人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2009年 12月 ( 56 )   > この月の画像一覧

VOL.3まで発売され、VOL.4の発売告知までされたものの、ずーっと音沙汰なし。
「やっぱ『YAMATO2520』みたいに3巻で打ち止めかな」なんて思っていた矢先、ひょっこりとBOXがリリースされた。

このBOX、まずタイトルが何故だか『大ヤマト零号』から『大YAMATO零号』に変わり、オープニングとエンディングの映像を差し替えた上にスタッフ・クレジットを変更し(製作会社が解散しちゃったからかね)、短縮再編集を施したお色直し版のVOL.1~3と、完結編として作られたVOL.5とのセット商品なのだ。

e0033570_23173057.jpg「あれ?全10巻のハズじゃなかったっけ?」なんてヤボは言いっこなし。VOL.4以降の発売は、最初っから危ういなぁと思っていたのだから。

というのもこの作品、没になったTVシリーズ『大銀河』を(TV2話分を1巻として)再編集し、OVAとして売り出したものなのだけれども、7話だか8話の途中で製作がストップしたまんまだったんだよな、確か。
だからVOL.3まではストックがあったけど、それ以降はなんとか作るしかなかったワケで、それを考えればよくまぁリリースする気になったなぁ、というのが正直なところ。

お話の方は相変わらず、なにがなんだかようわかりません。
大ヤマト側に新キャラのハグロ・ヨウさん登場。
これって羽黒妖のことですよね?『超時空戦艦まほろば』や『新宇宙戦艦ヤマト』なんかに出てきてる。本来は色々秘密を持った、キーとなるキャラクターのはずだったんでしょうけど、残念ながら思わせぶりで意味不明の台詞を吐くぐらいしか役目がありません。

また、銀河鉄道モドキが唐突に現れ、大ヤマトの艦内に”停車”してしまいます。
なんとビックリ!大ヤマトの中には、線路があって駅もあったんです。艦内移動用にレールを引いて人や荷物を運搬した、というのは実際の戦艦大和でもやったみたいですが、列車に乗ったまま戦艦に乗りこめるというのは凄いですなぁ。
ただ列車、エネルギーを補給する無人車のようね。どうせなら車掌さんとかメーテルを乗せておけば面白かったのに。

てなところでVOL.5に続いちゃいます。
そういえばVOL.3ラストに付いた予告だと、このVOL4には「氷炎編」という副題がつくはずだったみたいですが、特に表記されてません。VOL.5も同様です。
by odin2099 | 2009-12-09 23:18 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
土曜日は展示会をハシゴしてました。
e0033570_6303538.jpg

e0033570_6311276.jpgこちらは上野、国立西洋美術館にて開催中。来週末で終わりですが、この後来年の夏まで愛知県美術館、青森県立美術館、北海道立近代美術館でも開催されるとのこと。ナポリ国立考古学博物館などが提供したコレクションです。


こちらもそれなりに混雑していたのですが、見難いというほどではなかったですね。
それにしても「失われた文明」という以前に、どうしてローマ帝国に惹かれるのでしょうかね。




常設展も覗いて来ました。

ロダンの彫刻をはじめ、ルーベンスやヤン・ブリューゲル、モネ、ピカソ、ドニ、ボナール、ドラクロワ、ギュスターヴ・ドレ、クールベ、ルノワール、マネらの作品が次々と視界に飛び込んできます。
どちらかというと、こちらの方が企画展よりも楽しめたかな。
e0033570_630628.jpg

「ローマ未来の原風景 by HASHI」という版画展も、一緒に開催されていました。
ニューヨークを拠点に世界で活躍しているという、HASHIこと橋村泰臣氏の作品の展示ということでしたが、こちらはあまりピンときませんでした。
e0033570_6293831.jpg

by odin2099 | 2009-12-08 06:34 | ミュージアム・イベント | Trackback | Comments(0)
e0033570_624998.jpg
聖帝ザリク率いる白亜帝艦が地球へ接近!動揺する大ヤマト零号の乗組員たち。
地球を救うために引き返すべきか、それともA銀河全体のことを考え、このままメタノイドラッケンの追跡を続けるべきか。その時、地球の守りに就いたものとは・・・?!

この時地球防衛の任に就いたのは、大小様々のアナライザーもどきをウジャウジャ乗せた、ロボット艦で構成されたティム艦隊。これが完全にお笑い担当で、開き直れば楽しめないことはないものの、純粋なファンほど神経を逆撫でされたような気分を味わうかも。
対する白亜帝艦だが、結局は己を過信したザリク(「ちょこざいな!」が口癖らしい・・・)によって自滅するなど、見掛け倒しもいいところ。
母なる惑星最大の危機!なんだろうけど、一向にその危機感が見る側に伝わってこないのはどうなんでしょ?
取って付けたように大騒ぎする大ヤマト零号のクルーたちも虚しいし、黙して語らずと言えば格好良いものの、相変らず何考えてんのかサッパリのオズマ艦長などなど、没個性なキャラたちが右往左往しているのは、シナリオそのものに問題ありそうだ。
作品の設定はまだまだ明らかにされない部分が多すぎるし、ドラマも寸断されてばかり。もう少しストーリーを、というか感情の流れを大事にして欲しいもんである。

”本当の”地球の守りに就いたのは――ティム艦隊は所詮前座でした――<青の地球>(何それ?)から参戦した戦艦マホロバ!
女性艦長ヒミコを頂くマホロバは、何故か大ヤマト零号そっくりで・・・って、一体どの作品とリンクさせるつもりなんだろうか。何だか好き勝手やってるなーという思いは強いが、問題は誰の好き勝手なのか、ってことなのかも知れない。
相変らず、「ファイナルヤマト・斗い」の音楽に乗せて宇宙を飛翔する大ヤマト零号の姿は、実に安心感があるんだけど――。

っつーことで、「ビバ!びでお」からの転載。
これもいわゆるひとつの「ヤマト」なワケだから、一応目を通しておかないとね。

しかしなんだ、何度観てもこの作品の世界観がさっぱりわからない。
A銀河を構成している連中はどんな面々なのか、その艦隊の規模はどうなってるのか。壊滅寸前らしいけど、相互に連絡は取り合ってないのか。そして地球は一体どうなってんの?
・・・てな具合に、基本的な部分の説明がサッパリなんですな。

まぁTVで放送するシリーズものならば許せても、セル・オンリーのOVAとしてはちょっと許せない内容。TVシリーズとして作り始めたものの頓挫して、出来上がった部分だけ売ったから、という言い訳は通用しない。商売なら、商品には責任を持って貰わないとね。
by odin2099 | 2009-12-07 06:26 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
六本木は国立新美術館で開催中。昨日出掛けてきました。
e0033570_20431686.jpg

e0033570_20454674.jpgウィーン美術史美術館とブタペスト国立西洋美術館の所蔵品の中から、ハプスブルク家ゆかりの画家の作品を中心に公開されています。



いやぁー、凄いですなぁ。
ベラスケス、ルーベンス、デューラー、ティツィアーノ、エル・グレコ、ラファエッロ、ジョルジョーネ、クラナッハ・・・素人でも知ってる絵がたくさんあります。
ぼーっと眺めているだけでも結構楽しいです。


しかし会場はかなりの混雑。ゆっくり落ち着いて眺める雰囲気じゃなかったのが残念。

「音声ガイド」も善し悪しだと思います。
自分は借りたことないですが、借りた人は当然その展示物の前で解説を聴くわけで、それが終わるまでは移動しない。それが更なる渋滞を生んでるような気がします。


e0033570_20415777.jpg
e0033570_20423367.jpg

今回、国立新美術館には初めて行きましたが、乃木坂駅に直結してるのは便利ですね。
ただ帰りは六本木駅へ出たかったのですが、案内もわかりづらく、また迂回しないと辿り着けないみたいなのは不親切。
建物も、なんかツンとお澄まししてる感じでした。場所柄かな。
e0033570_20442564.jpg

by odin2099 | 2009-12-06 20:48 | ミュージアム・イベント | Trackback(1) | Comments(2)
「波動砲サンド」
e0033570_9175318.jpg

6連波動砲をイメージして、ソーセージが3本ずつ入ったサンド。
ボリュームあって食べ応えあり。

ついでながらTBSでは昨日の深夜、というか今日の早朝放送されていた『復活篇ナビ』という番組を観る。
PVや予告編で観た以上に作画のクオリティは高いね。
公開が近付くにつれてテンション下がり気味だったんだけど、これなら期待しても良いかな。
番組の構成そのものには不満があるけど、特番やってくれただけでも感謝感謝♪

特番に続けてパート1の劇場版もオンエアー。
オープニングの主題歌はカット。やっぱりね(苦笑)。
by odin2099 | 2009-12-06 09:18 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
e0033570_23261038.jpgクラシック音楽ファン、主催者、コンサート・ホール、TV局、評論家・・・の中にいる「アホ」な人を笑い飛ばす一冊。

 ふんふん、なるほど、そのとーり!
 あ、やべぇ、これ自分のことじゃん・・・!
ナドナド感想は様々だと思うけれど、そもそもこういう本が書かれたこと自体、「かなり変な」ことなんだろうねぇ、クラシックってものは。

実はこの本、以前紹介した『クラシック アホラシー』という本を新書化したもの。
最初そのことに気付かず手に取ったのだけれども、新署で手軽に読めるのは悪くないし、何より内容が面白かったからまた買っちゃいました。
一応は”増補改訂版”ってことになってるしね。

・・・という自分も、相当な「アホ」かもしれん・・・・・・。
by odin2099 | 2009-12-05 23:26 | | Trackback | Comments(0)
e0033570_9302230.jpgベトナム戦争の英雄ブラドック。辛うじて捕虜収容所から脱出した彼だったが、ベトナム政府は捕虜となっている”MIA(戦時行方不明者)”の存在を否定する。
米政府の交渉団に同行したブラドックは自ら情報を入手し、かつての仲間たちを救い出すため、単身ベトナムへ潜入する!

MIA救出というとシリーズ2作目の『ランボー/怒りの脱出』が有名だけれども、実はこっちの方が先。原題もそのものズバリ、”MISSING IN ACTION”である。
ただお話の強引さ、演出のテンポの悪さ、出演俳優陣の格・・・等々を考えると、二番煎じ的扱いに甘んじてしまうのも無理ないかも知れない。実際この映画観るの2度目か3度目なんだけど、ストーリー、殆ど覚えていなかった・・・。

ともあれ、チャック・ノリスの出世作にして、「地獄のヒーロー」はノリスの代名詞。
シリーズは3作作られ(だよね?)、日本では無関係な作品も「4」や「5」を名乗り、他にも「地獄の~」を冠されたノリス出演作があったはず。『地獄のコマンド』とか『地獄の銃弾』とか、ノリス=”地獄”というのもお約束で、これはスティーブン・セーガル出演作が、何でもかんでも「沈黙の~」になるのと同じこと。
元々は『地獄の黙示録』以降、「地獄」=「ベトナム戦争」というイメージがついたことから決められた邦題だったのだろうけれど。
by odin2099 | 2009-12-05 09:31 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
「波動砲巻」
e0033570_216182.jpg

ツナとチキンカツの巻寿司セットに、うすーい卵焼き(たまごシートっていうの?)付き。
カツをお寿司にしちゃうなんて、自分の感覚からすればありえないこと。
その上、ケチャップ掛けろだぁ?

カリフォルニアロールだって「シンジラレナ~イ!」だし。

案の定、気持ち悪くってちっとも美味しく感じられなかった。
ツナ巻は美味しかったけどさ。
by odin2099 | 2009-12-04 21:06 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
e0033570_6304387.jpg旅の途中に、奇病が蔓延する村に立ち寄った橘逸勢。都から持参してきた薬も、苦しむ村人たちの助けにはならない。そこへ現れたのが、真魚という名の修行僧。襤褸を纏った冴えない僧と見えた真魚だったが、そこで信じられない奇跡を起こした・・・!

空海と名乗り、逸勢や最澄と共に遣唐使船に乗り込み、唐へと渡る前の”空白時代”を描いた連作短編集。
舞台は空海の故郷である四国で、旅の途中で立ち寄った村で事件が起こり、それを真魚が”奇跡”を見せて解決、その後で「実は・・・」と”奇跡”の種明かしをする、というのが基本パターンで、逸勢は真魚と同行している時もあれば、途中で(故意の場合も偶然の場合もある)合流する場合もある。

全部で七篇あるが、全体的にストーリーは小粒で、謎解きや種明かしもそれほど大がかりなものではない。
その為にこの作品を「歴史ミステリー」として捉えると物足りなさを覚えるのではないかと思うが、キャラクター小説だと思えばなかなか味わい深い。最初は真魚のことを胡散臭い奴という目で見ていた逸勢が、やがて良き友、良き理解者になっていく過程も愉しい。

ところでこの作者には『まんだら探偵空海/いろは歌に暗号』という空海モノもあるのだが、二つの作品はリンクしているのだろうか。
by odin2099 | 2009-12-04 06:29 | | Trackback | Comments(0)
デビューから2年、クラシック界にあるまじき(?)怒涛のCDリリースが続いております。
親の七光もあるのかもしれませんし、バックがしっかりしてるということもあるのでしょうが、それでも本人に”華”がなければそれも無理なこと。ユニットも立ち上がったことですし、当分は彼女の快進撃が続きそうです。

e0033570_2157237.jpgこのアルバムはどういうわけかタイアップ曲が多く、アルバムタイトルにもなっている「dream」は、『THE ハプスブルグ展』のテーマ曲。しかもこれは彼女自身のオリジナル曲です。
他にもヤマザキナビスコ「コーンチップ」のCMに使われている「break」や、ソニーのデジタルノイズキャンセリングヘッドホンのCM曲「serenity」、映画『クヌート』のテーマ曲「いのちの星」や、NHK大河ドラマ『天地人』の「天地人紀行」のテーマなどが収録されています。
でも自分の一押しは、相変わらずカッチーニの「アヴェ・マリア」なんですがね。今度はオーケストラ・ヴァージョンでの収録。

初回版にはDVD付き。「dream」のプロモーション・ビデオとそのメイキングが収録されてます。
ドイツと日本で撮影されたみたいですが、動いてる彼女も可愛いですね。
そういえば以前、同じヴァイオリニストの松田理奈とのツーショット写真が双方のブログに掲載されていましたけど、これはそんじょそこらのアイドルなんかメじゃない組み合わせ。
以前からの仲良しだそうですが、コンサートでもこのコラボ、実現して欲しいものです。
by odin2099 | 2009-12-03 21:58 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ