは、ここではクラリスを妊娠させてもいないし(笑)、伯爵夫人の愛欲に溺れることもない(爆)。恋愛要素は皆無。
それに伯爵夫人の謎めいた出自も割愛され、単なる悪女に落ちぶれてしまっている。
ルパンは、といえば20歳の割りに自信過剰で尊大なヤなヤツだし、最後はせっかく手に入れた宝を手放す義賊。まぁヒーローっぽいといえば言えなくもないかなぁ。

端から”翻訳”ではなく、子ども向けの”リライト”にはなっているけれど、ここまでくると二次創作物に近い。読みやすくて面白いのは認めるけれど、ちょっとやりすぎの感もある。このシリーズで「ルパン」に親しむと、原典とのギャップに驚くよなぁ。
南洋一郎の功罪、”功”の部分も確かにあるだろうが、”罪”の部分も決して軽くはないってとこだろうか。
by odin2099 | 2008-08-11 19:36 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ