人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2008年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

e0033570_618645.jpg突如、地球を襲撃してきた謎のエイリアン集団。奴等は数千年前、火星の文明を滅ぼしていた恐るべき侵略者だったのだ。
スーパーマンやバットマンが立ち向かうが、奴等にはまるで歯が立たない。その時、グリーンランタン、ホークガール、フラッシュ、ワンダーウーマンが次々と集結した!

同じ出版社から発売されている作品は、基本的に同じ世界だというのがアメコミのお約束。そこで、作品の枠を越えてヒーロー同士が共演するのは珍しいことじゃないが、これはその”共演”を売りにした独立したシリーズ。
メンバー編成は長く続いている作品なだけに異動があったりしているようだけれど、この作品ではスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマングリーンランタンフラッシュ、ホークガール、そして火星人最後の生き残りジョン・ジョーンズという7人で構成されている。
バットマンやスーパーマンは言うに及ばず、フラッシュやグリーンランタン、ワンダーウーマンも独立した主演作を持った看板スターだけに、これはDCコミック・ヒーローたちのドリームチームというワケだ。

e0033570_6183065.jpg「ジャスティスリーグ誕生!」は文字通りシリーズのファースト・エピソードで、地球の危機に集結したヒーローたちが、最初のうちは多少ギクシャクしていたものの、最後は見事なコンビネーションプレーを見せてくれて大勝利。
ラストにスーパーマンの提案により「ジャスティスリーグ」が結成されるという流れ。

TVシリーズの3話分を再編集したようで、正味は60分弱。
物語のメインはバットマンとスーパーマンで、他のキャラクターはちょっと脇へ退いてる感はあるけれど、各人にそれぞれ見せ場も用意され、強者集結ムードは充分。
アメコミ・ヒーロー版”七人の侍”てなところだろうか。

TVシリーズでは毎回7人が全員揃うわけではないみたいだけれども、日本の<スーパー戦隊>じゃないから、それも仕方ないのかな。
by odin2099 | 2008-09-12 06:22 | テレビ | Trackback(1) | Comments(2)
ウルトラシリーズ初の劇場用映画で、4本のエピソードを順に繋いだ再編集作品。
ナレーションは新録され(浦野光に統一)、BGMも差し替えられているが、新撮シーンはない。『キングコングの逆襲』と同時上映された。

e0033570_22581739.jpg本放送終了後、まだ間もない時期の公開なので、ウルトラマン初体験がこの作品だったという人もいるだろうし、またカラー作品として作られていたとはいえ(前番組の『ウルトラQ』は白黒)、当時のカラーテレビの普及率を考えれば、劇場で初めて色付きのウルトラマンを見た、という人も少なくなかっただろう。今日の目で見てしまえばさほど面白い出来とも思えないが、当時の子供たちにとっては何よりのプレゼントだったことと思う。
知らないで観ていれば、併映の『キングコングの逆襲』に決して引けを取らないスケールの作品・・・は、褒めすぎでも、単純に楽しめるのはこちらだったんじゃないかな。
とはいえ、個人的には何度観ても面白さを感じない。元々『ウルトラマン』そのものに古臭さを感じてしまっているせいもあるのだろうが・・・。

選ばれたエピソードは何れも円谷一の監督作品で、第1話「ウルトラ作戦第一号」、第8話「怪獣無法地帯」、そして第26、27話の「怪獣殿下(前後篇)」。
そのまま繋げば100分近い長尺になるが、これを80分程度に短縮。特に大きく削られたのは第1話で、後半のウルトラマンとベムラーの対決場面が丸々カット、ベムラーは科特隊の攻撃で倒されたことになっているのは大胆な改変だ。

ただそのおかげで、ウルトラマンの初登場(その前にハヤタとの出会いのシーンがあるものの、怪獣との対決としては)は第8話を元にした対レッドキング戦までおあずけで、映画は既に半分の40分が経過してからという遅いものになってしまっている。当時の子供たちは、映画館でどれだけヤキモキしたことだろう。
そういえばハヤタ隊員役の黒部進は『キングコングの逆襲』にも出ているが、そちらではドクター・フーの手下、いわゆる悪役。映画館でそれに気付いた子供たちもいたはずだけれども、どう感じたんだろうねぇ・・・?
by odin2099 | 2008-09-11 22:59 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
『キングコング対ゴジラ』から5年、円谷英二特技監督が再び取り組んだ和製”キングコング”。東宝創立35周年の記念作品でもある。

e0033570_842529.jpg北極に眠る核物質エレメントXを狙うドクター・フーは、某国の女工作員マダム・ピラニアの資金援助を受け、ロボットのキングコング、メカニコングを完成させて発掘作業を行わせようとするが、周囲に強力な磁場があって失敗、一転本物のコングを捕獲しようとする。
一方、国連の調査船は事故により船体に損傷を負い、その修理のために南海の孤島モンド島へと寄港するが、そこで伝説の巨獣キングコングに遭遇、司令官のネルソンや野村、看護婦のスーザンらはコングと交流を持つ。
再びモンド島を訪れたネルソンらだったが、時既に遅く、フーはコングを捕らえ、催眠術によって操りエレメントXの採掘を行わせようとしていた。そしてピラニアの入れ知恵により、コングと強い絆を持つ3人をも捕らえさせようとしていた・・・!

『逆襲』となっているものの、前作とは何の繋がりもない独立したキングコングのお話で、オリジナル版との関係も不明。
まぁリメイクの一種と考えた方がスッキリする。
♪おおきな山~をひとまたぎ~ の主題歌で御馴染みのアニメ版(いや、もう知らないヤツの方が多いか・・・)は同時期の作品で、そちらにもドクター・フーが登場するなど設定の統一が図られていた・・・らしいのだけれども、全然覚えてない(苦笑)。
ちょっとスパイ物っぽいテイストも加味されている。

主演の3人はローズ・リーズン、宝田明、リンダ・ミラー、そしてドクター・フーに天本英世、マダム・ピラニアに浜美枝。特に天本英世の怪演と、浜美枝のファッション・ショーは見もの。
また着ぐるみ怪獣の一つの頂点ゴロザウルスや、メカニコングのデザインの秀逸さ、更にミニチュアワークや合成カットの妙など特撮映画としての見るべき点は多々あるのだけれど、映画自体はどうにも面白くない。
脚本は馬渕薫、監督は本多猪四郎、それに音楽は伊福部昭なのだけれども、脚本も演出も残念ながら平板で、最初っから最後まで盛り上がらなかった。
東宝特撮ファンには結構評価が高い作品らしいけれど、何度観ても自分とは合わないみたいで、今回もずーっと欠伸をかみ殺しながらの鑑賞になってしまった。もっとも映画館の大っきなスクリーンを注視していたら、自分の評価も変わるかも知れないけれど・・・。

なお、同時上映は『長篇怪獣映画 ウルトラマン』
4つのエピソードを再編集しただけの作品だが、本放送終了からまだ間もなく、再放送も行われていない時期の上映だったことと、カラー作品とはいえ、一般家庭にはまだカラーテレビが普及していなかったことから、劇場の大スクリーンで、しかもカラーで『ウルトラマン』が観られるということは、当時の子どもたちには「併映」「おまけ」という以上のプレゼントだったのだろうと思う。
by odin2099 | 2008-09-11 08:17 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(6)
薬によって深く眠らされ、決して目覚めるこのない裸の美少女。その彼女と、「安心出来るお客さま」である老人が、一晩添い寝をするという秘密の宿。
ルールは、決して彼女に「たちの悪いいたずらをしないこと」「起そうとしないこと」。一夜明ければ彼女たちは、自分が誰と一夜を共にしたのか、決して知ることはないのだ。
知人の紹介で宿を訪れた江口老人は、確実に自分に老いが迫っていることは自覚しつつも、他の老人たちとは違い、自分はまだ男として枯れてはいないという矜持があったのだが、一晩少女と過ごすうち、過去の様々な想いが去来するのだった。
最初は一度きりのつもりだったのだが、二度三度と宿を訪ねるようになり、その都度違う少女をあてがわれる江口老人。そして彼が五度目に訪れた夜に・・・。

e0033570_22254762.jpg今年、ドイツ製の映画版を観た時から興味を持っていた原作小説をやっと読了。
主人公を理解したり共感するには、まだまだ自分には時間が必要だということははっきりとしたが、何となく結末が釈然としないというか、中途半端に感じられてしまった。
これならば、原作からはだいぶ逸脱しているものの、映画版の結末の方が受け入れやすい
またこのデカダンな雰囲気を表現する舞台としては、日本ではない方が良いのかも。

今回読んだのは、最近発売されたプチグラパブリッシングの<少女の文学>というシリーズの一冊。
多部未華子のフォトが何点も挿まれ、これがこのシリーズの売りなのだろうと思うのだが、その内容はやや微妙。
当然、彼女の裸身など望むべくもないのだが、せめて着衣は和服にすべきではないだろうか。
彼女に和装が似合うかどうかは別問題だが、この作品の内容からすると、洋装よりは和装、と思えるのだが・・・。
by odin2099 | 2008-09-10 22:27 | | Trackback | Comments(0)
警察の鑑識に勤めるバリー・アレンは、研究施設に落雷があった際に化学薬品を浴びてしまい、超スピードで動き回ることが出来る能力を身に着け、音速よりも早い地上最速の男”ザ・フラッシュ”となった・・・!

e0033570_21485719.jpgこちらはマーベル・コミックではなく、ライバルのDCコミックから誕生したヒーローで、『最新・最強・最速のヒーロー/ザ・フラッシュ』という題名でもリリースされた、劇場用作品ではなくTV映画。
DCコミックといえば、一にスーパーマン、二にバットマンだが、三番手、四番手あたりがこのザ・フラッシュやワンダーウーマンになるんだと思う。コミックやカートゥーンでは共に共演する仲で、「ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ」のメンバーにもなっている。

映画の『バットマン』がヒットしたことから、TVでもヒーロー物を、ということで作られたのだろうが、このパイロット版を皮切りにシリーズ化され、日本では『超音速ヒーロー フラッシュ』のタイトルで放送されていた。
スピードを表現するために特殊撮影を必要とするとはいえ、空を飛んだり、特殊兵器を装備したりしてるわけではないので、TVでやる分には予算的にも丁度良さそう。それなりにしっかりと作っているのでTVドラマ特有のチープさはないものの、ヒーロー像そのものがどことなくチープなんだなぁ・・・。
そのせいか、本国では結局1シーズンのみの放送に終ったのかな。
他に2本の長尺版がビデオ化されているけれど、これは前後編のエピソードを再編集したものなのか、それともシリーズ終了後に特別に作られたものなのか・・・情報求む。

全身真赤なタイツ姿のザ・フラッシュは正直言って格好悪いし、その特殊能力はといえば素早く動けること。相手を幻惑してその隙にやっつけるという、どっちかというとフェアじゃない戦い方をするヤツだ。しかも動き回った後は新陳代謝が激しいせいか、やたらめったら飲み食いし、また能力を使いすぎると目眩を起こしたり、身体が動かなくなったりという具合に、結構厄介なヤツでもある。
またこの第1話での相手は、警官だった兄の仇とはいえ、単なるゴロツキやチンピラが集まった暴走族集団。なんだかスケール感に乏しいけれど、フラッシュのパワーを考えれば上手く釣り合ってるのかも。
でも、不釣合いなのは、この主人公に二人の美女が寄り添ってること。
一人はバリーの恋人で、彼の秘密については何にも知らない。そしてもう一人は科学者で、彼のパートナーになるのだが、これから三角関係になったりするのかねぇ・・・?

あの”バットマン”のダニー・エルフマンが音楽を担当」などと大々的に謳っていたが、ダニー・エルフマンが担当したのはテーマ曲だけ。肖りたかったんだろうなぁ。
by odin2099 | 2008-09-09 21:57 | テレビ | Trackback | Comments(0)
人気のある作家ですが、今までこの人の本は一冊も読んだことがなかったので、連作短編のシリーズ物ならば読みやすいだろうと手にとってみました。

e0033570_23245877.jpg収録されているのは「燃える(もえる)」、「転写る(うつる)」、「壊死る(くさる)」、「爆ぜる(はぜる)」、「離脱る(ぬける)」の五篇。

物語のパターンは、不可思議な事件に遭遇した警視庁捜査一課の草薙俊平が、大学時代の友人で物理学者の湯川学を訪ね、捜査への協力を依頼するというもので、言ってみれば、ホームズが湯川で、ワトスンが草薙という役割分担になっています。

突然人の頭が燃え上がったり、公園の池からアルミ製のデスマスクが発見されたり、海水浴場で突如爆発が起こったり、幽体離脱したとしか思えない目撃証言だとか、常識では考えられない謎に天才科学者・湯川が挑むというものです。

犯人が誰なのかを探すというよりも、一体犯人はどういう手口を使ってこの不思議な犯罪を行ったのかに主眼が置かれ、最後も犯人逮捕で終るのではなく、そのトリックのネタを湯川が明かして幕となります。
全くの理系オンチの自分には、その謎解き自体も「?」ではあるのですが、犯行の動機は金だったり、痴情のもつれだったり、恨みだったり、とわかり易いものなので、比較的サクサクと読むことが出来ました。

ちなみに湯川のイメージキャストは佐野史郎だそうですが、TVドラマ版では福山雅治が演じていますね。なんかイメージが全く繋がらないのですが・・・(苦笑)。
by odin2099 | 2008-09-08 23:26 | | Trackback(8) | Comments(0)
昨日コンサートに行って来た場所ですが、建物がユニークで気に入ってしまいました。
最近、ちょっと建物フェチの傾向があるのかも知れません。
で、駐車場案内のオジサンに不審がられながら(苦笑)、パチパチと。
e0033570_20191678.jpg
ちょっとギリシャの神殿風?
e0033570_20202264.jpg
丸いドームが見えます。
e0033570_20211596.jpg
これ、プラネタリウムなんですねー。
e0033570_20221233.jpg
早めに出掛けて、覗いて来れば良かったなぁ。
e0033570_20233575.jpg
噴水もあります。
奥に見えるのは、道路を挟んで反対側にある市役所です。
e0033570_20242529.jpg
涼しげ?
e0033570_20245999.jpg
裏へ回るとこんな感じ。
e0033570_20263972.jpg
更に側面に回ると・・・?
e0033570_20275582.jpg
長閑ですねぇ・・・。
e0033570_2029202.jpg
そのギャップもまた、楽しいものです。
e0033570_20294514.jpg
おちまい♪
by odin2099 | 2008-09-07 20:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
そんな表現があったことを最近知りましたが、今夏はいきなりの集中豪雨、落雷が頻繁に起こっていますね。
気温の変化も激しく、先月の中旬から下旬にかけては、猛暑の翌日にいきなり10月頃の気温に下がったり、また上がったり・・・ということもあって、「夏バテ」とは違うのかもしれませんが、いつも以上に疲れたなぁ、という思いが強いです。
9月に入っても、その傾向は変わらないようで。

昨夜もいきなりの雨、雷に見舞われました。
その瞬間を連続してパチリ!
e0033570_89240.jpg
e0033570_891964.jpg
e0033570_893395.jpg
稲光って、やっぱり明るいんですねぇ。まるで昼間のよう。
e0033570_894216.jpg
e0033570_895035.jpg
e0033570_895817.jpg
それここれも、みんな地球温暖化の影響なんでしょうかね。
e0033570_8163234.jpg
e0033570_8154927.jpg
e0033570_8165152.jpg
そういえば今夏は、上陸した台風が一つもなかったんですね。
雨や雷で交通機関が麻痺したり、土砂災害が起こったり、怪我をしたり亡くなった方もいらっしゃるというニュースが度々流れていましたので、全然気がつきませんでしたが・・・。
by odin2099 | 2008-09-07 08:17 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
”CHISA&MINO 10th Anniversary”と銘打たれた、ちさ子さん&美濃ちゃんのコンサートへ行って来ました。
e0033570_21524118.jpg

会場は久喜総合文化会館大ホール、JRの久喜駅から歩いて15分程のところにあるのですが、ウチからは流石に遠いですねー。湘南新宿ラインなどを乗り継いでも、電車乗ってるだけで1時間。ですから、なんだかんだで片道ざっと1時間半以上。
でもなかなかチケット取れないCHISA&MINOだし、近所じゃやってくれないし(やってくれても平日)・・・ということでいそいそと出掛けたのですが、ちょっとビックリ。
会場は1200人以上入る大っきなホールということもあったんですが、かな~り空席が目立ちました。最近は当日券ナシの完売状態の方が多いというのに・・・。
すかさず二人が敏感に反応し、最後までネタにしてましたね。
e0033570_21525640.jpg
今日のプログラムは以下の通り。

一部は「オンブラ・マイ・フ」(ヘンデル)、「マドリガル」(シモネッティ、但しプログラムにはクロールと記載されていて、そのまんま読み上げた美濃ちゃんに「ミスプリだ!」とすかさずちさ子さんのツッコミが入りました)、「ユーモレスク」(ドヴォルザーク)、「バンジョーとヴァイオリン」(今度こそクロール)、ピアノ・ソロで「モルダウ」(スメタナ)、ヴァイオリン講座を挟んで「愛の三部作~愛のあいさつ、愛の悲しみ、愛の喜び~」(藤満健・編)、そして「ツィゴイネルワイゼン」(サラサーテ)。

二部はピアノ・ソロの「ヒット曲ファンタジー」(加羽沢美濃・編)でスタート。
「雨の終りに」、「ANNIVERSARY」と美濃ちゃんオリジナル曲があって、リクエストコーナーへ。
最後は「タイスの瞑想曲」(マスネ)と「チャルダーシュ」(モンティ)で締め。
プログラムでは一部のラストが「チャルダーシュ」、二部が「ツィゴイネルワイゼン」となっていましたが、変更になったのか、それともこれもミスプリだったのかな。

e0033570_21532431.jpgゲスト(ちさ子さん曰く「子分」)は「12人のヴァイオリニスト」のサブリーダー松本蘭
ヴァイオリン講座の助手を務めた後、「愛の三部作」、「ツィゴイネルワイゼン」、「タイスの瞑想曲」、「チャルダーシュ」に参加です。

「ヒット曲ファンタジー」は会場に「3曲に絞りましたので、聴きたい曲に拍手してください」と問いかけ、「世界に一つだけの花」、「いい日旅立ち」、「星に願いを」の中から結局演奏されたのは「星に願いを」。

リクエストコーナーは「冬のソナタ」、「戦場のメリー・クリスマス」、「天空の城ラピュタ」・・・のはずが、どんなメロディーか知らなかったらしく「となりのトトロ」、カッチーニの「アヴェ・マリア」、「崖の上のポニョ」、「ショパンのワルツ(?)」、「G線上のアリア」を取り混ぜ、見事に即興メドレー演奏を披露。
いつもながら凄いです!

ヴァイオリン講座は内容がワンパターンなだけに、流石に回を重ねると辛い部分も無きにしも非ずですが、やっぱりちさ子さんのトーク自体は面白い。このまま偉大なるマンネリズムで行ってもらうのも悪くないですね。

アンコールは3曲。
1曲目は御馴染み美濃ちゃんの即興演奏で「久喜よ ありがとう」。曲名つけるのに悩んでますが、いつも同じパターンでネーミングされてます。
2曲目は「私も弾けそうな気がする」、とちさ子さんが対抗意識をむき出しにしてピアノ即興演奏・・・のはずが、これまたいつも通りの「ネコふんじゃった」。
途中で美濃ちゃんも加わっての変奏曲(?)になるのもお馴染みのパターンです。ちなみに曲名は「この次は満員御礼」だそうな・・・。
そして最後は3人で「千の風に乗って」。

さて、次に行けるのは、いつ・どこでのコンサートかなぁ。
by odin2099 | 2008-09-06 21:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
e0033570_9225132.jpg
訪れたのが、もう一ヵ月半ぐらい前のことになってしまいました・・・。
「夏」が本格的に終る前に(苦笑)、残っていた掛川城の写真から何枚かご紹介。
e0033570_9214856.jpg
こちらは「二の丸御殿」。国の重要文化財に指定されています。
天守閣が残っていたり、復元されたりするケースは珍しくありませんが、御殿がそのまま残ってるのは貴重でしょうね。
他には二条城とか、数箇所しかないはずです。
殿様は天守閣に住んでいる、と思ってる人は結構いるようですが(かくいう自分も、ちっちゃい頃にはそう思ってました・・・)、実際にはこの御殿に住んでいます。
自宅兼事務所というか、首相公邸みたいなもんですかねー、ホワイトハウスとか。
e0033570_92610100.jpg
天守閣への階段は、かなり急です。
外敵を防ぐには良いですが、お城勤めの人も辛かったろうなぁ(苦笑)。
e0033570_93831.jpg
e0033570_9381446.jpg
e0033570_9291014.jpg
天守閣内部の階段は、更に急です。
しかも狭い!
ご高齢の方や、体調の優れない方にはちょっと厳しいでしょうね。
それに滑りやすい。
子供は走っちゃダメ!
e0033570_930933.jpg
e0033570_9302754.jpg
e0033570_9304594.jpg
結構怖そうでしょ?
e0033570_9433940.jpg
怖いといえば、天守閣の内部にはこんなものが・・・!
e0033570_9364257.jpg
これ、大河ドラマ『巧妙が辻』で使われた小道具だそうで、姉川の合戦で織田信長・徳川家康連合軍に敗れた浅井久政・長政父子と朝倉義景のしゃれこうべ。
首を刎ねた信長は、その髑髏で杯を作り、それで家臣に酒を振舞ったのだとか。
・・・おぇ~。
e0033570_9404454.jpg
天守閣の望楼部からの眺めはこんな感じでした。
e0033570_941395.jpg
e0033570_9413615.jpg
e0033570_9511036.jpg
e0033570_95482.jpg
e0033570_9552524.jpg
e0033570_9553740.jpg
やっぱり良いもんですねー、お城って。
e0033570_9591984.jpg

by odin2099 | 2008-09-06 10:00 | 史跡 | Trackback | Comments(2)
ブログトップ