人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

石巻市の市制40周年を記念して作られた曲なのだそうです。
小杉太一郎・作曲、石島恒夫・作詞、
正式な曲名は
「ソプラノとバリトンと大合唱と管弦楽のためのカンタータ 大いなる故郷石巻」
1973年に作られました。

作曲者の小杉太一郎といえば、伊福部昭門下ということと、最初の劇場版及びTVシリーズの『サイボーグ009』を手掛けた人だということ、それに若くして物故された(1976年に享年49歳で)ということぐらいしか知らず、実際の音楽も多分『009』の劇伴しか聴いたことがありませんが、リアルタイムでは知らないはずなのに強く印象に残るものでした。

そんな氏が手掛けた幻の作品の、初演時の録音テープが今回発見され、ここに復刻。
そしてこのCDの売り上げは、全額「東日本大震災復興義援金」へ寄付されるとのこと。
ささやかながら自分も協力させて頂きました。

e0033570_23244934.jpg初演は1973年11月4日に石巻市民会館で行われまして、指揮は”炎のコバケン”こと小林研一郎、演奏は東京交響楽団。
石巻合唱連盟が参加し、ソプラノは伊藤京子、バリトンは「くいしん坊!万才」のレポーター役が懐かしい友竹正則。
朗読は俳優の山内明が務めています。

ちなみに山内明は小杉太一郎の義兄にあたり、その弟の山内正(『大怪獣ガメラ』でお馴染みか)も同じ伊福部門下という縁です。
by odin2099 | 2011-12-20 23:26 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
『海賊戦隊ゴーカイジャー/キンキンに!ド派手にいくぜ! 36段ゴーカイチェンジ!!』

「TVマガジン」読者向けの講談社スペシャルDVDを入手!

バリゾーグを再生させたインサーンだが、まだ中身はカラッポの”カリゾーグ”だった。そこでスーパー戦隊に詳しい鎧と合体させてその能力を吸収しようとするのだが、そこにマーベラスが援けに現れたことで、なんとマーベラスと鎧が合体?!

e0033570_2335175.jpg身体はマーベラスだけど、中身はマーベラスと鎧、という状態を小澤クンが熱演。鎧が喋るシーンでは声は池田クンが当てるのですが、演じるのは小澤クン。その成りきりっぷりは大したもんで、池田クンが当てる台詞に違和感なし。これはビックリ。

で、鎧が主導権を握っているアクション・シーンで、ゴーカイレッドは次々とゴーカイチェンジを披露。
アカレンジャーから始まり、スペードエース、バトルジャパン、デンジレッド、バルイーグル、ゴーグルレッド・・・シンケンレッド、ゴセイレッド、そしてゴーカイレッドと順番に目まぐるしく多段変身を繰り返すのですが、その一つ一つのヒーローアクションに違いを持たせているレッド役福沢さんの表現力にもまたビックリ。
最後はゴーカイレッド・ゴールドモードで、カリゾーグにとどめを刺します。

14分ほどの小品ですが、これはなかなか侮れません。イベントなんかで上映したら、子どもたち、大喜びだろうなあ。
ジョーやルカ、ハカセ、アイムたちがいないのは残念だけど、でもナビィは出てくるし。

エンディングは「スーパー戦隊ヒーローゲッター」の特別版。
実際のTVのエンディングでは歌詞が1番のヴァージョン、2番のヴァージョン、3番のヴァージョンが作られ、ゲストのレジェンド戦隊に合わせたり、ローテーションで順番に流したりしてますが、マーベラスと鎧の新撮カットを交えて3つのヴァージョンをそのまま繋いだものが作られてます。
映画の『199ヒーロー大決戦』でも新規撮影の3コーラス版が作られましたが、TV版そのままというのも”お宝”度が高いんじゃないでしょうか。
オマケ扱いとはいえ、侮れないDVDなのでした。
by odin2099 | 2011-12-19 23:35 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
昨日、友人たちとオサレな街(?)の片隅の、ちょっとわかり辛い場所にあるお店に行って来ました。
e0033570_1147099.jpg

こんなのや
e0033570_11472352.jpg

こんなの
e0033570_11474122.jpg

e0033570_11513738.jpg

それに、あんなものや
e0033570_114819.jpg

こんなものまで展示してあるのがウリのお店です。
e0033570_11481296.jpg

やっぱファンとしては気になりますよね。
ところが「貸し切りイベント」とやらで、門前払いを食らいました・・・。

まあそういう日もあるでしょう。
イベントで集客を図らないと経営が厳しいのかも知れませんし。
しかしそれならそれで、店の前にでっかく表示しておいて欲しいし、何よりもせっかくHPあるんだからそこで告知すりゃいいじゃん!
だったらわざわざそんな日に足を運びませんって。

「外からなら撮影どうぞ」と言われたので、カチンときて文句言ったら特別に店内に入れてくれましたし、マネージャーさんなのかな、お詫びの言葉を頂きましたが、なーんかガッカリ。

自分はもう二度と行くことはないんじゃないかと思いますけど、もしこれから行こうとされている方は、事前にしっかりと問い合わせをした方が良いと思います。
今後はHPでも告知するようにする、と仰ってましたが。
e0033570_11482861.jpg

by odin2099 | 2011-12-18 11:52 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
第一部が完結しました~。

e0033570_22581942.jpg月のライディーンに囚われた囀晶を助け出すため、復活したひびき洸が繰るライディーンはシャーキンに挑む!
コン・バトラーVはガルーダと、ボルテスVはハイネルと、ダイモスはリヒテルと死闘を繰り広げる中、遂に妖魔大帝バラオが真の姿を見せる・・・!

相変わらずハイテンションの熱いドラマが展開されますが、毎度毎度のことながら全く関係ない4つの作品を、よくもまあ違和感なしに融合させたもんだと感心しきり。
シャーキンはじめ美形悪役たちが、やっぱり単なる悪役じゃなく美味しい見せ場が用意されているなんぞ、予想通りで王道なだけに、逆にもうちょっと捻りがあっても良かったかなと思わないでもないですが、まあ安心出来る内容ではありますな。
第二部も気になります。
by odin2099 | 2011-12-15 22:57 | | Trackback | Comments(0)
「レゴ」と「スター・ウォーズ」がコラボした短編CGアニメで、今年全米でTV放映されたものだそう。
20世紀フォックスのファンファーレ付きの「スター・ウォーズ」の新作は、なんだか凄く久しぶりな感じ。

e0033570_2391565.jpgヨーダやC-3PO、R2-D2らが引率するパダワンの遠足の最中、恐るべき騒動に巻き込まれる、というもので、どっかで見たようなシチュエーション、コルサント、タトゥーイン、ホスらお馴染みの星を舞台にしての、限りなくパロディに近いストーリーが展開されていく。
パダワンたちに紛れ込んでいた謎の少年が最後には大活躍、さて彼の正体は?という謎解きの興味でも引っ張るけれど、正編とは矛盾が出てしまうからあくまでもお遊び扱いということで。

ジョン・ウィリアムスのオリジナル・スコアがふんだんに盛り込まれ、吹替版だとヨーダ、アナキン、オビ=ワン、パドメ、3PO、ダース・ヴェイダーらもオリジナルキャストで揃えている(原語版だと3POをアンソニー・ダニエルズが担当、律儀に付き合ってくれますね、この方は)。

映像特典として他にも「R2-D2の冒険」、「ボンバッド・バウンティ」、「2分で見られる『スター・ウォーズ』:パート1」、「パート2」、「クローン・ウォーズ:番外編」の5編を収録。
「2分で~」は、合計4分で6部作を一気に駆け抜けるバカバカしさだ。
by odin2099 | 2011-12-14 23:09 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)
映画『仮面ライダーオーズWONDERFUL』公開に合わせて配信されたネットムービーをまとめたDVDで、21本のショートムービー番外編2本、それに映像特典としてもう1本、合計24本を収録してます。

e0033570_2341589.jpg前作はオールライダー物だったので、仕掛けや見かけは派手でも中身はサッパリ、というものが多かったのですが、今回は『オーズ』のレギュラー・メンバーに絞っているのでその分かなり見易くなってます。
『オーズ』見てなかったのでキャラクターを良く知らない自分でも、それなりに楽しめました。

鴻上会長の悩み相談とか、ベルの1億円クイズハンターとか、クスクシエで色々な人がバイトするとか、幾つかのパターンに分かれているのはいつものことですが、全てのエピソードをベル役の荻野可鈴が進行する形なので、まとまり感もあります。

出演は火野映司/渡部秀、アンク/三浦涼介、泉比奈/高田里穂、伊達明/岩永洋昭、後藤慎太郎/君嶋麻耶、里中エリカ/有末麻祐子、ベル/荻野可鈴、ウヴァ/山田悠介、カザリ/橋本汰斗、ガメル/松本博之、メズール/ゆかな(声)、真木清人/神尾佑、白石知世子/甲斐まり恵、鴻上光生/宇梶剛士、タイトルコールというか歌は勿論、串田アキラ。
脚本は毛利亘宏、山辺浩一、武部直美、高橋一浩、監督・石田秀範。

まあ、悪ノリもほどほどに・・・。
by odin2099 | 2011-12-13 23:04 | ビデオ | Trackback | Comments(0)
マイケル・ルイスの書いた『マネー・ボール』は以前楽しく読んだことがあり、映画化が報じられた時は驚きつつも期待して待っていたのですが、やっと見ることが出来ました。
”野球”を扱ってはいますが、”スポーツ物”とは呼べない不思議な作品、それがこの『マネーボール』です。

e0033570_2249584.jpg主人公は貧乏球団のゼネラル・マネージャー(GM)ビリー・ビーン。
彼は他の球団とは違った基準で選手を判断し、相手にされないマイナーな選手を安く獲得し、不要な選手を他球団に高値で売り付けることで、金持ち球団と互角に渡り合ってきました。
そんな彼の半生がブラッド・ピット主演で描かれている訳ですが、原作はドラマ性のある小説ではなく、どちらかというとビジネス書。そんなものが映画になるのかなあと思っていましたが、メジャーリーグの裏舞台という華やかさとは無縁な世界を、ちゃんとエンターテインメントに仕立て上げています。

ただ難しいのは単なるサクセス・ストーリーにしなかった点、というより出来なかった点でしょうか。
将来を嘱望されプロの道を選んだものの、結果を残せずに裏方へ転身したビリー。挫折した人間が周囲の反対に遭いながらも栄光を掴む、というのはわかりやすい展開ではありますが、結局ビリーは未だに頂点には立っていません。
彼の取り入れたシステムの有効性は、むしろ他球団に取り入れられることによって評価され、実績を残し、そのことでかえってビリーは苦境に陥っているというのが現状です。

それでも古くからのしきたりや伝統に縛られていた野球界に、一つの風穴を開けた先駆者の物語として、この映画は燦然と輝くのだと思います。
by odin2099 | 2011-12-12 22:49 |  映画感想<マ行> | Trackback(22) | Comments(2)
続きまして1月号、特集は「絶対に見逃せない至高の画家100人の名画」
 ↑といっても、毎月買ってるわけではない。ごくたまに、というか、今までに数回程度。

もう既に始まっちゃってるのもありますけど、概ね来年日本で開かれる展覧会、日本で見られる名画の数々をドドドーンと紹介してくれちゃってます。
e0033570_1781480.jpg

そうかー、来年はダ・ヴィンチもフェルメールもセザンヌもゴヤも公開されるんですなあ。
よし、足繁く通ってアカデミックな生活を送るぞ。 ←無理だと思うケド。。。
by odin2099 | 2011-12-11 17:09 | | Trackback | Comments(0)
『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』(2011)

3年目となったお正月の仮面ライダー映画「MOVIE大戦」ですが、これは過去最高の出来。
前2作は、主役ライダーそれぞれのエピソードと最後に共闘するクライマックス編(MOVIE大戦)の三部構成になってましたが、今回はプロローグがあり、オーズ編があり、インターミッション的なW編があり、そしてフォーゼ編のあとにMOVIE大戦編が来るという五部構成。これがなかなか上手く効いています。

e0033570_19395440.jpg2つの関係ないお話をやった後で、無理矢理2人のライダーを出会わせていたのがこれまでの「MOVIE大戦」ならば、この映画はちゃんと一つのお話として見られます。
オーズ編とフォーゼ編は随分と毛色が違ってますけど、間にW編を挟むことできちんと繋がってます。
そう、題名は『フォーゼ&オーズ』ですが、Wも”ゲスト”という以上の出番がありますし、翔太郎とフィリップの2人もきちんと映司と弦太郎に絡みます。

まあいらなかったのは伝説の7人ライダーかなあ。
XライダーのXキックとか、ストロンガーの電キックとか、オリジナルの映像表現を今風に再現したり、ライダーマンのロープアームがCGで自在に動いたりというのを見ると、監督はどうしてもやりたかったんだろうなあと微笑ましくなっちゃいますけれどね。

ちなみに7人ライダーの活躍シーンに流れるのは「戦え!7人ライダー」のアレンジ曲。このセンスは凄いです。
が、個人的な好みで言わせて頂けるなら、2回とも「戦え!7人ライダー」じゃなく、どっちか1回は「仮面ライダー讃歌」あたりのアレンジBGMにして欲しかったんですが。

『オーズ』は全然見てなかったので、今回のアンクの帰還がファンに納得のいくものなのかどうかはわかりませんけれど、渡部秀は良い役者さんになりましたね。
また『フォーゼ』編は、仮面ライダー部の面々が少ない出番ながら各人のキャラが良く出ていてこれまたお見事。
ゲストライダー、『オーズ』編の仮面ライダーポセイドン、仮面ライダーアクア、そして『フォーゼ』編の仮面ライダーなでしこ何れも存在感がありましたし。
ただ真野恵里菜はちょっと微妙。もっと可愛い娘だと思っていたのですが・・・。

e0033570_1941195.jpgそれにしても流石にアクションは凄いの一言。主役の2人だけじゃなく、みんな結構動かされてますし、みんな良く動く動く。大したもんです。
そしてもう一つ、出てくる女の子たちがみんなエロカッコイイ!
冒頭で比奈ちゃんが怪人に襲われるところ、里中クンが銃をぶっ放したり蹴り倒しているところから始まり、フォーゼ編に入ると何故かミニスカの女の子太もも越しのショットが増えたりと、これまた監督がやりたい放題。
いや、良いんですけどね、楽しいから。

フォーゼ編では我望理事長の思わせぶりな台詞があったり、ラストに唐突に仮面ライダーメテオが登場したりと何やら先々の伏線ぽいものがチラホラ。園ちゃん先生が写真のみの出演というのも・・・何かある?

映画のラストには特報が2本。
一本は『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』でして、烈の「蒸着!」の台詞や、ピカピカのギャバンとゴーカイジャーとの立ち回り、曙四郎と青梅大五郎のツーショットなどが見られましたが、もう一本が例のヒーロー大戦。
「全スーパー戦隊VS全仮面ライダー」と出て、「全てのライダーは俺がつぶす」とかいうマーベラスの台詞が被さり、思わず「お前は<世界の破壊者>か?」とツッコミたくなったりして。
ま、マベちゃんと士、キャラが被る部分多いですしね。
by odin2099 | 2011-12-10 19:42 |  映画感想<カ行> | Trackback(15) | Comments(4)
e0033570_6363136.jpg「旧約聖書」の世界と「新約聖書」の世界を、絵画と共にダイジェストで紹介するという一冊。
この手の本は沢山出ていますので、今更「別冊宝島」で扱うような題材なのかなあとも思ったのですが、若者層をターゲットに、手軽に幅広く広めようという意図があるんでしょうかね。

”ひと目でわかる系図”というページが「旧約」「新約」共にあり、周辺の地図も付いていたりで有難いのですが、それでも”ひと目”ではわからないのが読解力の無さ・・・。
有名絵画(一部彫刻も)がカラーでズラッと並べられていますので、ボーっと見ているだけでも愉しめますが。
by odin2099 | 2011-12-09 06:34 | | Trackback | Comments(0)
ブログトップ